国狂












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  卓球歴20年以上。戦型:シェイクドライブ型。
  学生時代の成績は中、高と県大会出場。就職を機に経済力をフル活用して用具探訪を楽しませていただいております。
  現在メインは
  ・フォルティウス FT ver. D ST
  F:省チーム用キョウヒョウ(省狂)NEO3ブルースポンジ(省狂NEOブルスポ)、2.15 mm、40°、黒
  B:テナジー80、特厚、赤
[レビューする商品名]
  国チーム用キョウヒョウ3ブルースポンジ(国狂ブルスポ)、2.2mm、39°
[使用環境]
  ・ラケット
  水谷隼ZLC ST F面
  ・比較ラバー
  省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ(省狂NEO3プルスポ)
  2.15 mm、39°、黒
[はじめに]
  1. 紹介
  今回はWRMでは取り扱いが少ない、紅双喜(DHS)製国狂ブルスポをレビューさせていただきます。年末のセール品で、某有名サイトからポチッとしました。
  DHS製キョウヒョウについて説明させていただきます。

  DHS製のキョウヒョウ3には大きく、キョウヒョウ3とキョウヒョウNEO3が存在します。それぞれのキョウヒョウ3に、一般用(八角形)、省チーム用(六角形)、国チーム用(四角形)の3種があります。省チーム用と国チーム用には、スポンジの種類が2種類存在します。ノーマルのものではオレンジ色の硬いスポンジをもちいていますが、食い込みが良くて扱いやすいブルースポンジを使用したものも存在します。このブルースポンジのラバーはよく中国選手が使用しているのはもちろんのこと、近年では2018年ドイツオープン女子シングルス優勝、世界卓球団体準優勝の石川かすみ選手がF面に使用しています。

  スポンジに加えて、キョウヒョウ3にはラバーの厚さ、および硬度が細かく選択できます。例えばWRMでは省狂NEO3ブルスポでラバー厚2.1 mmと2.15 mm、硬度は39°、40°、41°があり、6種類から選ぶことになります。WRMでは国狂の扱いはありませんが、おそらく中国国内では厚さ、硬度も細かく選べると思われます。
  今回、最上級の国チーム用のキョウヒョウ3ブルースポンジ=国狂ブルスポを入手できました。比較として省チーム用キョウヒョウNEO3ブルスポ=省狂NEO3ブルスポを同じ水谷隼ZLCにはって比較しました。雑文ですがどうぞよろしくお願いします。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  Fドライブ
  回転量
  国狂ブルスポ > 省狂NEOブルスポ
  スピード
  省狂NEOブルスポ > 国狂ブルスポ
  制球力
  国狂ブルスポ > 省狂NEOブルスポ

  省狂NEOは已打底が塗ってあるのでその分ぶっ飛び、ZLCでもぶっ飛び、ということで、この2枚を組み合わせるとかなりじゃじゃ馬な用具になりました。一発の破壊力は素晴らしいのですが、繊細な角度を要する組み合わせで、ちょっと使いこなせませんでした。一方、国狂ブルスポはスポンジ厚が厚いものの、ぶっ飛びではないので国狂ブルスポでしっかり回転をかけつつ、ZLCで飛ばすことが出来ていて、バランスの良い組み合わせとなりました。特に良かったのが、国狂ブルスポでのループドライブで超回転量で相手はよくフカすことが多かったです。ラリーに入れば多少後ろからでもZLCの弾みで、一発で打ち抜ける快速ドライブも、打点落としても横を取ってサイドを切るカーブドライブ、シュートドライブも打てるので、攻めのラリーが楽しくなる用具でした。


  Fスマッシュ
  スピード
  省狂NEOブルスポ > 国狂ブルスポ
  制球力
  省狂NEOブルスポ = 国狂ブルスポ

  スマッシュはZLCのおかげでかなり良いですね。特に角度打ちが良かったです。ロビングの上がりっぱなをスマッシュする方が弾み過ぎて難しく感じました。角度打ちで中途半端なナックルや下回転を打つ方が簡単でした。
  スピードはやはり省狂NEOブルスポが速いですね。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  Fブロック、カウンタードライブ
  スピード
  国狂ブルスポ = 省狂NEOブルスポ
  制球力
  国狂ブルスポ = 省狂NEOブルスポ

