トランスフォーマー


















投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
[レビューする商品名]
  トランスフォーマー【der-materialspezialist】
[使用環境]
  ルデアックパワーのバック面に使用。1.5mmを使用しました。フォア面は水星2ブルースポンジです。
[はじめに]
  今までアンチラバーは、スーパーアンチ、アンチパワー、ベストアンチを使用したことがありますが、まずシートの質感の違い、弾みの低さを感じました。球つき段階で低弾性を実感しました。また、スポンジがスカスカのように感じました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)スマッシュ
   表面がツルツルというよりカサカサという印象です。スマッシュのスピードも当たり前ですが速くありません。しかし、ボールがまっすぐ飛んでいくので相手は当てるだけは返せないようでした。ほかのアンチラバーに比べても低弾性なので、粒よりは打ちやすいですが、安定感はそんなに高くないですね。下回転に対してのほうが打ちやすいです。上回転だと思いのほかスリップする印象です。
  (2)プッシュ
   こちらは得点性能が高いと感じました。基本が低弾性なので、ボールを短くすることが簡単です。しかし、その分、ちょっとプッシュをすると弾道や長短の大きな違いが出るので得点につながりやすいですね。相手の下回転に対してのプッシュは反転性能で上回転になるのでなお相手には嫌がられますね。
  (3)ドライブ
   ドライブは、やはり無理がありますね。ドライブというよりは下回転を反転性能を生かすことで上回転に変えることができるというところでしょう。引っ掛けるのは難しいので乗っけたりぶつけたりすることが多いと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   このラバー最大の魅力はブロックでしょう。普通に当てると思いのほかの低弾性でネットにかかってしまうので、むしろちょっと飛ばすくらいがちょうどいいと思います。そのちょっと飛ばすブロックが、相手コートで思ったより短く止まってしまい、ハーフロング性のボールになってくれます。そうなると相手は上にあげるしかないのですが、スピン反転が強いので下回転を上げきれない、ということが多かったです。粒高ほど明らかに切れているわけではないのですが、失速感が強く、短く止まってしまうので、相手にとって予想以上に返しにくいボールになってくれます。伸ばすブロックもしやすいので、ブロックでしっかりと点を取れます。軌道の変化と思いのほかの止まり具合で相手を大きく揺さぶることのできるラバーです。
  (2)カット
   低弾性なのでしっかりと抑えられますが、角度の微調整は慣れるまでちょっとかかるかもしれません。相手がかけてくれると変化をつけやすいのですが、相手がつないでくるとカットのボールが失速してしまうので浅くなりやすく狙われてしまう印象でした。カットで使用するにはちょっと技量がいるかもしれません。
  (3)ツッツキ
   まあ切れませんね。しかしミスはあまりしないです。安定感が高く、低弾性なのでとりあえず入れることができます。そこに回転量というよりは、前後に揺さぶったり、プッシュを入れたりすると得点につながると思います。できるだけチャンスメイクしてフォアにつなげたいですね。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   自分から回転もかけられずスピードもないので基本的にサーブで使うことはないと思います。
  (2)台上技術
   低弾性を生かし、非常にいじりやすいラバーです。若干ラケットをフラットにして短く止めたり、押したりするとチャンスを作ることができます。まっすぐの弾道を生かしたプッシュも有効ですが、一番は思ったよりも短いというのが相手を揺さぶりやすい魅力ですね。とりあえずレシーブを入れるということもできるので大崩れしないラバーです。

[おすすめな方]
   ただ粘るというより、自分から変化をつけて嫌なことをしていく選手にお勧めです。当てるだけで変化が出るのでスーパーアンチなどの従来のアンチラバーより、直接点に結びつけやすいですね。また、フォアに自信があるけど、早いラリーやバックハンドが苦手という人のもいいと思います。チャンスを作り一発で仕留めることができると思います。粒高を使っている選手であれば、単純に弾みをもっと抑えたい人に良いかもしれません。
[まとめ]
   アンチラバー使用者が基本的には少ないことと、このラバーの普及率を考えると、思っている以上のやりにくさを相手に与えることができると思います。特に、ブロックが失速してハーフロングで収まったときは相手にかなりのプレッシャーを与えるはずです。アンチラバーというと、レシーブを何とか入れて、という印象が強かったのですが、このラバーで自ら点を取る可能性を感じました。粒高も面白いのですが、このラバーを使いこなせる選手を育てることができたら、それは脅威だと感じます。「ラバーで勝つ」という可能性を大きく秘めたラバーだと思います。
トランスフォーマー【der-materialspezialist】