ティモボルスピリット












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
  OSP製ヴィルトーソ+ ラウンドストレート (R-ST)
  フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  バック(B):スピンアート 特厚、赤
  サイドバランサー使用

[レビューする商品名]
  バタフライ製ティモボルスピリット ST

[使用環境]
  F面:省チーム用キョウヒョウ3ブルースポンジ (省狂3ブルースポンジ)、39°、2.2 mm、黒
  B面:スピンアート 特厚、赤
  サイドバランサー使用

[はじめに]
  今回は、偶然ですが7回目のヨーロッパ選手権を優勝したティモボル選手を祝してバタフライ製の廃盤ラケット、ティモボルスピリットをレビューさせていただきます。

  まとめ
  ティモボルスピリットは
  (1) 上板が凄く硬いので、弾むけど思ったより台上コントロールが良い!
  (2) グリップ半空洞の先端重心設計で遠心力を効かしやすい!
  (3) アウター特殊素材なのに(1)×(2)で、回転量のMaxが凄まじく、強回転のループドライブ、スピードドライブの破壊力が凄まじい!まさにカタストロフィ(破壊神)!

  詳細
有名ラケットで、もはや説明不要なのかもしれませんが、駄文にお付き合いください。
ティモボルスピリットは現在日本国内では廃盤のラケットで、海外のバタフライで購入が可能です。
このラケットは、バタフライのロングセラーのビスカリアの後継ラケットとされています。
ビスカリアといえば、同じく日本国内では廃盤ですが、あまりの人気にこちらも海外では未だに販売されていて、人気の火付け役は当時世界選手権、ワールドカップ、オリンピックなどタイトルをとり続けた張継科選手の影響が大きいと言えるでしょう。
現在でも日本では石川佳純選手、早田ひな選手らが使用するバリバリ現役ラケットがビスカリアになります。若き日のティモボル選手もビスカリアを使用していて、ティモボル選手モデルとして販売されたのがティモボルスピリットとなります。このティモボルスピリットも現在はティモボルALCへと継承されました。ビスカリアとティモボルモデルの違いはグリップ部分で、ティモボルスピリットもティモボルALCもどちらもグリップ部分は透明ではないのでわかりにくいのですがティモボルスピリットではグリップが半空洞、ティモボルALCでは全空洞となっていて先端重心設計となっています。一方ビスカリアや張継科ALCではビスカリアとティモボルモデルの違いはグリップ部分で、ティモボルスピリットもティモボルALCもどちらもグリップ部分は透明ではないのでわかりにくいのですがティモボルスピリットではグリップが半空洞、ティモボルALCでは全空洞となっていて先端重心設計となっています。一方ビスカリアや張継科ALCではフォアとバックの切り返しのし易さを重視してグリップ手元重心設計となっているそうです。

