メイスプロブルー













投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ前中陣主体
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
   フォルティウスFT ver.D ST
   フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm
   バック(B):テナジー80 特厚
[レビューする商品名]
  メイズプロブルースポンジ46°
[使用環境]
  使用ラケット 水谷隼SZLC ST
  使用面:両面
[はじめに]
  メイズプロブルースポンジはWRMが扱うラバーでも人気の一枚でぐっちぃ氏一押しのラバーだと思います。現在大人気のアレスブルースポンジ、アポロ5、木星2ブルースポンジの先駆け的なラバーで、いわゆる粘着テンション系に属します。シート表面は粘着質ですがスポンジは食い込みの良い薄い水色スポンジを採用したラバーになります。
   WRMでは硬度を3種類選ぶことができて、44°、46°、48°があります。今回は中間の46°を使用しました。表面の粘着は強粘着のアレスやキョウヒョウNEO2などと比較すると、そこまで粘着は強くありませんでした。スポンジはもちもち感のある薄い水色です。粘着のシートにかなり柔らかいと感じるスポンジのラバーですね。今回は両面で使用してみました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・フォアドライブ
  球持ちがかなり良くて、SZLCというぶっ飛びアウター特殊素材と合わせていてもドライブが安定しました。ラケットが弾むので腰を入れなくてもドライブが安定しました。その代わりドライブは軽いのか相手がふかすようなドライブではないようでした。どちらかというと回転量で相手のミスを誘うというよりラリーで勝負していくのに好適なラケットラバーの組み合わせでした。ピッチやチャンスボールを撃ち抜くパワーで勝負すると良い組み合わせだと感じました。
  スピードドライブはもちろん打てますが、結構パワーが必要でした。
  SZLCで弾むので楽にボールが打てるのですが、その分ややボールの威力が軽くて取りやすいものになっていたように思います。ラリーで相手よりも我慢して点を取ろうと思う人にはかなりあう組み合わせだと思います。
  ・フォアスマッシュ
  スピードが遅いということはなく打ちにくいということはなかったです。若干ラバーに粘着があるために相手の回転の影響を受けやすいのでインパクトが大切でパワーで持っていく必要があると思いました。下回転のボールをスマッシュするとなると、食い込みが良いのでコントロールが難しく感じました。この辺りは好みが分かれるところだと思います。パワープレイヤーはこれくらいの食い込みが好きな人もいるかと。

  ・バックドライブ
  かなり好感触で、球持ちがいいので何でも入りそうなやりやすさを感じます。テナジーの自動上回転付与効果ではないですが、繊細さが欠けてもメイズプロブルースポンジが良いクッションとなって安定感を付与してくれているように思いました。
  スピードドライブは自分の技術不足で難しかったです。回転の影響を受けやすいのでインパクトのある人なら簡単に入れることができそうでした。

  ・バックミートおよびスマッシュ
  ラバーが硬くないので、手首だけの弾きだと少しインパクト不足を感じました。球持ちがあるので、しっかりとしたインパクトが重要でした。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
  フォアもバックもラケットが弾むので、思ったよりカウンター気味にブロックできる印象がありました。この辺りはかなり好印象でした。一方で回転量の多かったり重いボールには回転の影響を受けやすい部分もありました。角度やタイミングなどしっかりとって丁寧に打球する必要があると思いました。

  ・ツッツキ
  フォアもバックも、弾むラケットのためにどうしても浮きやすいのですが、その代わりブチっと回転をかけることができてツッツキで得点が取りやすかったです。これはいいですね。回転量の多いツッツキが簡単に可能です。自分は特にバックのツッツキを切るのが下手くそなのですが、メイズプロブルースポンジを使用することで相手がミスするくらいの下回転の多いツッツキが可能となりました。弱いタッチでもしっかり回転をかけられる良いラバーでした。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・サーブはもちろん切れます。ラバーが柔らかい分、出し方によっては浮きやすいのですが、ブチっと切れます。
  ・レシーブは、回転の影響を受けやすいのか、難しい印象でした。ラバーが柔らかくて弾むので間違えると、浮かしたりミスしたりが増えました。全て上書きツッツキで回転をかけられる腕があれば結果は異なると思います。そういう意味ではカットマンにも向いているラバーだと思います。
  ・台上技術
  ストップから払いまでなんでも来いでした。ただ、威力やスピードを求めるとぶつける強さを強くしないといけないので、必然的に難しくなる印象です。入れるだけならかなり容易だと思います。
[おすすめな方]
  ・ドライブマンでバックはツッツキをする人
   このラバーを使えばツッツキが得点源になると思います。それでいて、下がっても弾みもあるので下がってもなんとかしのげるラバーです。
  ・ドライブの威力よりもとにかく安定を志向したい人
   かなり容易にドライブを持ち上げられました。威力はあまりないようでしたが、ラリーと安定志向であれば、十分ポテンシャルを発揮できる良いラバーでした。
[まとめ]
  ツッツキが下手くそでもしっかり切れる優秀なラバーでした。使用したことないのですが、イメージでいくとラクザ7に近くて、とりあえず自分のスイングができればどんな球でもしっかり入れられるラリー志向、ツナギ志向の方向けのラバーです。ラクザ7との違いは回転量です。メイズプロブルースポンジはしっかりと回転量を確保しながら雑な打ち方でもある程度卓球ができるラバーでした。尖った性能はありませんでしたが、ここまで回転量を確保しつつラリーに強いラバーは良いですし、相手がこのラバーを使ってきたら嫌だなーと思うと感じました。是非興味のある方は使用してみてください。