エボリューションEL-P












投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  上半期はたくさんの投票ありがとうございました。今後もレビュー頑張ります。

     20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  エボリューションEL‐P【THBHAR】

[使用環境]
  インナーフォースZLCのバック面で使用。フォア面はエボリューションMX‐Pです。厚さは1.9mmを使いました。
[はじめに]
  評判のいいエボリューション系を初めて使いました。非常に引っ掛かりそうなシートです。硬度はファスタークC1よりは硬いですが、G1よりは軟らかいですね。重さはスピンテンションとしては標準と思います。MX‐Pと比較していきます。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   非常に安定感よく打つことができます。弧線をしっかり描いてくれますね。MX‐Pだとちょっと硬く、しっかりとインパクトしないといいボールがいかなかったのですが、EL‐Pはパワーがあまりなくても質のいいボールを打つことができます。グッとつかんではいる感覚はテナジーに近いものがあります。ラバーの力で安定しているという感じがします。MX‐Pだと食い込ませるのが難しく、シートの引っ掛かりで飛ばしている感じでしたが、EL‐Pは食い込む分、ボールをしっかりとつかんでくれて、よりテナジーに近い感じがしました。回転量も十分ですね。スピードはラクザXやV15エキストラの方があると思いますが、1球1球の質の高さはEL‐Pの方があると感じました。
  (2)対下回転ドライブ
   シートの引っ掛かりがいいので安心してドライブを打つことができます。ループドライブの質も高いのですが、これに関しては硬いMX‐Pの方が回転量が豊富で武器になると思います。むしろ、下回転をスピードドライブ気味に打つときのボールの質が高く、コントロールもしやすいのでそちらが武器になると思います。弧線が安定するのでとにかくミスせず先に攻めることができるという感覚です。
  (3)スマッシュなど
   ミート打ちもしっかりと弾くことができました。特にバック対バックでは押し負けずに何本も弾くことができ、好感触でした。
  (4)攻撃全版
   ボールのマックススピードは、ファスタークG1やラクザX、V15エキストラに劣ると思いますが、このラバーの武器は回転量と安定性です。特にドライブに関してはコートでの伸びが非常にあります。伸びに関してはテナジー05と遜色ないと感じました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   程よい食い込みがブロックを安定させてくれます。また、シートの引っ掛かりを生かしたカットブロックもとても安定しました。
  (2)カット
   引っ掛かりがいいのと、食い込みやすい分、切れるし安定するしととても好感触でした。カットマンにお勧めかもしれません!
  (3)カウンター
   引っ掛かりを生かし、カウンターを安定させることができました。ただ、スピードはそこまででもありません。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   非常に切りやすいですね。テナジー系もサーブは非常に切れるのですが、その他のラバーの中でもシートでグッと引っ掛かる感じは一番かもしれません。使用していてもサーブでの引っ掛かりの良さ、回転量に非常に驚きました。学生時代テナジーを愛用してきましたが、社会人になり違うラバーをずっと使用してきた中で、サーブに関してはテナジーと非常に近いものを感じました。
  (2)レシーブ・台上技術
   私はツッツキを切るのが苦手だったのですが、EL‐Pはとても切りやすいですし、ブチッと切ることが可能です。ツッツキで点数を取るということができるラバーですね。また、チキータも回転がかけやすく安定します。得点を狙うというよりも次につなげる、相手を崩すチキータがしやすいです。

[おすすめな方]
   とにかくドライブを安定させて中陣あたりからギュンギュンかけたい方にお勧めです。スピードはラクザXやV15エキストラなどに及ばないかもしれませんが、なによりも1球1球の回転量と安定性が抜群です。ロゼナがちょっと硬く、引っ掛かりがいいといった感じではないでしょうか。スピン系テンションでもっと引っ掛かりをという人にはぜひ使ってほしいと思います。また、ラケットは木材かインナー系がいいと思います。個人的にはアコースティックなどに合わせるととてもいいのではないかと思います!

[まとめ]
   最近、リコーさんがエボリューション系を使って活躍しているのを知り、試してみましたが、正直テナジーにこんなに近いのかと感じました。飛距離が若干足りないとは感じますが、シートの引っ掛かりが抜群です。個人的にはMX‐Pが硬いと思ったので、中級者にはEL‐Pがいいのかもしれません。テナジーに対抗し、各社様々なラバーを開発していますが、それはテナジーとはちょっと違う方向性のものが多く、それぞれの特徴があります。しかし、エボリューションはテナジーに近づけたラバーであることは間違いありません。忘れていたテナジーの感覚を思い出せた・・・。そんなラバーでした!