エキスパートカーボン












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
   フォルティウスFT ver.D ST
   フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm
   バック(B):テナジー80 特厚

[レビューする商品名]
  OSP製 エキスパートカーボン 丸ストレートR-ST
[使用環境]
  F面:木星2ブルースポンジ39° 黒
  B面:ロゼナ 厚 1.9 mm 赤

  比較ラケット:インナーフォースレイヤーZLF ST
  F面:木星2ブルースポンジ39° 黒
  B面:ロゼナ 厚 1.9 mm 赤

[はじめに]
  いつもお読みいただきありがとうございます。
  今回は本職ラケットというよりは、自分にとって未知のゾーンのラケットについて探訪してみましたので、お付き合い頂けたら幸甚です。雑文ですがよろしくお願い致します。

  WRMが強力プッシュするハンガリーのOSP製ラケットの一本になります。WRMがプッシュするOSP製のラケットといえば、ぐっちぃ氏、はじめ氏愛用の5枚合板Virtuoso+になりますが、5枚合板Virtuoso+よりもさらに板厚を薄くしつつ、カーボンを入れて上板にブラックリンバを使用したのがエキスパートカーボンになります。
  実際に届いたラケットの厚さを測ると5.36 mm、重さは86gでした。かなり板薄のわりにはドッシリの重さです。普段は板厚6.5 mm、重さ88.5gの7枚合板+デュアルウェブのフォルティウスFT ver. Dを使用していますが今回の用具試打の目的はプラボールになって回転がかかりにくい中で、回転性能に特化してみたい、と思い購入しました。比較ラケットはインナーフォースレイヤーZLFです。板厚は5.34 mm、重さ82gになります。こちらも特殊素材のZLF = ザイロンファイバーが入っていて回転性能が抜群ということです。
                  厚さ    重さ
  エキスパートカーボン      5.36 mm  86 g
  インナーフォースレイヤーZLF   5.34 mm  82 g
  握った感想になります。
  インナーフォースレイヤーも握った時に角が気になるわけではありませんが、全て手作りのOSPエキスパートカーボンは握った時にウェット感がありました。角をヤスリで削る必要はないのではなく、芸術感もあるエキスパートカーボンのエッジをヤスリでゲジゲジに削りたくない、と感じました。握り心地は和の極み -煉-よりも良かったです!

  板薄ラケット+特殊素材で回転性能、ボールのスピード、威力、やりやすさがどのように変わるのか気になっておりました。そのあたりをお伝えすることができたら嬉しいです、よろしくお願いします。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・ドライブ
   回転をめちゃめちゃかけやすいです。こんなにかかるものなのでしょうか?WRMの動画やTakuzineで得た知識として板厚が薄いとラケットがしなって回転がかけやすい、ということは知っておりましたがこんなに変わるんだなと感じました。また普段フォルティウスFT ver. Dを使用しているためなのでしょう、ボールが若干浅く相手のコートに入ります。ボールが浅いので若干加わったカーブ回転 (サーブでいう右利きの逆横回転)によってかなり左へ曲がりました。この時エキスパートカーボンの意味を、玄人のように回転を扱えるラケットではないかと察しました。

  ・スマッシュ
   硬いので弾きやすいです。これはカーボンのおかげなのだと思います。ただし、やや強めに弾かないと弾まないのでスピードはやはり遅めですが、ロゼナを使えば十分なスピードが出てました。

  ・チキータ
   めちゃめちゃやりやすいです。またボールが極端に曲がりました。これは回転性能のおかげだと思います。またインナーフォースレイヤーZLFと比較してボールに重さがあったようでした。

  ・Bドライブ
   ラケットが重いので鋭いスイングをする必要がありましたが、よく回転がかかります。ボールを掴みすぎてネットを超えないようなミスもあったので身体で打つ必要性を感じましたが、それだけ思い切りスイングに行けました。Bドライブでもボールのサイドを捉えて横回転を加えるのが容易でした。弾まないので、ノータッチを狙うような強烈なボールや下がったときはインパクトか遠くへ飛ばすような打ち方が必要でした。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
   インナーフォースレイヤーZLFと比較してブロックで球に押されません。ラケットの厚さからもっと押されてもいいと思いますが、これがOSPラケットの良いところなのだと思います。押されにくいのでブロックが安定しました。またブロックに変化をつけるのも容易でした。

