アンチスピード



















投稿者:ぬりかべ
der-materialspezialist社 ANTI-SPEED(赤・1.5mm)
 ※コルベルCO(F面は木星2ブルースポンジ)のバック面に貼りました。

1.ざくっとレビュー
 スピン(不思議とかかるのに滑らせることもできる)、スピード(まずまず)、コントロール(抜群)の三要素を兼ね備えた、万能型かつ(いい意味で)変態的アンチラバー。

2.第一印象
 シートを触ってみると、若干引っ掛かりがあります(裏ソフトほどではありませんが)。他社のアンチラバーと同じか、もう少しあるぐらいでしょうか。重さはカット後37g。同じ厚さの高弾性裏ソフトと同程度ですね。
 球突きをしてみると、弾みはまずまず。テンション系にはやや及ばないものの、高弾性よりは弾む印象です。回転をかける際、シートに引っ掛けるようにするとあまりかかりませんが、スポンジに食い込ませるようにかけると回転がかかります。

※以下の点数はすべて粒高・アンチラバーとしての点数ですが、このラバーの特殊性を考慮し、( )内に裏ソフトとしての点数を記しておきます。
3.攻撃技術
 スマッシュ 8.5点(7.5点)
ドライブ  9点(6.5点)
カウンター 9点(7点)
  ※ともに、バック・フォア両方で試しました。
スマッシュは、アンチラバーとは思えないレベルでスピードが出ます。テンション系裏ソフトよりやや劣るぐらいでしょうか。シートに若干引っ掛かりがあるためボールが落ちず、かつ相手の回転の影響を受けにくいので、安定感はかなり高めです。もちろん裏ソフトのように、曲げて弾道を変化させたり前進回転をかけて弾道を安定させたり、といった自在性はありませんが、球質が「どナックル」になるため決定率はかなり高めです。
 先述したように、シートに引っ掛かりがあるためドライブも打ちやすくなっています。シートの表面でひっかけるように打つと威力は出ませんが、スポンジに食い込ませて打つと若干回転がかかり、スピードも出ます。弾道は直線に近いので打点を落とすと入りにくいのですが、頂点前後をとらえて打つと、相手の回転の影響を受けにくいぶん安定して入ります。チームのOB(県強化指定選手)にF面で試打させたところ、「先生、これはアンチじゃない。裏です…」と言うほどに普通にドライブが打てました。ラバーに食い込ませてドライブを打つタイプの選手には、かなり使いやすいのではないでしょうか。
 カウンターでは、裏ソフトのように自然と前進回転がかかるわけではありませんが、相手の回転の影響は受けにくいので、表ソフトでのハーフボレーやカウンタースマッシュのようにフラット打法でのカウンターが安定して入ります。また、相手の回転を若干残すため、かなり取りにくい球質になります。

4.守備技術
 ブロック 7.5点(9点)
 ツッツキ 9点(6点)
 弾むからブロックはやりにくいか…と思ったのですが、「弾道が低い」「相手の回転の影響を受けにくい」ため、ブロックはかなりやりやすいですね。粒高OXほどの安定感はありませんが、変化系あるいはスピード系表ソフトに近い感覚でブロックができます。普通に当てると高速ナックルブロックになるのですが、他のアンチラバーのようにカット性ブロックをすると、若干下回転がかかった遅めのブロックができます。打球感は異なりますが、極薄ラバーに近いブロックができます。
 ツッツキでは、攻撃時の印象ほどには弾まず、前後・左右ともにコントロールは良好。引っ掛かりが少ないので裏ソフトと同じ感覚でツッツくと若干浮きますが、慣れですぐに対応できる程度かと思います。普通にツッツくと、回転量は相手にネットミスをさせるほどではありませんが、相手に上から叩かれない程度にはかかります。多少球足が長くなりますが、しっかりボールを食い込ませて切ると、高弾性裏ソフトに近い回転量が出せます。切らないときにはほぼナックルになり、ブロックと同様に緩急がつけやすく、回転やスピードの変化で相手を崩すには十分かと思います。感覚的には、回転系表ソフトに近いように思います。
 試しにカットマン2名(バック表、バックアンチの選手)に使わせてみましたが、
  |篤擦低く、切ろうと思えば意外と切れる(切る切らないの区別をつけやすい)
  ▲ットが台に収まりやすい
  そのくせ反撃すると威力のあるボールが打てる
と大好評でした。特にバックアンチのカットマンは「両面このラバーでええんちゃう?」と気に入り、試し打ちをしたその日にすぐに貼り換えていました。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術 9点(8.5点)
 レシーブ 7点(8.5点)
 サーブ  8点(5.5点)
 レシーブは、シートの引っ掛かりのぶん若干相手の回転の影響を受け、角度を合わせるレシーブは粒高OXほど容易ではありません。一般的なアンチラバーと比べると、同程度かほんの少し難しい程度でしょうか。とは言え裏ソフトのように使うぶんにはかなり回転の影響は少なく、フリックや台上ドライブでは、横下と横上程度の回転の差は無視して返すことができました。特にフリックは高速ナックルの重いボールが飛び、それを相手が持ち上げてきたところを叩く、というパターンの4球目攻撃がかなり効果的でした。
 台上技術で有効だったのは、フリックのほかにはリフトとストップ。リフトでは極薄ラバーのように相手の回転を残し、かつスピードもあるので決定率はかなり高めです(同社のほかのアンチほどえげつない変化は出ませんが)。また、弾みの割にはストップがやりやすく、下回転の切れこそ少ないものの、2バウンドで止めることはさほど難しくありません。
 サーブに関しては、切れはスピード系表ソフトと同程度ですが、表面で擦ると切れず、食い込ませるとそこそこ切れるので「切った」「切らない」の変化がつけやすく、スピードがあるため変化が見極めにくくなっており、チャンスメイクにはうってつけです。ラケットを反転して裏ソフトのサーブと混ぜると、かなり効果があるかと思います。