1つの完成された伝説の一本ビスカリアと比較すると、懐かしの名ラケット、それがティモボルスピリットとなりますかね。

                      厚さ    重さ
  ティモボルスピリット実測  5.70 mm  89 g
  ティモボルALCメーカー公称   5.80 mm  85 g

  ということで、ティモボルスピリットはやや重くて板薄です。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  1. ドライブ
  1-a. 木材系ラケットと比較してコントロールは難しい
  使い慣れないと回転をかけきる前にオーバーしたり、弱いと落ちたりします。この辺りが上級者向けと言われる所以だと思います。ボールの軌道に逆らわずに回転をかけることを意識して食い込ませて反動で飛ばしてやるように打つと安定すると思います。
  1-b. 板薄×先端重心による回転量がすごい!
  板厚が薄いこともあって打点を落として回転だけをかけに行くようなループドライブの回転量は半端ないです。インパクトの強さと回転をかける感覚が鋭いと、このラケットの性能を引き出しやすくなると思います。アウター特殊素材らしい一発で決まりそうなスピードドライブも回転をかける意識で打つことでガンガン狙えます。この辺りの一発力は当然ですが木材系ラケットよりも優れた特徴です。いかに回転をかけてこの威力のあるドライブを安定して打てるかが、使いこなしのポイントとなるでしょう。
  1-c. 直線的な弾道になりやすくて打ち抜きやすい!
  板薄でしなりやすく回転がかかるのですが、ボールは回転によって沈んだり伸びたりする印象はあまりなく直線的で球足が速い印象でした。ですので相手の逆をついてコースを狙えれば、体感的にピッチが早いボールが出やすくノータッチエースも容易に狙えるところかいいところです。逆に横回転をかけてボールを曲げたりする時は、木材系ラケットと比較すると曲がりが弱い印象です。木材ラケットだと空中でも回転によって弧線を描きながらナチュラルに曲がるイメージですが、ティモボルスピリットではボールが台についてから初めて角ばって曲がり、木材と比べると人工的な打球イメージになります。一方で前中陣くらいから、5、6割くらいの力でラリーを引くだけでも単調にはなりますが相手に十分プレッシャーはかけられます。また狙わなくてもドライブエースが勝手に出てしまう感じがあります。木材系だとどうしてもドライブエースをとるには身体の使い方も意識してエネルギーを伝える必要があるので、大変だったりします。
  2. スマッシュ
  2-a. 木材系よりも弾みと球弾き(球離れ)が速くて打ちやすい!
  木材系ラケットだとどうしても球を持つので、浅いけど下回転のボールを叩きにいくと結構落としたりします。ですがティモボルスピリットは弾んで球離れも良いのでネットさえ超えればねじ込めまます。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  3. ブロック
  3-a. 安定感を出すのがかなり難しい。
  速いボールがきてとっさに手を出して当てたときに、上板とアウター特殊素材が硬すぎて止めたつもりが弾いてしまう、ということがよくありました。ボル選手みたいにドライブを軽くかけられると違うのでしょうが、自分にはそんな技術はなかったです。完全に角度勝負になるので練習を積んでとっさに適切な角度が出せるようにしないといけないラケットだと思います。

  4. ツッツキ
  4-a. 上板が硬く、アウター特殊素材の割には安定する!
      打感が硬いので回転をかけて安定させてやれば、ツッツキのミスは怖くなくなると思います。アウター特殊素材なのに、むしろツッツキはやりやすいというのは1つの特徴でしょうね。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  5. サーブ
  5-a. 木材系よりもロングサーブになりやすい
      弾むから仕方ないのですが、投げ上げるとほぼロングサーブになりますし、ツーバウンドのサーブは狙って出さないと出ません。なので基本ロングサーブになること前提で思い切り回転をかけて出すことが多くなります。これはうまい相手になればなるほどレシーブドライブを狙われやすくなるかもしれません。
  5-b. 回転をかけた感覚がわかりやすい
      木材系のラケットは柔らかいので、ぶちっと回転をかけてやろうとしても意外と浮いたり、イメージ通りに回転がかからなかったりしますが、ティモボルスピリットなら切ろうとして出した時の手応えと回転量はしっかりリンクしていると感じました。やはり上板が硬いとサーブは切りやすいですね。
  5-c. ナックルサーブのスピードが速い!
      サーブの組み立ての中でナックルのロングサーブのスピードはかなり重要です。どうしても木材ラケットだと遅くなってしまいますが、アウター特殊素材なら回り込みができないくらいの速いボールが出せます。このボールを相手のフォア前とバック前に牽制として出して行くことで、相手のレシーブからの攻めを防ぐ働きを担うので、その球足はとても重要です。遅いと逆に打ち込まれてしまいますからね。十分に速いボールが出せると思います。
  6. レシーブ
  6-a. 相手のサーブが達人の域で、回転がわからないと手詰まる
   木材系ラケットなら相手のサーブの回転がわからない時に上書きでツッツキかドライブをかければ何とか相手のコートには返せますし上書きで回転量をかけてやればそのボールの回転で相手のミスを誘えます。しかし、ティモボルスピリットだとちょっとそんな風に上書きするほどの小回りができないのと球を持って回転をかけに行く前に弾んでしまう感覚が強いので、めちゃめちゃ相手がサーブの達人だった場合は、かなりピンチに追い込まれると思います。そうでなくても相手のサーブが読めないのであれば、レシーブで劣勢を強いられる可能性が高くなると思います。ここはアウター特殊素材らしい部分だと思います。
  7. 台上技術
  7-a. 上板硬めで意外とやりやすい
   アウター特殊素材の中で上板の硬さでチキータ、フリック、ストップなど台上は比較的やりやすいです。特にフリックは多少回転がわからなくても強引に押し込みやすさがありました。

