リガン












投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
[レビューする商品名]
  RIGAN【Yasaka】
[使用環境]
  ハッドロウSKのフォア面に使用。厚さは厚です。バック面はヴェガヨーロッパの2.0を使用しました。
[はじめに]
  重さは高めのスピン系テンションに比べると軽めです。思っていた以上に軟らかく、ヴェガヨーロッパと同じくらいかもしれません。引っ掛かりはヴェガヨーロッパよりあって、ラクザ系に近いシートですね。ラクザ7ソフトに近い感じです。初心者、中級者にどうなのかを意識して試打しました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)上回転ドライブ
   非常に安定し、楽にボールが飛んでくれます。また打球音も心地よく回転もかけやすいです。ラクザ7に比べるとドライブのマックススピードは物足りないですが、中学校から始めて2年目くらいにはちょうどいいかもしれません。ラクザ7ソフトよりエネルギーロスを感じにくく引っ掛かりと食い込みのバランスがいい感じがします。ミスしたくないという人や中ペンの裏面などにもいいと思います。ゴリゴリのドライブで攻めるのは難しいですが、安定感は4000円以下のラバーでは抜群ですね。弧線高めで押せるいいラバーです。
  (2)下回転ドライブ
   ボールをしっかりグリップしてくれるので、安定して下回転を打つことができます。回転量自体はそこまで突出するものはないですが、ループもしっかりかかります。軟らかめでスイングスピードがそこまで速くなくても下回転をしっかり持ち上げることができます。中学生に使わせてみると、「弾みがちょうどよくてとりあえず弧線になって入ってくれる」と言っていましたが、「入ってくれる」という言い方は正しいと思います。バランスを崩してもある程度面が正しければ入ってくれるラバーです。
  (3)スマッシュなどのミート打法
   こちらも軟らかめなのですがしっかり弾き出してくれるので打ちやすいですね。ただスピードなどはヴェガヨーロッパやヴェガアジア、ヴェンタス系の方があるかもしれません。でも大きな違いはないと思います。それはシートの引っ掛かりがいい分、弧線になりやすいという特徴があるからです。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   これは安定感抜群ですね。相手のボールをしっかり止めてくれます。多少芯を外してもスッと収まってくれます。軟らかいラバーだとべチャッと潰れてしまってネットに落ちてしまうこともあるのですが、引っ掛かりがいい分、相手のボールの回転量に負けず止めることができます。ヴェンタスソフトよりもしっかり止まります。ヴェガヨーロッパ、アジアよりもいいかもしれません。
  (2)カット
   ラクザ7ソフトもカットの安定感は高かったですが、RIGANも安定します。ただ、下がってからの飛距離があまり出ず、下がりすぎると厳しいかもしれません。その分、前で止まるので粒のカットマンのフォア面にはいいかもしれません。カットは切れますが、特別切れるという感じではないですね。
  (3)ツッツキ
   軟らかいラバーはボヨーンと飛び出すことがあるのですが、それはあまりなく、しっかりシートの引っ掛かりやスポンジの食い込みを生かして切ることができました。ただ速い差し込むようなツッツキはちょっとしにくかったです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   サーブの回転量に関しては、ヴェガヨーロッパ、アジアよりも多いですね。でもラクザ7には劣るかもしれません。ただし、回転を非常にかけやすいのでサーブに回転をかけることを覚えたいという人にはいいと思います。上回転系のサーブの伸びが好印象でした。
  (2)レシーブ・台上技術
   非常に相手コートへの収まりがよく、勝手に飛び出すことが少ないのでレシーブや台上技術の安定感は抜群です。チキータがしやすかったのも印象的でした。特別質の高いボールではありませんが、とにかく入るという感じでした。ストップも止めやすく、飛ばしたりとばさなかったりというメリハリがつけやすいですね。
[おすすめな方]
   やはりメーカーの狙い通り、卓球を始めて2年以降の人には非常に使いやすいと思います。女子中学生のフォアにも使えるでしょうし、サーブやドライブなどの技術の質をもう1つ上に上げたいという人にはお勧めです。個人的にはミスをしたくないという人にはいいですね。中ペンの裏面もそうですし、ヴェガアジアなどを使っていて引っ掛かりが足りないという人やラクザ7を使ってもうちょっと軟らかいほうがいいけどラクザ7ソフトは軟らかすぎという人はぜひ試してほしいです。また、5枚合板に貼れば、粘り強いミスのないドライブマンというスタイルに、アウター特殊素材に貼ればブロックやミート打ちでというスタイルにといったように、どのラケットでも生かす手段があると思います。
[まとめ]
   この値段でこの性能でいいのか!?というのが一番の感想です。正直、今まで教えている中学生にヴェガシリーズを使わせることが多かったのですが、「RIGAN」でいいじゃんと思うようになりました。ラクザ7ソフトもあるのですが、そのお金出すくらいなら、まずRIGAN使おうという感じがします。前への飛び出しはヴェガが上ですので単純なボールスピードはそちらのほうが速いかもしれませんが、回転量と安定感を考えるとRIGANの方が負けにくいラバーという印象です。あまり下がらず、とにかくミスしたくない、そんな人はRIGANをぜひお試しください。ちょっとパワーのある人だと物足りないと思いますし、下がると厳しいですが、中学生やレディース、ミスの多い高校生などは十分です。言い過ぎかもしれませんが、中級者にとっては当たれば入るラバーかもしれません。ただ、得点になるラバーとまではいかない点についてはご了承ください。