投稿者:エボみぃ

[自己紹介]
   みぃから名前を変えました。バックアンチの異質型です。最近エボニーとアンチを組み合わせ始めたのですが、和の極蒼よりも気に入ってしまったので、エボみぃです(笑)。ということで、早速エボニーのレビューをしていきたいと思います。

[レビューする商品名]

  エボニー×DIABOLIC

[使用環境]

  ラケット エボニー ST

  フォア面 KING PRO 2.2

  バック面 DIABOLIC 1.0

[はじめに]

  エボニーの説明は...いらないですかね。そもそも、アンチに関するレビューを見にきた時点で用具知識が十分あると思います(笑)。一応簡単に説明すると、黒檀を使用しているラケットです。黒檀は、擦れば十分回転がかかり、強く打つとパチンと弾ける素材です。DIABOLICの説明は、私がもう1月にレビューしてしまっているので、省略します。今回はエボニーとアンチの相性についてレビューするので、KING PROのレビューが見たかったよーって方は、8月か9月までお待ちください。それでは、レビューをご覧ください。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]

  ドライブ

   前にも書いたのですが、DIABOLICの摩擦力は0と言っていい程無いので、ドライブというよりはドライブのふりができます。相手の上回転に対して、ドライブのように振ってもシート上でスリップするので、ちょい下回転で返っていきます。これは和の極蒼でもできたのですが、エボニーはこのドライブのふりを中陣ぐらいからでもできるんですよね(うひょーー)。要するに、圧倒的な飛距離があるんですよ。DIABOLICのスポンジの厚さを下げたのも少しは影響があるのですが、それよりもエボニーの影響が大きいです。ちなみに、私は何日か練習したらこのドライブのふりを後陣から出せるようになりました。ただでさえ、嫌らしい球なのに。。。この技が試合で決まったら、相手は絶望すると思いますよ。

 

   スマッシュ

   エボニーのおかげで、かなり弾きやすくなってます。球質はドナックルで非常にとりづらいのは置いておきまして、ノータッチでスマッシュが決まるんですよね。今までは、相手がスマッシュを返そうとして、それでネットに落とすということが多かったんですよ。しかし、それでは上手い選手にカウンターされることがありました。やはり、ノータッチで決まるというのはいいですね。

 

   プッシュ

   変化を強く保ちつつ、スピードが向上したという感じです。また、今まではループドライブなどの上回転に対してプッシュすると、シートでスリップし球が落ちてしまうので安定感が無かったのですが、エボニーの場合、しっかり押し出せば簡単に入ります。ループドライブやカーブドライブなどをプッシュすると、ほんと嫌らしい球がでるので、ばんばん使える技術ですね。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]

   ブロック

   今レビューを見ているあなた、こう思ったのではないでしょうか。エボニーみたいな飛ぶラケットと合わせたらブロック性能が落ちてしまうんじゃないの?という風に。これは、自分も驚きだったのですが、ブロック性能は落ちないどころか、上がってる部分もあるんですよね。自分も打つ前は、これ球暴れるなと思ってましたが、案外そうでもないです。反転量も十分あります。直線的でとても低くブロックが入って、相手は相当嫌がっていました。また、黒檀の影響かもしれませんが、カットブロックがすごく切れて浅いところに入ります。要するに、ブロックは低くもできるし、浅くもできるし、切れるしでブロックに関してはかなり強いです。ただ、ひとつ弱点がありまして、強打に対してはオーバーぎみです。なんか、ラケットの芯にボールが強く当たると球が暴れるって感じです。ただ、それ以外は問題ないです。

 

   ツッツキ

   少し弾んでしまい、ツッツキが浮くということが少し増えました。アンチで出すツッツキは上回転なので、よく言えば、ラバーの性質を知らない相手にはよく効くということ。悪く言えば、ツッツキが少しでも浮くと、簡単に打たれてしまうということです。試合の最初の方なら使ってもいいですが、相手にばれてきたなと思ったら使う必要は無さそうです。

 

   カット

   カットはなぜか低い。いや、低すぎるぐらいです。まあカットが本職ではないので、あまりあてにはしないでくださいね。ただ、自分のやり方でやったら、とても低く速いカットが出て、練習相手には、カット走ってない(笑)?と言われるぐらいやばいです。ただ、これがかなり切れてます。また、ラケットに当てる感じでカットをすると、簡単にナックルカットが出てくれるのがうれしいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]

   サーブ

   前にDIABOLICのレビューをしたときに、サーブに1点つけてたと思うのですが、今点数つけるとしたら、とりあえず3点あげます(笑)。エボニーとスポンジを薄くしたので、とりあえず、ナックルのロングサービスが出せるようになりました。まあ、そこまで速くないですけどね。

 

   レシーブ・台上技術

   やはり、エボニーだとフリックやリフトといった弾く技がとてもやりやすいですね。スリップしてネットにひっかけるということが少なくなりました。逆にストップは浮きがちになりましたね。こうなると、ロングサーブに対してのレシーブが課題になります。ちなみに自分はロングサーブに対して、フォアで打つようにはしてますが、バックにきた場合は前陣カットでしのいでるようにしています。

[おすすめな方]

   アンチラバーを使いながらも、攻撃的な技術をたくさん使いたい方にはぴったりだと思います。特に、マテリアルスペシャリストやノイバウアーのアンチラバーは変化は強いのですが、打ちにくいので、そのようなラバーを使ってる人には試してほしいです。

[まとめ]

   エボニーを注文してから届くまで、すごくドキドキしていました。これもしかしたら、大失敗するかもなって。ですが、自分的にはエボニーとアンチの組み合わせは和の極蒼の時より良いのではと思っています。やはり用具感って大事ぃぃってことです。

   ちなみに、エボニーとアンチが合う理由ってまだよく分かってないんですよね汗。ぶっ飛びラケットだからかもしれないし、黒檀を使っているからかもしれません。いやー大変です。これから、王道03やエバンホルツとか買わないと駄目ですね。みなさんも用具の旅に出かけると面白いですよ。

エボニー【銀河】の詳細はこちら

ディアボリック【der-materialspezialist】の詳細はこちら