  ・カウンタードライブ
   相手のボールの威力を利用する打ち方が向いているように感じました。自分からスピードを加えるよりは頂点前をとらえて、バウンドの力を利用してボールを食いかませて打つと安定したカウンターになりました。

  ・カットブロック
   今回カットブロックに挑戦してしまいました。弾まないのでやりやすいのではないかと思ったわけです。流石に一発目で入りはしませんでしたが、おしい!という感じでした。思った以上に飛び出し角度が低くて練習次第でできると思わず勘違いしてしまいそうでした。

  ・カット
   普段カットはしないのですが、下がると弾まないので、楽に入れるならカットしと思いやってみたら見事に超回転のカットボールになりました。いきなり入りはしないもののオーバーではなくネットに突き刺さるかんじです。調整すればカットも十分できます。

  ・ツッツキ
   レシーブが楽しくなるくらいツッツキが切れました。ドライブが苦手な人やミート時のインパクトがない人は1点くらいはミスしてくれるくらい切れます。しかもオーバーをあまり気にせずに切りに行けるのでラバーに関係なく切ることができました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・サーブ
   ナックル系のスピードボール以外は文句なしです。硬目の打球感なので滑るようなサーブが出しやすかったです。回転量も相変わらず凄いですね。

  ・レシーブ
   ストップとツッツキがかなり良くて、バックミドルへの速いナックル系ロングサーブに対してのバックバンドチキータやドライブは難しい感じでした。基本的にツッツキかストップで良いでしょう。原理はわかるもののなかなか自分は打てないので試せてませんが、もしかしたら逆チキータはかなり良いかもしれません。

  ・台上技術
  ストップ、払いどちらもやりやすいです。払いはかなり飛ばすつもりでちょうど良い感じでした。

[おすすめな方]
  このラケットを使って卓球をすると想像力を刺激してくれます。回転をかけやすいので、難しい技術でも案外入ってしまいます。同じような打球では飽きてしまったら、カーブドライブ、シュートドライブ、チキータ、逆チキータ、などなど、回転を楽しむ打法や、FやBサイドを切るようなアクロバティックなボールへの挑戦を促してくれると思います。どちらかといえば、センスがあると呼ばれる方に向いていそうですが、センスも結局は練習で培われるものだとも思いますので、遊び心をもって固定観念が捨てられる方にオススメします。

[まとめ]
  エキスパートカーボンの特徴は次の3つになります。
  1. 板薄による超回転量
  2. 安定のブロックと重いボール
  3. 回転によるアクロバティックなボール

  インナーフォースレイヤーZLFも、もちろん高い回転性能ですが、軽くて弾まない分、どちらかといえば初級者の方に向いていると感じました。初級者の方に、ボールを掴む感覚や回転をかける感覚を覚えるのに良いラケットだと思います。
  そしてエキスパートカーボンは、玄人仕様だと思います。振り回されそうになったらカットや超ループで時間を稼いで凌ぎつつ反撃する卓球へと導いてくれると思います。こんなにカットがしやすくて、強打もできるラケットを自分は知りません。卓球でいうと天才ワルドナー選手、メイス選手、丹羽孝希選手のようなオールラウンダー、テクニシャンに繋がるラケットだと思います。現役ではないからなのかもしれませんが、ドライブマンだからドライブで持ち上げて攻めなくてはいけない、という固定観念に流されず、遊び心を持って卓球をするのに最適の一本です。カットやカットブロック、カーブドライブ、シュートドライブ、逆チキータなどの技術をやりやすくしてくれる個性の強いラケットです。ただのドライブマンに飽きたら是非使用してみてください。

[その他]
  打球感
  エキスパートカーボンをいざ打ってみると、思った以上に弾みません。本当にカーボンが入っているの?と思うくらいです。しかも打感がやや硬いです。フォルティウスは上板がリンバでかなりボールを掴みつつ柔らかいのですが、ブラックリンバは硬くてかなり掴むように感じました。カーボン入りでこの打球感はかなり新鮮でした。柔らかくて掴むのではなく硬くて掴むので、相手のボールをブチッと切れるんじゃないかと感じました。またラケット重量がやや重いのですが根元重心ですので、ラケット操作性は思ったより良くて驚きました。
  インナーフォースレイヤーZLFと比較すると、たった5gですがラケット重量が軽いため、若干ボールに押されているように感じました。軽い分、操作性は良いですが軽すぎて、こちらが打ったボールが軽いように感じました。

エキスパートカーボン【OSP】の詳細はこちら