ロゼナ












投稿者:サーブマン
[自己紹介]
  主な実績
       最高で県で16くらいです
       Bクラスの団体ならば優勝させていただいた大会もいくつかあります。
   シングルスはBクラスでも8が限界です…笑
       実績は大した事ないので温かい目で見ていただけると幸いです。

   新しい用具、古い用具関係なく、手に入った用具を紹介していけたらと思います!

[レビューする商品名]
  ロゼナ

[使用環境]
  ラケット メイスパフォーマンス
   F面ロゼナ
   B面ラウンデルソフト

[はじめに]
  ロゼナの紹介文を紹介します。

  “トレランス”を追求したハイパフォーマンス ラバー『ロゼナ』
  世界を驚かせた「スプリング スポンジ」を使用する『ロゼナ』。その特長は、ロゼ色に染められた「スプリング スポンジ」に新開発のトップシートを組み合わせた“トレランス”の高さだ。バタフライ独自のハイテンション技術によって十分な威力を発揮しながらも、微妙なラケット角度やスイング方向の誤差を補い、プレーに安定感を生み出す。前陣から中陣のプレーで『ロゼナ』の性能が引き出されるとき、そのパフォーマンスは伝説のラバーに迫る。

  ●“トレランス”とは、英語で許容度、寛容度という意味です。打球時の微妙なラケット角度やスイング方向の誤差をカバーしやすい特徴を表現しています。
  との事。

  このラバーを説明する上で重要なのはやはりバタフライさんもおっしゃってる「トレランス」だと思います。試打する前の印象と試打後の印象では私はこの「トレランス」について多少の違いが生まれたと感じました。その辺も説明しながらレビューしていきたいと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  前陣ドライブ8点
  1つ特徴を挙げるとするなら「打球の山がでかい」という点です。最初の内の何球かはオーバーミスをする事が目立ちました。逆に言うといつも通りより少しボールを掴むように優しく打球するくらいで丁度相手のエンドラインに行く深いドライブが打てるのかなと思いました。
  ここでの「トレランス」に個人的に感じたことを言うなら、私は最初この「トレランス」についてオートマチックに回転がかかり勝手に台に収まる、振れば入ると言うテナジーに近い認識での意味なのかなと思っていましたが、打っている内に若干違う認識をしました、それは
  「自分の今までの打球に必要だったスイングの速さなどの体への負荷をワンランク落としての打球でも、いつも通りのボールを出せる」と言うことです。「勝手に回転がかかる、威力が出る」と言うより「今までより楽に良いボールが飛ばせる」というように私は感じました。

  ドライブめちゃ速っ…笑

  中陣ドライブ9点
  やはり打球の山がでかいと言うことで引き合いが楽にできると感じました。
  正直言って前陣でも中陣でもドライブのレビューにあまり大きな差はありません。ただテナジーシリーズと比べるとやはり下がってからは物足りなさを感じる選手もいるかもしれませんね。
  中陣からのドライブで私が1番良いと思ったのはボールを楽に飛ばしコントロール出来るのでミスが少なく連打しやすいと言うことです。しかしこの特徴というのは私のような初中級者層にとっては最も嬉しい要素でもあるのでとても良いと思いました。
  中陣ドライブでの「トレランス」とはやはり「ミスの少なさと連打とコントロールの両立」なのかなと思いました。ラバー自体の許容度が大きいからこそ現れる特徴だと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック 9点
  このブロック系技術ではやはり角度調整のミスをラバーが補ってくれるという印象を受けま。自分より実力が上の人のドライブであっても触りさえすれば入るという事が起きやすいラバーだと思います。
  ブロックが当たるだけで鬼速いとか勝手にめっちゃ伸びるとかそういう意味でのオートマチック性ではなく私たちにとって最も必要な安定して相手コートに連続して入るという安心感を感じます。
  もちろん自分自身の手でブロックに変化をつける、ボールスピード、コースをコントロールする選手にとっても問題なく使えるラバーだと思います。

  ロビング 8点
  私が最近ロビングに取り組んでいるということもあって評価を書きたいと思います笑
  まず1つ挙げるとするなら全く問題なくロビングができます。
  極端にぶっ飛んだりちゃんとインパクトして振らないとコントロール出来ないとかそういう尖った性能がないので問題なくプレーできると思います。
  ロビングをしていて改めて思ったのは、やっぱりこのラバーはどこで打っても台に入れるという事がやり易いという事です。かといって回転性能や反発性能が悪いわけでもないのでラバーの性能を物足りなく感じることもありません。
  初中級者層にとってはプレー領域を選ばないラバーであると思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ 8点
  回転量、ボールスピードどれを取っても自分が振った分の変化が出ると思います。簡単に言うと予想通りの素直な変化が付くので3球目自滅したりする事が減るのではないかと思います。

  レシーブ7.5点
  テンションラバーの割にレシーブが思ったより浮かないのでやり易いと思います。
  詳細別
  ストップ8.5点
  フリック7.5点
  ツッツキ7点
  と言う感じで私がもっともやりやすかったのはストップという結果でした。
  やはり尖った性能が無いので台上技術はどれを取ってもやりやすかったですね。

  台上技術を代表してストップな総評

  勝手に短く止まってくれるので実際の試合ではコースを意識する事がしやすいと思いました。思ったよりも短く止まるので相手の攻撃を防ぎ自分の思い通りの場所までコントロールしやすいのでオススメの技術となります。

[おすすめな方]
  自分の打球に安心感が欲しい方にオススメです。やはりこのラバーは全体の技術を通して許容度が大きいです。
その分自分の打球がコートに収まる確率が高まり試合で勝ちやすくなるのでは無いでしょうか?
かといってラバーとしての性能は十分高いのだ振った分以上のボールが間違いなく出ます。良い意味で用具に頼る事ができると思います。

[まとめ]
  許容度の広さと質の高いボールの両方を両立させたラバーだと思います。
  「トレランス」という言葉が度々使われますが私はそこには「ボールが楽に飛ばせるのに自分でしっかり打った打球と変わらない感覚とボールが出ている」という特徴が表れていると感じます。
  是非一度試してみてください。
  ありがとうございました。

[補足]
  価格 5000円+税
  発売日 2017年 4月21日
  原産国 日本
  スポンジ厚 トクアツ アツ 中