ヴェガSPO












投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
[レビューする商品名]
  ヴェガ SPO【XION】
[使用環境]
  バーミンガム77のフォア面に使用しました。厚さは厚です。主にフォア面で使うイメージで試打を行いました。
[はじめに]
  指導のために表ソフトを使うことが多々あります。今回は、フォア表に使える表かどうかを確認したくて使用しました。スピネイト、スピンピップスレッド、スペクトルブルー、モリストSP、ブースターEV、ブースターSAなどを使用したことがあるので、比較していきたいと思います。第一印象として、安定感が高いです。単純な弾みとしては、スピネイトと同等だと感じました。また、縦目ですが、回転量も多いと思いました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転
   非常に安定感があります。個人的にヴィクタスのV101に近い、ナックルが出るが安定しないようなイメージを持っていましたが、だいぶタイプが違うように感じました。弾きも強いのですが、思っていたよりも回転がかけやすいのが以外で、非常に使いやすい印象です。その分、相手にとっては取りやすいようです。飛距離も出るので、下がってのドライブもできますが、連打というより弾みと安定感を生かし
  て打ち抜くプレーもしやすいです。スマッシュの威力も高いですね。
  弾み EV>スピネイト≧ヴェガ>SA>スペクトルブルー>スピンピップスレッド>モリスト
  回転量 SA>スピンピップスレッド>ヴェガ>スピネイト>スペクトルブルー≧EV≧モリスト
  飛距離 スピネイト≧ヴェガ>SA≧EV>スペクトルブルー>スピンピップスレッド≧モリスト
  ナックル EV>モリスト>スペクトルブルー>ヴェガ>スピネイト>SA>スピンピップスレッド
  (2)対下回転
   こちらも弧線を描きやすいので、安定感があります。回転量も多く、相手がオーバーミスをするほどのループドライブを打つこともできます。角度打ちもしやすいです。一発で打つ抜くこともできます。シート自体の引っ掛かりもありますが、スポンジに食い込ませて安定させることもできます。他のスピード系ほど極端に弾まないので、自分の力で微調整をしやすいのも魅力的ですね。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   弾む分、若干安定しにくかったですが、ちょっと回転をかけることを意識するといいブロックができました。そのため、ナックルに自動的になるわけはありません。自分からナックルにする必要があります。安定してブロックする中で、自分からナックルを入れると得点につながると考えられます。モリストやEV、スペクトルブルーのように、ナックルをガンガン出すタイプではありません。
  (2)ツッツキ
   こちらも回転がかけやすいので非常に安定しますし、回転量も多いです。そのため、変化もつけやすいのが特徴です。ツッツキで振り回すタイプにもいいと思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   回転がかけやすく、回転量も多いので、相手を崩しやすいです。特にロングサーブが効果的だと思います。スピードに乗った変化のあるサーブで揺さぶることが可能です。ロングサーブで相手を崩し、強打で仕留めるというパターンがしやすいです。
  (2)レシーブ・台上技術
   これがこのラバーの一番のセールスポイントです。台上技術が非常に安定します。特にストップがやりやすいです。ネット際にしっかり落とすことができます。ツッツキも安定しやすいので、ストップとツッツキを混ぜて揺さぶるのがいいですね。流しも安定します。ここに関しては、スピンピップスレッドも安定感がありましたが、スピードを出しやすい分、ヴェガの方が幅広くいじることができそうです。
[おすすめな方]
   フォア表としては、弾みと回転のバランスが非常にいいと思います。ただ、シェークというよりペンのフォア表の方がいいかもしれません。極端に弾むというわけではないので、自分の力で微調整できるほうが特徴を出せると感じたからです。そして、変化で点を取るというより、しっかり動いて強打で決めていくタイプの方がいいと思います。シェークのフォア表だと、スピンピップスレッド、ブースターSAは安定感の高いプレーができ、スピネイトだど攻撃的なプレーができるとおもいますが、ヴェガはその中間のような感じがするので、ちょっと中途半端かもしれません。
   また、バック表での使い勝手は高いと思います。ナックルで崩すというより安定感の高さを生かした連打タイプの人におすすめです。台上の安定しますので、スピンピップスレッドやモリストSP、スペクトルブルーだと弾みが足りないという人や、スピネイトやブースターEVだと安定しないという人にいいと思います。
[まとめ]
   一言でいうとバランスの高いラバーです。そして自分での微調整がしやすいのも魅力です。使っていて一番びっくりしたのは、回転量の高さ。回転量が高いのに、表ソフトらしいボールが打てます。回転量自体は、ブースターSAやレイストーム、インパーシャルXSよりも少ないですが、これらのラバーは弾道が裏ソフトに近くなってしまします。しかし、ヴェガは回転もかかって表ソフトらしい弾道の強打を打つことができます。また、スピネイトやブースターEVほどのスピードは出ませんが、その分、勝手にとぶことがないので、スピードの幅を持たせやすいです。だからこそ自在性が高いといえます。
   使う人によって、非常に頼りになるラバーだと思います。ナックルで点を取るわけではない、回転量で点を取るわけではない、スピードで点を取るわけではない・・・。何かに偏ってるわけではないけど、何でもできる。そんなラバーです。今までもそんな表ソフトはありましたが、ちょっとバランスのとり方が一段高いと思います。安定志向の方はぜひお試しください。表のヴェガもいいですよ!