[おすすめな方]
  ・おすすめな方
  センスのある若手両ハンドドライブマン
   比較的扱いやすく、何より上板が硬いので想像通りの台上がやりやすい点はかなり高評価だと思います。ただし回転がわからないサーブを出された時の対応力はセンスを伴うので、そういった相手のサーブに対して適切に対応できるセンスのある選手に是非使用してほしいです。正直自分にはセンスがないので、半分観賞用のラケットになりつつあります。
  ・おすすめできない方
  初心者、打球感覚の発展途上の方
   初心者の方がいきなりこの手のラケットを使用すると、打球感覚がよくわからないまま卓球をすることになると思いますのでおすすめできません。強豪校などではいきなりこの手のラケットで慣れて行く、ということもあるのかもしれませんが、丁寧に一つずつ着実に身に付けようと思った時、この球離れの速さは全ての技術の難易度をあげていると思います。一方で、一度このラケットの上板の硬さに慣れてしまうと、他の柔らかいラケットにストレスを感じるかもしれません。この辺りは慣れによるところも大きいと思いますので、自分がどのような選手になりたいか明確にした上で、選ぶべきなのでしょう。
[まとめ]
  ティモボルスピリットはカタストロフィ(破壊神)です!
  (1) 上板が凄く硬いので、弾むけど思ったより台上コントロールが良い!
  (2) グリップ半空洞の先端重心設計で遠心力を効かしやすい!
  (3) アウター特殊素材なのに(1)×(2)で、回転量のMaxが凄まじく、強回転のループドライブ、スピードドライブの破壊力が凄まじい!
  ティモボルZLCは持っていないのでわかりませんが水谷隼ZLCと比較すると、自分は水谷隼ZLCの方が柔らかくて球持ちを感じます。この辺りの感覚はかなり個人差があるようですのであくまでも参考までに留めてください。
  上板が硬くてアウター特殊素材もハードなので、とにかくインパクトと先端重心を効果的にコントロールできれば、かなりの質のボールが打ち込めると思います。カタストロフィ(破壊神)と呼んで良いと思います!

[補足]
  他のラケットとの比較 (小生所有のラケットの中で、小生の基準で比較)

  弾み (ぶっ飛び感)
  水谷隼SZLC > ヴィルトーソ+ ≧  フォルティウスFT (ver. D) ≧ ティモボルスピリット ≧ 和の極み 煉 > エキスパートカーボン

  スピード
  水谷隼SZLC ≧ ティモボルスピリット > フォルティウスFT (ver. D) ≧ ヴィルトーソ+ ≧ 和の極み 煉 > エキスパートカーボン

  回転のかけやすさ
  エキスパートカーボン ≧ ヴィルトーソ+ > 和の極み 煉 > フォルティウスFT (ver. D) > 水谷隼SZLC > ティモボルスピリット

  回転量のMax
  エキスパートカーボン > ヴィルトーソ+ > ティモボルスピリット ≧ 和の極み 煉 > フォルティウスFT (ver. D) >  水谷隼SZLC

  ブロックのしやすさ
  ヴィルトーソ+ ≧ 和の極み 煉 > フォルティウスFT (ver. D) >  エキスパートカーボン > 水谷隼SZLC > ティモボルスピリット

  台上のしやすさ
  和の極み 煉 > ヴィルトーソ+ > エキスパートカーボン > ティモボルスピリット フォルティウスFT ver. D > 水谷隼SZLC