ゴールデンタンゴ












投稿者:バルサミコ
[自己紹介]
  このレビューを読んで下さる全ての卓球人様御侍史
  いつもお世話になっております。この度はtwitterでJOOLA様が行っておりましたゴールデンタンゴ抽選にて当選させて頂きました。その御礼の気持ちを兼ねて、レビューをし販売促進に協力させて頂きたいと思います。
  しかして、当ラバーはWRM社では取り扱っておりません。ですのでWRM社のラバーと比較し、どういう方が合うのかを考察して参ります。最終的に私が好きなラバーは「レビューを取り上げて頂いているWRM社のラバー」なのか、「当選させて頂いたJOOLA社のラバー」なのかどちらなのでしょうか。最後には明らかになりますよ。

[レビューする商品名]
  ゴールデンタンゴ

[使用環境]
  ラケット
  張継科 ALC
  F ゴールデンタンゴ 黒 MAX
  B ラザンターV47 赤 UM
  ニッタク Jトップボール使用 

[はじめに]
  前述した通り当選したラバーと、レビューのポイントで購入させて頂いたラバーを比較していきます。
  粘着性ラバーは大きく分けて、低弾道性か、高弾道性かの二つに分けられると考えております。
  低弾道性にはWRMで販売されているラバーで言えばアレス、MAZEシリーズ、BREAKシリーズ等のSWORD社のラバーに加えて、キョウヒョう3-50シリーズなどの柔らかめのラバー。
  高弾道性にはキョウヒョうシリーズ、木星、水星、アポロ等の銀河者のラバー。
  本ラバーは全体性能を加味すれば高弾道性にソートされると考えています。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  まず打っていて思うのはあまりに簡単に飛ぶということ。
  基礎打ちの段階の持つ感覚は粘着性ラバーのそれなのに、飛び出しはテンション系。
  こってこての粘着ユーザーがフォアをテンションにした時ぶーぶー言うような、勝手に飛ぶ感じが全くない。飛ぶ割にマニュアル性能が高い。
  シートが微粘着でなんなら粘着なさそうなのに、だ。
  打球感はどことなく粘着が抜けたアレスに似ている。
  そしてドライブをすればボールが伸びる、伸びる。
  7割程度の強打でもスピードがグングン乗るし、深くて回転の効いたボールが出せる。
  浮いているボールを貰えればすぐにぶち抜ける。スマッシュやカウンターでも同じような性能。
  更には弾く打法も相当やりやすい。
  アレスがより使いやすくなり、打球感が硬く、それでいて弾道が非常に高くなった感じ。
  ・・・こうなるとアレスではないですね笑
  確かにこの高弾道は良い面であり、悪い面でもある。段違いに弾道が高い為、思いっきり打つとどうもオーバーする。それ故に最高速のボールが入らない。
  割と時間をかけて練習してみても弾道の高さがどうも気になる。ループがとことん難しい。これに関しては後述する。
  しかして試合でよく貰えるチャンスボールは上手く捌けるため実践的であり好評価。
  引き合いなんかも軽くかければ安定して返せるし、一発でしとめたい時は無理してでもフォアストレートを狙えば勝手にスピンが効いてぶち抜ける。
  自然とオーバーミスする時もあるものだが、多少横を入れてあげると高弾道性が収まる為に打ち合いであればごまかしが効き、相手にとって取り辛いボールも出しやすい。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  全体的に弾道が高い。こればっかりはどうも慣れなかになるほどではない。打たせる分にはいい。ただ打たせ方が難しかった。
  ただ慣れなくともブロックはおさまりが良いし、スマッシュ性のカウンターもしやすい。
  難を感じたのはフォアツッツキ。
  下から打たれたいのにフォアツッツキがどうも浮く。
  フォア前にアップ系の巻き込みが来ると切って低くは返しづらい。フォアストレートに流しはかなりやりやすいが、ラバーの性能もあり浮き気味になってしまう。
  感覚的にはかなりシビアな印象。
  回り込んでチキータが出来ないとレシーブはフォア前狙われやすい気がする。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  このラバー最大のウリといってもいいのがサーブ。
  これだけ簡単に短く切れたサーブが低く出てしまうのかと驚いた。
  下系はそんなに振らなくても程々に切れて収まりやすい。緊張した場面でも自信をもって短いサーブを出せそう。
  また、巻き込みのアップダウンも付きやすい。3-50を使用していた時は下が切れずに悩んだものだが、ゴールデンタンゴはラバーが硬いのもあり、下を叩きつけて切っても飛ばない。それ故に下が極端に切りやすい。
  巻き込みのアップも楽しい程に様々な種類が出せる。普通は色んな種類を出そうとすると回転量を担保するまでに練習が必要なものだが、ろくに練習せずとも跳ねるアップ、低いアップ、速くて低いアップ、微妙に出るアップなどなど、様々なアップを納得できる回転量で出せた。
  そもそも出せる弾道が高く、回転がかかりやすい性能もあるのだろう。高弾道性能に慣れなくとも、サーブだけは出せる。
  そして上手く出せれば次のボールはチャンスボール、ぶち抜きは簡単なのだから三球目までは圧倒的にやりやすい。
  サーブ+チャンスボールの打ちやすさまでを見るならば、「三球目の為のラバー」と打ち出してもいいくらい。