  ブロックはラバーよりもラケットのZLCの特性が前に出ていました。水谷隼ZLCは板薄でしなりもあるのでブロックの時に重いボールや強いボールにはやや弾かれます。ただ当てるだけで止めようとするとミスが増えるので、少し横を取ったりドライブかけ気味で打ったりする事でかなりブロックが安定するように感じました。ただ当てるだけが一番難しいと思います。

  ループドライブに対するカウンタードライブはかなり良くて得点源でした。国狂ブルスポも省狂NEOブルスポも上書きドライブがとてもしやすく、ループドライブに対してループドライブで返すようなイメージで打つことでフカスことなくカウンターできました。
  国狂ブルスポで良かったのはスピードドライブに対するカウンタードライブでした。ほんの少しの差ですが速いボールが来て意図せず厚くラケットに当ててしまっても回転をかける前に弾いてしまうことは少なかったです。一方圧倒的なスピードカウンタードライブを打つなら省狂NEOブルスポの方が良かったですね。

  Fツッツキ
  回転量
  国狂ブルスポ > 省狂NEOブルスポ
  浮きにくさ
  国狂ブルスポ > 省狂NEOブルスポ
  国狂ブルスポが圧倒的なパフォーマンスを示すのは、ツッツキです。アウターZLCに貼っても全く浮きません。むしろ回転をかけにいける台上の制球力がありました。もちろん省狂NEOブルスポも悪いわけではありません。おそらくテンションラバーと比べたら台上のやりやすさは異次元だと思います。テナジーなどを貼っていたらストップが本当に難しいと思います。
  キョウヒョウなら台上に強くなると思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  Fサーブ
  スピード
  省狂NEOブルスポ > 国狂ブルスポ
  回転量
  国狂ブルスポ > 省狂NEOブルスポ
  2バウンドのさせやすさ
  国狂ブルスポ ≒ 省狂NEOブルスポ

  チキータ対策のサーブとしてナックル系のスピードのあるロングサーブをよく使うのですが、国狂ブルスポと省狂NEOブルスポで、このサーブの速さが明らかに変わります。已打底のせいなのか、省狂NEOブルスポの方が粘着とは思えない速いサーブが出ます。安定感や回転量はやはり国狂ブルスポがよかったですね。回転量でサービスエースがバンバン取れますし、下回転が効けばナックルが効くのでボールが浮いてきます。1球目攻撃が簡単にできて良いですね。

  Fレシーブ
  フリック
  やりやすさ
  国狂ブルスポ ≧ 省狂NEOブルスポ
  威力
  省狂NE0ブルスポ ≧ 国狂ブルスポ

  ストップ
  やりやすさ
  国狂ブルスポ ≧ 省狂NEOブルスポ
  止まりやすさ
  国狂ブルスポ ≧ 省狂NEOブルスポ

[おすすめな方]
  やはりドライブマンのFに使用してほしいです。
  サーブ、3球目、カウンタードライブ、に重点を置きたいのであればこのラバーを使用することはありだと思います。
  問題は偽物があることと、本物は値段が高いことです。
  またキョウヒョウはカットマンの裏面でも使用している人が多いですよね。粘着で超回転が繰り出せるのでカットマンの方にもオススメです。

  逆にオススメできない方はスマッシュを主戦にする方です。ブルスピでスポンジが食い込みやすいので少しの角度の違いや振り方の軌道の違いでコントロールが難しくなると思います。キョウヒョウでスマッシュするなら普通のオレンジスポンジの方をオススメします。

[まとめ]
  サーブ、3球目、カウンタードライブの回転量、威力をさらに上げるスペシャルな一枚です。
  石川かすみ選手らが使用するハイレベルなラバーですので、一度は手にしてみてはいかがでしょうか。