ハッドロウリボルバーR










投稿者:ザーシー
[自己紹介]
  ・卓球歴 約10年
  ・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。
[レビューする商品名]
  ハッドロウリボルバーR(バタフライ)
[使用環境]
  ・使用ラバー
  テナジー05、64、25、80
  ロゼナ
  ラザンターR47、V47
  キョウヒョウ8
  インパーシャルXB、XS
  フェイントOX
  デスペラード
  フリクションスペシャル2
  Grass D.tecS
[はじめに]
  ハッドロウリボルバーRバタフライから発売されている反転式ペンホルダーラケットです。
  裏面打法が定番となった現代卓球において両面にラバーを貼っているペンを見かける機会が多くなりましたが、その多くは中国式ペンで反転式ペンはまだまだ珍しい存在であるように感じます。
  バタフライはかつてパラドックスR、ラプータフラットR、ドライブキラーといった3種類の反転ペンをカタログに長らくラインナップしていましたが、現在はウエンジ材を使用した純木材のハッドロウリボルバーと、特殊素材アリレートカーボン使用のガレイディアリボルバーの2種類がラインナップされています。
  ガレイディアが同じアリレートカーボン使用のパラドックスの後継であるのに対して、ハッドロウは定番だったラプータと、より守備重視のドライブキラーと比較してどのような性能なのか気になり試打してみました。
  ラケット本体は上板に硬質のウエンジ材を使用した5枚合板で厚さは5.9mm、ブレードサイズは161mm×141mmで小さめの角丸形、平均重量はカタログ値で63gと非常に軽いですが(ペンドラユーザーの日ペン檜単板の理想の重量は96〜102g程度)私の所有する個体はより軽い62gでした。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  反転ペンはその軽さが特徴の1つですが、普段、中ペンの吉田海偉を使用している私にはよりその軽さが際立ちました。
  軽いのでスイングの振り抜きが良く、大きくバックスイングを引いても余裕を持ってインパクトすることが可能です。
  また台上での操作性も良くフォア前バック前の移動はもちろん、フォア前からバックエンドライン付近へ大きく振られてもサッと面を合わせることが可能です。
  ラケット自体の弾みはそこまで強くはなくラバーの弾みの強さがダイレクトにプレーに現れる感覚です。
  ハッドロウVRと恐らく同じ材質の板を使用していると思われますがVRよりもリボルバーの方が軽い分、弾みは抑えられている印象です。
  ラケットが軽いのでドライブでのバックスイングからフォロースルーまでの流れは非常にスムーズで素早く振り抜くことができます。
  多少スイングの開始が遅れても相手ボールに合わせてインパクトを間に合わせることもできますが、重いラケットに比べて重量が軽いので相手の球威に押されやすく注意が必要です。
  またドライブの引き合いで何本も打ち合う場面になってもしっかりとラケットを振ることが可能です。
  大きいスイングのドライブはもちろんとっさのコンパクトなスイングのドライブやカーブなど様々なスイングに対応できるのもハッドロウリボルバーのポイントです。
  また裏面打法も中ペンよりも軽いのでやりやすく、自信を持ってスイングすることが可能です。
  ハッドロウリボルバーは反転式なので上級者向けのラケットのように思われがちですが、弾みも程よく重量も軽くて操作性がよいので、初心者の方やジュニアの方に適したラケットだと思いました。
  スピード化する現代卓球ではスピン系テンション裏ソフトや特殊素材ラケットが主流となり用具全体の重量がどんどん重くなってきている印象を受けますが、ジュニアや初心者の方でも、背伸びをして重い用具を使用している方を多く見かけます。
  ラバーを使いたいものから変更することは難しいと思いますのでラケットを軽いものに変更するだけでもプレー全体のやりやすさは大きく変わり、それが後の成長に大きく繋がります。
  今の自分のレベルに合った用具を使って練習をして、憧れの用具を使いこなせるまで自分を成長させることが上達への一歩だと思います。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ラケット自体が軽いので相手の球威に押されやすいですが面をしっかりと合わせることができれば上手く相手の球威を殺すことが可能です。
  また操作性が良いので相手の素早いボールにラケットを合わせることも容易です。
  粒高でのブロックは守備重視のラケット同様によく止まり、台上で切り下ろすカット性ブロックも軽いのでスイングがやりやすいです。
  個人的には相手の下回転に対する粒高プッシュがややボールが浮きやすくもう少しラケットの重さが欲しいところです。
  表ソフトでのナックルブロックもピタピタと止めることが可能で揺れたボールが相手コートに返っていきます。
  ハッドロウリボルバーのブロック性能の高さは優れた点の一つだと思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  弾みが強くはないのでサーブでボールを切りやすいです。
  ペンなので手首が使いやすく、ラケットも軽くて操作性が良いので基本のスイングはもちろん応用してモーションを加えることに挑戦するのもおすすめです。
  フェイクモーションなどを加えたワンランク上のサーブを習得することも可能です。
  レシーブはやはり台上での操作性の良さが光ります。
  ツッツキやストップなどの面の角度が重要なレシーブも素早く対応でき、チキータも素早いバックスイングからフォロースルーまでを滑らかに行うことが可能です。
  台上技術のやりやすさは反転ペンの特徴の一つだと思いました。
[おすすめな方]
  卓球を始めたばかりの初心者の方やシェークから移行してペンを初めて使う方、使いやすいラケットを探している方におすすめです。
  弾みが抑えられているのでボールがあらぬ方向に飛び出す心配がなく制御しやすいです。
  ラケット自体の重量が軽いので多少スイングの初動が遅れてもインパクトまでに相手ボールに追いついて捉えることが可能です。
  また操作性が高いのでブロックやサーブ、台上技術など初心者がつい苦手になりがちな技術も手広くカバーしてくれるのでハッドロウリボルバーで様々な技術を習得してから10mm檜単板の日ペンでのペンドラや重量感のある中ペンでの裏面打法などに挑戦すると良いと思います。
[まとめ]
  普段から中国式ペンホルダーを使用していますが、今回の試打で本気で反転ペンへの移行を考えるほど魅力が沢山見つかりました。
  今後練習する機会が減ったり重いラケットが使いこなせなくなった場合はやむを得ず反転ペンへ移行すると思います。
  それほどハッドロウリボルバーのカバーする技術の範囲が広いと感じました。