キングプロ












投稿者:エボみぃ
[自己紹介]
   バックアンチの異質型です(最近、粒を使い始めようと思っています)。どうでもいい話なのですが、異質ラバーを使い始めてからやっぱ強くなったなーっていうのを感じています。
der-materialspezialistとWRMには感謝してます。これからも、WRMにはたくさん異質ラバーを販売してほしいですね(マテリアルのリフレクション売ってほしいなー)。さて、今回は粘着ラバーのレビューです(笑)。

[レビューする商品名]
  KING PRO

[使用環境]
  ラケット エボニー ST
  フォア面 KING PRO 2.2
  バック面 DIABOLIC 1.0

[はじめに]
  KING PROはSWORDから販売されている粘着テンションラバーです。シートは強粘着性で、スポンジは48°と表記されていましたが、実際そこまでの硬さは感じませんでした。強粘着ラバーなのに、スポンジに食い込みそう。打つ前に期待が膨らみました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ
   普通粘着ラバーは擦って回転を掛けるものが多いですが、ドライブでは食い込ませた方が回転が良く掛かりました。そして、想像以上の弧線の高さ。軽く打つ程度でもかなり回転が掛かります。思いっきり下がっても台の下からでも、簡単に相手コートに収まります。また、下回転打ちも非常にやりやすく、勝手に持ち上がるのでネットにかけることが少なくなりました。ただ、回転が強く掛かるので、その分スピードがあまり出ない印象です。なので、ドライブで打ち抜くというより、ループドライブなどでチャンスを待つという粘り系のドライブマンにはおすすめです。

   スマッシュ
   正直言うと、あまり良くないです。フラットぎみに打とうとしても、どうやっても必ず少し球を持ってしまいます。それでも、このラバーでスマッシュを打ちたいときはぶっ飛びラケットに貼ろうとしか言いようがありません。ですが、実際に私が使っているエボニーが普通に飛ぶラケットの類なので、それでも満足できないということは。。。やっぱりダメそうです涙。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
   当てるだけでは強粘着なので、回転の影響を受けてしまいます。そこで、カウンターぎみに少し上回転を自分から掛けることで安定しました。しかし、多少伸びる程度で、止めるブロックも出しにくいので、単調になりやすいと感じました。

   ツッツキ
   球を長く持つ性質を生かすために、小さく鋭く切るのではなく、大きくスイングした方がいいです。そうすることで、ぶちぃぃっと相手コートの深いところにスーッと入り込みます。なんか、台上でカットをしている気分です(笑)。

   カット
   最近私はレビューのためにカットを練習するようになりました(ちょっと上手くなったかな程度)。球持ちが長いので、カットをしている最中にコントロールするという感じです。また、ボールがゆーーっくりと、そして深いところに入っていきます。上手いカットマンがこのラバーを使えば、誰もがカットを持ち上げるのを困難とするのではないでしょうか。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
   ショートサーブがとても短く、そしてかなり切れてます。今まで私が使ってきたラバーの中ではショートサーブに関しては、抜群の安定感と切れ味があります。ロングサーブは結構伸びるのですが、バウンドが高くなりやすいのでそこに注意しましょう。

   レシーブ・台上技術
   相手のサーブが少しでも台からでたら、ドライブで上書きするといいです。回転量がかなりあるので、誰でも容易に上書きできるのではないでしょうか。台上では、ツッツキやストップが好印象でした。特にストップはかなり短く止まります。また、私はバック裏があまりできないので、友達に貸してチキータをやらせてみたのですが、かなり曲がり、ラケットに当てると球が真横に飛んで行きました。

[おすすめな方]
  本格派粘着ラバーユーザーよりかは、テンションラバーからの乗り換えの方がいいのではと思います。というのも、ドライブを食い込ませて打つ系のラバーなので、粘着ユーザーには扱いづらいかなと思います。
   それから、カットマンにもおすすめです。ぶち切れのカットにツッツキ、後陣からのドライブなど良い性能を持っていますので、ぜひ使ってみてください。

[まとめ]
  強粘着ラバーなのに、ドライブは食い込ませて打つ、、非常に面白いラバーだなと思いました。また、回転量が非常に多いので、ド安定します。体勢がくずれた状態でもそれなりの球を出せます。あとはここにスピードが加われば。。。今後のラバーに期待です。

[補足]
  そういえば、ぐっちぃさんの日記でKING PROのブルースポンジ版が試作品として送られてきたというのを見たことがあります。それはおそらく擦る系のラバーなので、本格派粘着ユーザーはこれに期待ですね。