V15












投稿者:無双
[レビューする商品名]
  V15スティフ
[使用環境]
  R:スワットパワー
  F:V15エキストラ
  B:V15スティフ

  主にバック面での使用です。

[はじめに]
  このはラバーは尖った性能はないですがどの技術もやりにくさはなく万能なラバーです。

  このラバーは回転がかけやすいラバーです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ☆ドライブ
  弾道は弧線よりかはやや真っ直ぐで安定した回転・スピードが常に出てくれます。
  回転量の絶対値、スピードの絶対値はV15エキストラの方が上です。
  ですがスティフの良いところはとても回転がかけやすい所だと思います。
  練習ではエキストラの方がいいボールが出るかもしれませんが大会の緊張感などでスイングスピードが遅くなったり変に力んでしまったりなどいつもとは違った打ち方になりミスが出てしまう傾向があります。
  しかしスティフは緊張した場面でも簡単に回転がかかり扱いやすいです。

  ☆スマッシュ
  早くもなく遅くもなく適度な速さのボールがいきます。
  フラット打ちで打てば多少下回転がかかっててももってけました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ☆ブロック
  ピタっと止まります。
  中間硬度のスポンジなので威力あるドライブにも押されにくく安定したブロックになります。
  ブチギレと言うわけではないですが丹羽選手がやるような横回転ブロックなどもとてもやりやすいです。

  ☆ツッツキ
  ブチギレのツッツキはあまり出ませんが弾道が安定して低く突き刺さるように入るので長くなってもドライブ打ちにくいと言われました。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ☆サーブ
  回転量はそこそこかかります。
  サービスエースを取りに行くのは少し難しいですが回転の変化量を使えば3球目につながる良いサーブができます。

  ☆レシーブ
  (1)ストップ
  少し弾みが強く浮くイメージが最初はありましたが慣れれば気になりませんでした。
  回転の影響は若干受けやすくボールタッチが多少必要に感じます。

  (2)フリック
  弾き系のフリックがとてもやりやすいです。
  回転が強くても横が少しでも入っていれば簡単にフリックできます。

  (3)流し
  ストップは若干抵抗がありますが流しレシーブはとても簡単に入りました。
  サイドスピン系の技術がやりやすいラバーです。

  (4)チキータ
  回転量が特別多いわけでもなくスピードが速いわけでもないですが試合でとても大事な「確実に入る」と言う面ではテナジー並みの安定感だと思います。
  緊張した場面でもしっかり入りそれが自信につながり安定したプレーや普段通りのプレーが可能になると思います。

[おすすめな方]
  バックの技術をとにかく安定させたい方。
  回転量、スピードはとりあえず置いといて試合で確実に入れると言うのを第一前提に考えてる方。

[まとめ]
  最初にも言いましたが特別尖った性能はありません。
  しかしやりにくい技術もありません。
  常に安定したラバーなので使う選手によっていろんな顔を見せるラバーだと思います。
  パワーがある選手が打てばスピードが出るし、回転をかける技術が上手い人が打てばトップスピンがかかるし、弾く系の技術が上手い人が使えばバックプッシュが入ります。
  いろんな使い方ができるラバーなので是非試してみる価値はあると思います。