ヘキサーパワーグリップ
















投稿者:ぬりかべ
andro社「ヘキサーパワーグリップ(赤,1.7mm)」レビュー
 ※STIGA社セレロウッド中国式(※表面はSpinLord社の粒高ZeitgeistOX)の裏面で使用しました。

1.ざくっとレビュー
 攻守にわたる絶大な安定感と、スピン・スピードのバランスが取れた、中級者にジャストフィットな回転系テンションラバー。

2.第一印象
 重量は、パッケージ込100g→パッケージなし68g→中国式の根元1.5儚けて貼って45g。やや重めかな…と思ったのですが、同じ1.7mmを生徒のラケット(一般的サイズのシェーク)に貼って44g。重さのばらつきは大きいかもしれません。球突きをしてみると、硬度ほどの硬さは感じず、少し食い込んで跳んでいくような感じがありました。弾みの強さは一般的な回転系テンションと同程度でしょうか。シートの引っ掛かりはよく、軽く擦っても十分な回転がかかるように思います。

3.攻撃技術
 ドライブ点 9点
スマッシュ・角度打ち点 8.5点
 カウンター点 9点
 ドライブでは、同社のラザンター50(以下R50)あたりと比べると弾みはやや抑えめ。MAXの回転量はR50には若干劣るように思いますが、シートの引っ掛かりが良く、ボールが食い込みやすいので安定して強めの前進回転がかかります。この「跳びすぎない」「安定して強めの前進回転がかかる」の相乗効果で弧線弾道でとばしやすくなっており、弾みの強いテンション系にありがちな「回転をかける前に飛んで行ってしまう」ことがなく、ドライブの安定感は抜群。とびぬけて威力のあるボールが出るわけではありませんが、安定して強めのボールを入れることができます。中学生あたりであれば、高性能すぎるラバーを使って「かけそこない」のボールになってしまうことがあるので、むしろこちらを使ったほうが回転がかかるのではないかと思います。
 スマッシュでは、適度なボールの食い込みで自然と前進回転がかかり、安定感はドライブと同様にかなり高め。また、適度なラバー硬度でボールを持ちすぎることもなく、コントロール性能も高めです。スピードがR50ほど出ないのでそれほど決定力があるわけではありませんが、連打とコントロールで勝負するタイプの選手にはうってつけでしょう。
 カウンターでは、フラットに当てると相手の回転の影響を強く受けるように感じましたが、ドライブは「跳びすぎない」「回転をかけやすい」の影響で安定して台に収まりました。驚くほどの威力が出るわけではありませんが、回転をかけて打つ意識があれば、かなり安定して入るかと思います。

4.守備技術寸評
 ブロック点 8.5点
ツッツキ点 9点
ブロックでは、フラットにあてると(カウンターの項でも述べましたが)ほかの回転系テンションと同様にドライブの回転の影響を受けやすいように思いました。しかし、前進回転をかけるように当てると「かけやすさ」と「弾みすぎない」の効果でブロックが台に収まりやすく、安定感はかなり高めです。スピードはあまり出ませんが、左右のコントロールがしやすく、ブロックで相手を振り回す選手に向いているように思います。
守備技術で良かったのは、何といってもツッツキ。シートの引っ掛かりが強いので普通に切っても十分な回転量がありますが、弾みすぎず、弾道も低めなので安心して強く切りに行くことができ、「結構かかっている」「めっちゃかかっている」と回転量の変化がつけやすくなっています。長短の変化もつけやすく、ツッツキで相手を崩すだけでなく、十分に得点が狙えるように思います。ただし、シートの引っ掛かりの影響でナックルのツッツキは出しにくくなっています。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術点 9点
サーブ点 9点
レシーブ点 8.5点
 サーブでは、シートの引っ掛かりの良さを生かして回転を強くかけることができ、テンション系らしくスピードも十分に出せます。どちらもR50にはやや及ばない印象がありますが、その分コントロール性能は高めで、ショートサーブも出しやすくなっています。特に感触が良かったのは下回転サーブ。弾みの強いラバーは、強く切ろうとすると浮いたり長くなったりすることがありますが、このラバーでは弾道を低く、短く抑えることが比較的容易です。しいて欠点を挙げるとすれば、引っ掛かりが良すぎるのでナックルサーブを出したつもりでも結構回転がかかってしまうことぐらいでしょうか。
 角度を合わせるレシーブでは、ブロックと同様に相手の回転を受けやすく、コントロールが難しいように思いました。しかし、引っ掛かりの良さを生かした「回転を上書きする」レシーブがやりやすく、なかでもフリックや台上ドライブでは安定して前進回転がかかり、台の中に納まりやすいので安定感はかなり高めです。
 台上技術では、フリックや台上ドライブだけでなく、ストップも良好です。粘着系のラバーほどではないものの、テンション系の中では「短さ」「切れ」はかなり上位に入るかと思います。ストップだけ、台上攻撃だけならこのラバーを上回るものはありますが、その両方の総合値は、このラバーが一番かもしれません。

6.お勧め構成
 ラケットをそれほど選ばないラバーかと思います。月並みですが
  安定感を際立たせたいなら5枚合板もしくは7枚合板
  威力と安定感を両立させたいなら特殊素材系
といったところでしょうか。
 基本的には中級者のフォア面向きかと思いますが、ツッツキや台上技術などの小技のやりやすさを考えると、上級者のバック面にも向くように思います。
 ペン粒の生命線である下回転サーブの切れやコントロール性能が高いことを考えると、ペン粒の裏面にも向くかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 R50のように、スピードや回転量の最大値が高いラバーを使いこなしている選手には、やや物足りないかもしれません。基本的には中級者向きかと思います。なかでも、
 ・高価格帯のラバーが使っているが、思ったように威力が出せない
 ・高価格帯のラバーの性能に振り回され、コントロールができない
という選手にはうってつけでしょう。具体的には、中学であれば、一般的なレベルの学校のレギュラークラスから、県大会の個人戦ベスト16ぐらいまでの選手に向いているように思います。
私と同時期に男子選手(一般的な強さの中学生)がこのラバーに貼り換えましたが、彼のドライブは威力・安定感ともに上がっているように感じます。ドライブのところでも述べましたが、技術や腕力が不十分な選手が高性能すぎるラバーを使うと、ラバーのポテンシャルを発揮しきれずに「かけそこない」となってしまうことが少なくありません。中級者であれば、むしろこのラバーを使うほうが威力が出るように思います。

8.総合評価
 中級者の攻撃選手がフォア面で使う分には、性能面で考えれば9点、コストパフォーマンスを考えれば、9.5点をつけてよいかと思います。上級者がバック面で使うにも、同程度の評価をしていいかもしれません。
 高価格帯のラバーを使いこなす技能を持っている選手にとっては、回転量やスピードの最大値が若干抑えめなので、7.5〜8点ぐらいかと思います。

9.その他
 すでにぐらたすさんも述べられていますが、既存の高性能ラバーの廉価版ではありません。むしろ、中級者のポテンシャルを最大限に引き出す、中級者向け超・高性能ラバーといっていいでしょう。個人的には、中学生であれば(県トップレベルでなければ)定価が5000円台後半〜6000円台のラバーを買うよりも、こちらを買うことをお勧めします。