王道04










投稿者:エボみぃ
[自己紹介]
  本職バックアンチの異質型です。
   最近、チームの友達(バック粒)が手首を怪我してしまいまして。「粒使ってみたいでしょ?」と言われて、ここ2週間ほどちょくちょく彼の王道04を使っています。王道04に粒、斬新(笑)。ちなみに、もう1人王道04を使ってる友人がいたので、少し借りて試打させていただきました。
[レビューする商品名]
  王道04
[使用環境]
  ラケット 王道04 FL
  フォア面
  (1)水星2ブルースポンジ 2.2
  (2)キングプロ 2.2
  バック面
  (1)リベリオン 1.0
  (2)メイスプロブルースポンジ 2.2
[はじめに]
  王道04は特殊素材が内側に入った、インナーカーボンのラケットです。板厚は自分が使ったラケットでは6.0mmと6.1mmでした。ブレードサイズは縦の長さがとても短いです。他の攻撃用ラケットと見比べるとすぐ分かるのですが、幅はそこまで変わっていませんが、すごいコンパクトなブレードになっています。
   少し打ってみたのですが、全然重く感じません。ブレードサイズの小ささのおかげで、もともとラケット重量が重くないというのもあるのですが、このラケットは軽く感じる秘密があります。それは、ラケットの重心がグリップ側にあるということです。通常の攻撃用ラケットですと、ラケット先端に重心をおき、遠心力を生かした攻撃が普通ですが、王道04では、グリップ側に重心をおくことで、ラケットを振った時に軽く感じさせ、振りぬきやすくなるよう工夫されています。
   さて、一応粒での技術も載せましたのでレビューをご覧ください。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ
   スイング方向を平行方向に近づけ、食い込ませるように掛けることで、強い回転を得ることができます。食い込ませたときの球持ち感は、カーボンラケットの中ではかなり高いレベルだと思います。キングプロでは、高い弧線から沈むドライブ、水星2ブルスポやメイスプロブルスポでは、球が直線と弧線の間くらいを描き、急に伸びる相手に突き刺さるようなドライブができました。木材特有のしなる感じはあまり無いですが、そこはブレードサイズが小さいからしゃーなしということで。。。

   スマッシュ
   ドライブでは球を持つと書いてきましたが、スマッシュのように弾く技術では、カーボンらしい球離れを感じます。木材と特殊素材のいいとこどりですね。ただ、球離れの割に弾みがあれ?って感じで微妙でした。あんまり下げられてのスマッシュは難しいかなと思います。早い打点を意識さえすれば、伸びるドライブスマッシュやバシッと打ちぬくフラットスマッシュなど自在性抜群です。

   プッシュ(粒)
   これはリベリオンの特徴でもあると思いますが、自分から回転を加えることができます。自然と大きな変化がつけられる訳ではないですが、サイドスピンなどを加えてあげることで、相手の手元で大きく曲げたり、揺らしたりとできます。

   ドライブ(粒)
   王道04の球持ちとリベリオンの引っ掛かりで、違和感なくドライブができます。試しにバック表の方に使わせてみたのですが(他人のラケットを勝手に誰かに貸す悪い人ですね笑)、表と同じ感覚で打てると絶賛していました。回転量も粒の割にそれなりにあり、最初は「粒」という先入観があったせいか、回転量の多さに驚いていたのを覚えています。

   スマッシュ(粒)
   王道04の球離れのおかけで、粒でもしっかり飛んでくれます。また、粒がやや硬めなので、フラットに打ったときに粒が倒れずに安定感がありました。しかし、球質が軽い前進回転程度、単調で取りやすさがあるのかなと感じました。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
   単純にスイートスポットが狭いため難しいです。しかし、しっかりラケットの芯に当てることができれば、持ち前の切り替えしの早さが輝き、相手を振り回すことが容易にできます。

   ツッツキ
   王道04は小技がとてもやりやすいです。擦っても食い込ませても回転量、操作性ともに良いですね。また、コンパクトブレードなので、サイドスピンツッツキなどの台上での小細工が非常に簡単です。

   ブロック(粒)
   王道04に粒を貼ると、ラケット軽すぎ問題が発生します(笑)。ラケットが軽いと異質型にとっては良いと思われがちですが、あまりに軽すぎるので相手の強打などに押されているように感じます。ペン粒など、ショート面があまりぶれないならいいと思います。
   当てるだけのブロックでは、なかなか切れてくれません。しかし、自分から切りにいったときの回転量はかなり強いですね。当てるだけのブロックと切った時のブロックの回転量の差が大きいので、技術がある方ならば、相手をかなり揺さぶることができそうです。

   ツッツキ(粒)
   表面に引っ掛かりがあるので、ある程度切ることができます。弾みが抑えられているので、短く止めやすいです。同じモーションからプッシュなど混ぜると相手によく効くと思います。

   カット
   これは裏も粒も同じなのですが、ブレードサイズが小さいため、回転量はあるものの抑えにくいです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
   ショートサーブは短く止まり、ロングサーブは深く出せる、長短がしっかりつけれるというのがこのラケットの利点です。また、コンパクトブレードなので、YGサーブなど手首を使うサーブがとてもやりやすいです。しかし、重心がラケット先端に無いので、遠心力が小さく回転量のMAX値が微妙です。

   レシーブ・台上技術
   インナーらしい適度な球離れがあるので、相手の回転の影響もそこまで受けずにレシーブできます。チキータなどもコンパクトブレードなので、手首をひねりやすく回転を非常にかけやすいです。フリックも弾きが良いのでやりやすいです。ストップもツッツキ同様、弾みが抑えられるので安定感が高いです。

   レシーブ・台上技術(粒)
   王道04の球離れと粒の硬さによって、フリックやリフトなどの弾く技術がやりやすいです。しかし、しっかり弾くことができないと、リベリオンの引っ掛かりで回転の影響を受けてしまうことがありました。

[おすすめな方]
  両面に粘着テンションや硬めのスピン系テンションなどの重いラバーを貼りたい方おすすめです。カチカチの粘着ラバーにはあまり合わなそうです。
   また、弾みが丁度良く回転も十分掛かり癖も少ないので、初中級者でまだ戦型がしっかり固まっていないという方には使ってほしいです。カット以外なら結構万能ラケットです。また、レシーブや台上がやりやすい点も初中級者にうれしいですね。
   さて、粒の話になるのですが、ブロックで書いたようにペン粒ならいいと思います。シェークの場合、粒を攻撃的に使いたいという目的ならよさそうです。そういえば、私がラケットを借りた友達も表のように使っていたような気がします。粒は硬めのものがいいです。
[まとめ]
  なんか王道04とリベリオンのレビューみたいになっちゃいましたね(笑)。
   私がこのレビューで「コンパクトブレード」や「ブレードが小さい」と書いた数、おそらく9回です。それだけブレードサイズがプレーに影響するのだなと感じました。他のラケットとは違う合板構成、明確なコンセプトがあり、非常に魅力的なラケットです。このラケットがジャストフィットする方は少なくはないはず、、、ぜひみなさん試して下さい。
王道04【WRM】の詳細はこちら