カルテットVFC












投稿者:あさじん
[自己紹介]
  いつもお世話になっております。
  卓球歴18年現役を続けながら指導もさせていただいております。

[レビューする商品名]
  カルテットVFC

[使用環境]
  ラケット     カルテットVFC ST VICTAS
  フォア・バック Q3 ミズノ トクアツ
  接着剤     フリーチャック2 

  以上の環境で使用しました。

[はじめに]
  カルテットVFC(以下VFC)は特殊素材を4枚使用したラケットで
  上板の次いわゆるアウターと言われる所にフリースカーボンを
  インナー側に宇宙服にも使われる繊維とカーボンを編み込んだVカーボンを使用したラケットになります。
  この情報だけでもかなり弾みそうな気がしますが、カルテットシリーズのラケットは板厚がかなり薄く、
  VFCは5.3mmのメーカー表記となっていました。
  この薄さがどのように性能に影響してくるのか気になり購入に至りました。
  有名どころでは松平賢二選手が使用しているようです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  まず、軽打ですがほどよい球離れの早さでそれほど大げさなはずみはありません。
  Q3が硬く球離れの早いラバーですが制御しやすく感じました。

  ドライブでは薄いながらも特殊素材の剛性を感じスピードの乗ったドライブが打てました。
  そして薄さのおかげで球離れが早くなりすぎず、しっかり回転をかけることができました。

  スマッシュは若干しなりの影響を考慮すれば問題なくできました。
  十分なスピードも出ます。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロックでは特殊素材の剛性が活き、相手のドライブに押されずブロックすることができました。

  カウンターも相手の球威に押されないので容易に感じました。

  ツッツキは弾み過ぎることなく回転をかけやすく感じました。

  カットは専門外ですがボールが上に上がりにくく感じました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブも弾み過ぎることがないのでコントロールしやくすく感じました。

  レシーブも浮きすぎることなく、球種さえ判断できれば問題なくレシーブできます。

  ストップ当てるだけのストップは容易でした。
  回転をかけようと思うと少し止めにくいです。

  フリックは強弱をつけやすく好印象でした。

  チキータは特別問題なくできました。

[おすすめな方]
  ラリー重視でなおかつ威力もほしい方にはおすすめできると思います。
  後陣での大きなラリーから、前陣でもカウンタープレーまで対応できるのでプレー領域を気にすることなく扱えるラケットだと思います。

[まとめ]
  良い意味で予想を裏切られました。
  ぶっ飛び系かと思いきや、弾みと回転のバランスがすごく良いラケットでした。
  コントロールもよくこの性能を厚さで調整しているVICTASさんの技術力はすばらしいと思いました。
  また個体差があると思いますが、板厚が薄いのでラケットも軽く感じました。
  特殊素材を使いたいけど重さが気になる人にもおすすめできると思います。

  1つ気になるのはSTグリップの形状でした。
  バタフライさんのSK7を少し細くしたような角張ったグリップですので好みは分かれると思います。
  FLはそこまで気にならない程度だそうです。


  誰かの参考になれば幸いです。