6.お勧め構成
 回転がそこそこかかるとはいえ回転量は裏ソフトに劣るので、粘着または回転系テンションのように回転の最大値が高いラバーと組み合わせることが前提になるかと思います。
 貼るラケットは種類を選ばないように思いますが、高弾性の裏ソフトと同程度の重さがあるので、重量には少し気を付けた方がいいかもしれません。

7.どんな人にお勧めか
 アンチラバーとして高い性能を持っていますが、このラバーは「アンチらしさ」「裏ソフトらしさ」「表ソフトっぽさ」と様々な面を持っているので、真価を発揮するには多様な打法ができることが前提となります。卓球を始めて1年程度の選手にも使えますが、基本的には中級者以上向けかと思います。
その前提でいえば、一番お勧めしたいのがバックに変化系あるいはスピード系の表を使っていた選手。なかでも、表ソフトでミート打ちやブロックを多用していた選手であれば、表ソフトに近い弾性と安定感+今まで以上の変化性能で、すぐにでも使いこなせるでしょう。思いのほかドライブも安定して入るので、フォアに表ソフトを貼っていた選手に使わせても面白いのではないかと思います。
初級者レベルでも、安定感を求めてアンチラバーを使っている選手にはお勧めできます。安定感は一般的なアンチとさほど変わらず、攻撃力が大幅に向上しているので、ラバーを貼り換えるだけでプレーの幅が広がるかと思います。ただし、アンチに変化を求める選手には向かないように思います。

8.総合評価
一般的なアンチラバーをバックに貼っていた選手が使うぶんには8.5〜9点、バックがスピード系あるいは変化系の表を使っていた選手が使うには9〜9.5点をつけて良いかと思います。
 粒高ラバーを、変化で点を取るのではなく、チャンスメイクのために使っていた選手が使うぶんにも9点前後をつけても良いのではないでしょうか。
 専門でないので点数はつけられませんが、バックが表やアンチのカットマンが使ってもかなり良いプレーができるかと思います。

9.その他
 アンチなのにスピードが出て引っ掛かりもそこそこあり…と聞くと「なんか中途半端な性能のラバーだなぁ」と感じる方が多いと思うのですが、
 ・アンチなのに威力のある攻撃ができる
 ・アンチなのにそこそこ回転をかけられる
 ・アンチらしい安定感
と、むしろ死角のない「万能型アンチラバー」といっていいでしょう。同社のほかのアンチとはかなり方向性は違いますが、また高性能のアンチラバーが出てきましたね。

10.余談
 |賃寮錣如△Δ舛料手がラケット交換をしたとき、相手がラバー名を見てしきりに首をひねっていました。その後、その選手が指導者に試合の報告をしたとき、「アンチスピード?そんな矛盾した名前のラバーあるわけないだろ!」と言われていました。
 ∈廼瓠der-materialspezialist社の「やたらと滑るアンチ」「スピードの出るアンチ」と尖った性能のアンチラバーばかり使っており、一般的なアンチラバーを使っていませんでした。そこで地元の卓球専門店で「普通のアンチラバーをください」と言ったところ、「…アンチ自体『普通』じゃないっすよ…」と返事が返ってきました。