ヘキサーグリップ
















投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  HexerGrip 【andro】

[使用環境]
  ノスタルジックVIIで1.9mmを使用。反対側はHexerPowerGripです。また、アコースティックでも使用しました。反対側はヤサカのライガンです。

[はじめに]
  パワーグリップに比べるとやはり柔らかいです。重さは通常のスピン系テンションと変わりません。打球音は高めですね。単純な弾みはパワーグリップよりある感じがします。ライガンよりは硬いです。引っ掛かりはライガンより強いですね。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   パワーグリップほど弧線が出ませんが、それほど力を入れなくてもボールに回転がしっかりかかってくれます。あまりボールが落ちないので打っていて楽ですね。しっかり振ったボールはパワーグリップのほうが速いです。軽打の質が高い印象です。ヴェガヨーロッパ、アジアよりはエネルギーロスが少なく回転もしっかりかかっていると思います。打球音が高く、打っていて気持ちいいです。それでいてラバーに強さがあるので、あまり押し負ける感覚もないですね。パワーグリップも安定感がありましたが、プラスアルファこちらのラバーには「楽」という言葉が付け加わると思います。
  (2)対下回転ドライブ
   上回転同様打ちやすいですが、パワーグリップより弧線が低いので、ループドライブの回転量はパワーグリップには劣ります。しかしライガンやファクティブ、ヴェガアジアなどよりは質の高いドライブを打つことができます。若干弾き気味に打っても、ラバーの引っ掛かりが良いので上回転を適度に加えて台に入ってくれます。好印象だったのはシュート系のボールが打ちやすかったことです。しっかりと引っ張って打つことができます。また、フォアハンドもよかったですが、バックハンドでの下回転打ちも好印象でした。若干遅めで回転量が多いので、相手のブロックミスを誘うことができました。
  (3)ミート打ち
   柔らかめで弾きやすいので打ちやすかったです。フォアはもちろん、バックのミート打ちで打ち負けないのが印象的でした。柔らかめのヴェンタススピンなどだと相手のボールの押されてネットミスが多かったのですが、ヘキサーグリップは落ちませんでした。この値段の価格のラバーで落ちないということがあまりなかったので、シートの良さ、ラバーの強さを感じました。
  (4)攻撃全般
   全体的に楽に質の高いボールを打てるというのが特徴だと思います。ただし、ボールに変化が出にくいので、ラリー志向でないとつらいかもしれません。ある程度ボールが勝手にそろいます。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   柔らかいラバーですのでブロックはしやすいです。相手のボールの影響も受けにくいのでしっかり自分のボールにして止めることができますね。また、カウンターブロックもしやすいです。バック面でブロック重視にはいいと思います。
  (2)ツッツキ
   パワーグリップ同様ツッツキは切りやすいです。台上だとそこまで飛ばないので自分から変化をつけやすいですね。ただ、パワーグリップと比べると回転量はちょっと落ちます。それでも中級者であれば十分ですね。
  (3)カット
   パワーグリップより柔らかいので抑えやすくカットは安定します。カットマンであればパワーグリップよりグリップのほうがいいと思います。
  (4)カウンター
   カウンタードライブに関してはパワーグリップに軍配が上がります。ヘキサーグリップはちょっと球持ちが良すぎる時があるので、エネルギーロスになってしまうことがありました。ただ、カウンタースマッシュであれば別です。フォアでもバックでも打点早めに押し込むことができました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   パワーグリップのほうが若干切れますが、ライガンなどの最近の安めのラバーよりはしっかりとかかります。パワーグリップはショートサーブが切りやすいかったですが、ヘキサーグリップはロングサーブの安定感、切りやすさがいいですね。
  (2)レシーブ・台上技術
   短く収めるレシーブより、ちょっと長めで相手を下げるレシーブ・台上技術のほうが好感触です。ストップはパワーグリップよりちょっと浮きやすいですね。フリックや流しが、回転の影響を受けにくいことと、程よい弾みでやりやすいです。また、チキータもいい感じでした。一発で打ち抜くというよりは、回転の変化がつけやすいという感じです。高いボールにもなりにくいので、相手が叩きにくい高さで変化をつけられます。

[おすすめな方]
   前・中陣で上回転のラリーをしたいという人にお勧めです。ヴェガを使っているけど、もうちょっと回転量が欲しいという人にちょうどいいと思います。全体的に楽なプレーができるので、早い展開というより自分のラリーに持っていきたい人向けだと思います。また、合わせるラケットは比較的なんでも合うと思います。木材であれば回転量多めの粘り系のラリーができるでしょうし、特殊素材であればスピードボールを比較的簡単に打つことができるでしょう。フォア面、バック面どちらでも使えると思いますが、パワーのある人のフォア面にはちょっと弱いと感じます。バック異質の女子のフォア面などにもちょうどいい感じがします。私個人としては、値段安めのラバーの中では引っ掛かりが強いと感じているので、ヴェガやファクティブ、ライガンなどを使用している人で回転がもう少し欲しいけど、そこまで弾みが変わってほしくないという人が一番合う層なのかと思います。

[まとめ]
   とにかく穴が無いラバーという印象です。パワーグリップは硬めのラバーなので若干使用者を選ぶところがありますが、ヘキサーグリップはより幅広い層が使えると感じました。柔らかめのラバーとしては、ラクザXソフトやV15リンバー、ファスタークC1、ロゼナなど様々な値段高めのラバーがありますが、そこまでの弾みと引っ掛かりはありません。しかし、ヴェガやライガン、ファクティブ、ヴェンタスなど安めのラバーに比べると弾みは大きく変わりませんが、引っ掛かりが強いです。そこがこのラバーの売りではないでしょうか。そのためラリー中のコントロールに優れています。試合中にはどうしてもビビってしまい、スイングが遅れたり雑になったりしてしまいます。そんなスイングでも程よい弾みと引っ掛かりのいいシートのおかげでボールがコートに収まってくれます。スピードは遅いかもしれないけれど、とにかくボールが返ってくると相手は嫌がります。そんなプレーができるラバーですね。パワーグリップの売りは安定感でしたが、「楽」が加わったヘキサーグリップ。素晴らしいのは性能だけでなくコストパフォーマンス。特に回転をかけることを覚えたい、卓球を始めて1〜3年くらいの人にいいかもしれません!