インナーフォースレイヤーZLF












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
  OSP製ヴィルトーソ+ ラウンドストレート (R-ST)
  フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  バック(B)面:スピンアート 特厚、赤

[レビューする商品名]
  インナーフォースレイヤーZLF

[使用環境]
  F面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  B面:スピンアート 特厚、赤

[はじめに]
  バタフライ製インナーフォースレイヤーZLFをレビューさせていただきます。

  小生は中学生時代にBISIDEと言う今は廃盤のアリレート(AL)をアウターに配したラケットを使用しておりました。
  現在バタフライではALのみのラケットはなくて、ALの(上位?)互換的ポジションとしてザイロンファイバー=ZLFを取り扱っているものと推測しております。(勝手な推測なので間違っていたらすみません。)
  実際、ALって調べるとポリエステルかポリエーテルか、その両方あたりだと思います。
  ザイロンはポリエステルよりも硬い材料で、あまり世に出ていない加工が面倒な材料だと思います。
  だからALよりも割高の印象です。
  ZLFの特性はおそらくALと類似で、振動を抑えてくれる印象です。
  卓球用具のレビューをみていてザイロンカーボン(ZLC)に関しては2通り、ALCよりも硬いとする意見とALCよりも柔らかいと感じる意見の2つがありますよね。
  自分はZLCを柔らかいと感じる側の人間で、インナーにZLFってめちゃめちゃ柔らかくてソフトに感じるだろうと思った次第です。

  座学はこの辺にして、実測の重さ・厚さをバタフライホームページで確認すると下のような差がありました。

          重さ     厚さ
    実測    86g     5.30 mm
    公表値   83g     5.34 mm

  軽いですね!
  そして超板薄です。
  これは回転性能が期待できる。
  板薄だと相手のボールに押されたり、強振した時に手に響く感覚をZLFがいい感じに和らげてくれるのではないかと期待して購入しました。
  Tリーグ参戦中の岸川選手はインナーかアウターかわかりませんが特注のZLFを使用したラケットを使用しているようです。
  なかなか使用している人は少ないですが、期待のモテるZLFだと思います。
  それでは試打にうつります。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・Fドライブ
  軽打ではポコンポコン系の限りなく木材系ラケットに近いラケットだと感じました。
  驚いたのは、ドライブ連打の時で、体勢が崩れて手打ちでも弧線を描く高性能さでした!
  どうしてもプラボールで回転量の絶対値は少なくなっているのですが、このラケットはとにかく回転がかけやすいですね!
  セルボールの時のように回転をかけてあげることができてとてもコントロールしやすいと感じました。
  粘着ラバーを使用しているので、インパクト強く打てるとかなり癖球になってブロックしている側は取りにくそうでした。
  これは使いやすい!
  一方で、ストレスが溜まるのはスピードが出ないことです。
  アウター特殊素材に慣れてしまっているとかなりエネルギーを込めないとボールが飛ばないですね。
  ある意味エネルギーが必要なラケットだと感じます。
  アウター特殊素材って本当に卓球が楽になる汗

  ・Bドライブ
  こちらもかなり回転がかけやすくて、スプリングスポンジ採用のスピンアートだと若干ホップする感じの癖球っぽいドライブが打てました。
  粘着ラバーでも打球の弧線がここまで差があると面白いですね。
  この差が生じるのは自分の腕とかではなくてラケットの高性能さのおかげだと思います。
  前・中陣からチョリチョリドライブで粘って、勝ちをこぼさない卓球にかなり向いていると思いました。

  ・ミート/スマッシュ
  少々インパクトは必要ですが、特殊素材ZLFに届けば木材系ラケットよりもむしろ打ちやすいと感じました。
  木材合板、特に5枚合板はプラボールになってラケットによってはふにゃふにゃに感じるようになりましたが、インナーフォースレイヤーZLFはそんなことなく芯はしっかり硬さを持っています。
  この硬さが回転性能だけでなくスマッシュやミート技術にも一役いい働きしてくれておりました。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
  自分はサイドバランサーを使っていたので、ラケット重量が重く185g前後でしたので、難なくブロックできたように感じました。
  やはり自分はラケット重量は重い方がブロックがとまります。
  あと弾まないのでサイドスピンブロックがかなりやりやすかったです。
  フォアなら余裕があればカウンタードライブが打てそうでした。

  ・ツッツキ
  めちゃめちゃ止まります。
  慣れてなくてネット直撃でいたが、慣れたらブチブチ切れると思います。
  またはテナジーとかもっと弾むラバーを使っても簡単にツッツキできそうでした。
  やりやすい。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・サーブ
  少しナックルロングのスピード不足を感じました。
  この辺りは練習でカバーが必要だと思います。
  下回転とか他のサーブはしっかり回転がかかるのでいい感じです。
  少し浮きやすいのでトスは投げ上げた方が慣れればいいサーブになりやすいと思いました。

  ・レシーブ
  かなりやりやすくて、特にチキータがどんな球でも打てる感じがありました。
  とりあえず回転の上書きをしてしまえば入る余裕があります。
  レシーブは神ってました。

  ・台上技術
  フリックのスピードを出すのに思い切りが必要だと感じました。
  少し上回転をかけるように打ってもいいかもしれません。

[おすすめな方]
  ・初心者の方から中級者、上級者まで
  このラケットはすごく使いやすくて、いいラケットだなって思いました。
  慣れると木材では得られない打球感覚も掴めるように思います。
  初めて使うラケットとしては少々高いですが、長く使うつもりがあるなら、かなりおすすめです。
  中級者の方でもラバーを弾むラバー(例えばテナジーやブライスハイスピード、ファスタークやオメガVIIなど)を合わせれば十分対応つくでしょうし、回転のかけやすさはピカイチでラケットも軽いので合わせる相手を選ばないと思います。
  このラケットで種々のラバーで自分にあったラバーは何か探してみても良いと思います。
  回転のかけやすさよりも、もっと高い質のボールが打ちたいと思ったとき初めて卒業の時がくるのだと思いました。
  若手上級者では物足りないかもしれませんが、上級者で回転をかけることが好きな方なら、玄人好みの粘着ラバーや重いスピン系テンションを使いこなすのに良いラケットだと思います。

  ぜひお試しください。

[まとめ]
  インナーフォースレイヤーZLFは
  ・扱いやすい回転に特化したラケット
  ・初心者の方でも十分に使える
  ・中級者、上級者でももちろん使える
  ・木材5枚は苦手だが、7枚合板やアウター特殊素材はちょっと嫌だと思うなら是非使って欲しい。

  こんなラケットでした。

  近いラケットはOSP製エキスパートカーボンですが、こちらの方が軽くてより万人向けだと思います。

  可能なら初心者の方に選んでいただけると卓球が楽しくなると思いますので、よかったら使ってみてください。

  駄文読んでいただきどうもありがとうございました。