ハッドロウVR












投稿者:ザーシー
[自己紹介]
  ・卓球歴 約10年
  ・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

[レビューする商品名]
  ハッドロウVR-CS(Butterfly)

[使用環境]
  ・使用ラバー
  テナジー05、64
  ブライスハイスピード
  ラザンターR47
  キョウヒョウ8
  スピンアート
  インパーシャルXB
  スピネイト
  カールP-1R
  Grass D.tecS

[はじめに]
  ここ数回でバタフライの中国式ペンホルダーを集中的に試打してきましたが、今回レビューするハッドロウVR-CSをもってバタフライの現行ラインナップの中ペンは最後となります。
  中ペンユーザーである私個人としましては、中ペンに新しいモデルが追加されることを祈っております。
  ざっとまとめると、
  ・5枚合板-ハッドロウVR-CS
  ・7枚合板-SK7クラシック-CS、吉田海偉
  ・カーボン-SKカーボン-CS
  ・ZLファイバー(インナー)-インナーフォースレイヤーZLF-CS
  ・ZLカーボン(インナー)-インナーフォースレイヤーZLC-CS
  ・アリレートカーボン(インナー)-インナーフォースレイヤーALC.S-CS
  となります。
  こうして見るとハッドロウVR-CSは木材5枚合板なのでバタフライの中ペンの国内ラインナップでは最もベーシックなラケットですが、上板に硬質なウエンジ材を使用しているので弾みを重視したモデルと言えます。
  ブレードサイズは161×150mmで厚さは5.9mm、平均重量は90gと板厚が薄い割に重量が重い印象を受けます。
  ラケットのスペックを見ると過去にラインナップされていたエキストラウイングにそっくりです。
  またエキストラウイングが馬林エキストラオフェンシブを意識したラケットだったので、ハッドロウVRも馬林系のラケットなのでしょうか。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  前回試打したSK7クラシックと比較するとややソフトに感じますが、上板のウエンジ材が硬いので5枚合板の中ではややハードな打球感といった印象です。
  5枚合板ながら意外と弾むのでスピード感のあるラリーを展開します。
  それでもバタフライの中ペンの中では最も弾まないラケットなので、バタフライが如何に攻撃重視のラインナップ寄りに向かっているかがわかります。
  球持ちの良さはさすが木材5枚といったところでドライブの回転のかけやすさは抜群です。
  キョウヒョウ8や05などの回転重視のラバーとの組み合わせではスピードが遅くても強すぎるドライブ回転で相手にミスをさせることも可能です。
  またカットマンのブチ切れカットもループドライブでひょいひょい返球できます。
  反対に64やブライスハイスピードなどのスピード重視のラバーとの組み合わせでは、中途半端なボールスピードで特殊素材ラケット相手にパワー負けしてしまい防戦一方といった試合展開になりがちです。
  ハッドロウVRは回転重視のラバーと組み合わせて回転性能に全振りしたラケットに仕上げると良いと思いました。
  逆に裏面ドライブでは回転はかけやすいもののシェークバックドライブに比べてパワーが出しにくいので、ブライスハイスピードなどの弾み重視のラバーとの組み合わせた方が良いと思います。
  SK7クラシックや吉田海緯の6.8mmでは両面にラバーを貼ると操作性が損なわれますが、ハッドロウVRの5.9mmの板厚はエキストラウイング同様に両面にラバーを貼っても操作性を損なわずに両ハンドプレーを可能にする絶妙な厚さだと思います。
  スマッシュはSKカーボンやSK7クラシック、院内感染フォースレイヤーシリーズに比べれば球離れが遅く鈍重な印象ですが、インパクトの瞬間に一度しっかりとボールを掴む感覚があるのでバチバチ弾くスマッシュよりも掴んで投げるようなスマッシュが好みの方には適していると思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  相手の強打に対するブロックは安定感が抜群の一言に尽きます。
  両面にラバーを貼っていても操作性が良いのでフォアバックにドライブで振られてもささっとラケット面を合わせることか可能です。
  カット性ブロックはブロックマン2や極守のような守備ラケットほどではないもののかなり切れるので相手のミスを誘うことができます。
  またサイドスピンブロックは秀逸で相手ドライブの縦回転を横回転で崩すことが可能です。
  カウンターはできないことはないですが、やや相手の強打に押され気味で7枚やカーボンにはパワー負けしやすく得意ではないといった印象です。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  球持ちが良いのでショートサーブはよく切れます。
  またサーブを送るコースも前後左右を自在に狙えるほど安定性が高いです。
  特殊素材や檜単板での下回転サーブが安定しない方がサーブの感覚を掴むことにもハッドロウVRは適していると思います。
  レシーブでは相手ショートサーブをこちらのより強い回転で書き換えてねじ伏せるようなレシーブが好印象でした。
  チキータやツッツキなどのスピン系のレシーブが得意だと思います。
  また台上ではバックショートやバックプッシュでの安定した返球が光りました。
  操作性が良いので台上でのボールへのラケット面の合わせやすさも抜群だと思います。

[おすすめな方]
  中途半端なスピード性能を後回しにして、スピン性能と安定性を重視する方におすすめです。
  スピンサーブからの3球目強烈ドライブ、相手強打はスピンブロックで崩し、レシーブもチキータやツッツキといった得意な技術のほとんどが回転系技術です。
  正にスピンに特化したラケットと言えるでしょう。
  また裏面ドライブを練習している方にもハッドロウVR-CSはおすすめです。
  両面に裏ソフトを貼っても操作性を損なわない絶妙な設計のラケットなので、シェーク顔負けのフォアバック両ハンドドライブの連打からのラリー展開も可能です。

[まとめ]
  発売から時間が経過しデザインも渋くて、インナーフォースレイヤーシリーズや復刻したSK7クラシックなど他のラインナップの中ペンと比べるとやや影に隠れがちなハッドロウVR-CSですが、基本に忠実で安定性が高く、操作性も良くて回転が良くかかるといった卓球には欠かせないポイントが詰まったラケットだと思いました。
  万人受けするのは特殊素材よりもハッドロウVRのようなラケットだと思います。