[おすすめな方]
  ズバリ高い弾道を持ち、万能ラバーを求めている方。
  持つ感覚そのものは粘着っぽいが、全体的に見て粘着感が無いのでテンションユーザーにオススメ。
  自分からの攻め手を強くする、つまりは「サーブ〜三球目」を強くしたい方には是非ともオススメできる。
  ただ、細かい繋ぎや受けの技術はシビア。
  殴り合う卓球をするタイプにはオススメできる、超攻撃的なラバーだろう。

[補足]
  ここからは私が使っていてどうも難しかった技術を紹介する。
  それは角度打ちとループドライブである。
  もうこればっかりはどうしようもなかった。
  カットマンと練習した時のこと。
  ループをしようとすると謎のオーバーミスの連続。それも明らかにオーバーするであろう高い弧を描き、台を軽々30cmオーバー。
  打法を調整して浅く低く入るようにしたがそれはあまりに不自然のフォームに。流石にあまり練習をしない私には難しい注文だった。週2かろうじて打てる医者にこんなフォーム覚えろなんて、週4で多球しないと無理でしょうよ…って感じの。現役時代なら出来たのかもしれないが、流石に今やれと言われても実践的ではない。
  また、カットマンとゲーム練習した時のこと。
  私が考えるカットマン対策は、何が来ても両ハンドでぶち抜きを狙って、3本のうち2本入れば必ず勝てるというもの。
  出てるバックカットなんてアレスを使っていた時は格好のチャンスボールだったのに、タンゴだと全てホームラン…1ゲーム5本は大谷翔平もびっくりである。
  相手の回転量に関わらず、木星2ブルスポでも入ってた打法で全てホームラン、どんなに切れても切れてなくてもホームラン。
  フォームを直す気も起きなかった。私には合わない。

  以上をまとめると、ゴールデンタンゴの高弾道性能はループと角度打ちにおいて相当に慣れが必要。
  アレスなどのような低弾道性ラバーが好みのタイプはおおよそ使いこなせない可能性が高い。

  しかして使いこなせなくてもこのラバーを使って試合に出るのと、いつも使い慣れているアレスを使って試合に出るのとではゴールデンタンゴを使った方が勝率が高いかもしれない。
  チャンスボールを貰って決める、多少打たれても引き合いで巻くることが出来る性能は特筆すべきものだろう。
  ただ、臭いボールの処理、バイタルエリアでのワントリック、無意識のうちに使ってしまうループや角度打ちが不安定になりやすいという縛りは、試合では不安この上ない。
  加えて練習しないと出来ない技術があるのに、練習が出来ない状況にいるとなれば積極的にこのラバーを使うことは出来ない。
  ただ、学生さんでたくさん練習できる環境にいて、より良いボールを楽に打ちたい、攻撃力を高めたいという方にはまず使ってみることをオススメする。
  ただ、低いボールを楽に出したいおっさん達にはアレスがおすすめですね。