サーディアス












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
  OSP製ヴィルトーソ+ ラウンドストレート (R-ST)
  フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  バック(B):スピンアート 特厚、赤
[レビューする商品名]
  バタフライ製 Sardius FL
[使用環境]
  F面:
  ・DHS製キョウヒョウNEO3(一般用八角)、40°、赤
  ・DHS製省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、2.15 mm、39°、黒
  B面:
  ・アポロ5、40°、黒
  ・スピンアート、特厚、赤

  今回は
  省チーム用キョウヒョウNEO3ブルスポとスピンアートの組みあわせのレビューとさせていただきます。
[はじめに]
  かなり古いラケット、Sardiusをレビューさせていただきます。
  自分の父のラケットからパクってきたラケットですね。
  このラケットは、インターネットが普及する前は大したことないカーボンラケットだと思っていたのですが、インターネットで調べてみると、プレミアがついているようで結構高値で取引されているようです。

  激レアラケット.comというサイトで19,800円で取引されていて驚きました。

  このラケットは、バタフライ製のラケットでアウターにTAMCA5000といういわゆるカーボンががっつり配したラケットです。
  軽くて硬くて弾むラケットですね。
  どの位置かわかりませんがヒノキも使用しているので、ヒノキ×カーボンの組み合わせで、もうぶっ飛び中のぶっ飛びで良いと思います。
  しかも重さと厚さは以下のようになりました。
        重さ  厚さ
  Sardius FL 86 g  7.10 mm
  厚さ7.10 mmってもはやしならせる気なしですね汗。
  弾いて直線的に飛ばす系のかなり攻撃的なラケットだと思います。

  かなりおもろいラケットでもあると思い、今現在の自分の標準ラバーで比較してみようと思った次第です。
  それでは駄文にお付き合いください。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・Fドライブ
  めちゃめちゃ入れやすいです!
  驚きでした。
  そして気づきました。
  なんか、バドミントンとか羽子板とかそんな感じです。
  つまりボールの回転関係はあんまり関係なくてネットを超えるように弾いて、あとは相手のコートに自由落下させてやる感じです。
  ドライブ回転をかけて弧線を描くとかではなかったです。
  でも入れやすいんですけど、逆にイボとか普段打たない球質のボール打たれたら途端にミスの山を気づきそうな感じでした。
  TAMCA5000の打感はかなり硬いので、ループドライブなんかはいい感じにドライブかかってましたが、それでも回転量だけどラケット重量のせいか軽そうなボールになっている印象です。
  多分、5枚合板、欲を言えばヴィルトーソ+で打ったドライブと比較すると軽いんじゃないかと思われます。
  スピードドライブは、ドライブというよりはドライブスマッシュ(ドマッシュ)って感じでした。

  ・Bドライブ
  スピンアートはあわないです。
  あわせて一発で感じました。
  F面はブルスポなんで柔らかさもあってまだ使えると感じるんですが、スピンアートは弾み控え目、硬くて回転重視なのに、回転もかからず食い込ませ流のも難しく、弧線も描かずめちゃめちゃやりにくかったです。
  悪い意味でお互いの良いところを潰しあって、悪いところを引き出しあっている感じでした。
  つまり、Sardiusの良いところ=軽くて超ぶっ飛び直線ボールを、スピンアートの良いところ=回転のかかって弾み控え目、潰しあって、弾みにくいし回転もかからないし、となってしまっています。
  そして、Sardiusの悪いところ=回転かけにくくて弾みすぎるところと、スピンアートの悪いところ、硬くて弾みにくい、が引き出しあって飛んで欲しくない時に弾いて、飛んで欲しい時に弾いてしまって、しかも微調整もしにくい、と本当に悪さばかり目につく感じでした。
  正直、アポロ5の方がかなり好感触でしたね。

  ・ミート打ち
  これはやりやすいです。
  というか基本的にミート打ちが良いかも。
  相手の回転とか無視できそうなら全部FもBも叩いた方が回転とかスイングとか関係なくてややこしくなくて良いです。
  角度打ちもやりやすいです。
  ただ、40 mmプラボールになってボールがめちゃめちゃ失速するので、かなりフットワーク力は必要な気がします。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
  ヒノキが自分には柔らかくて軽い素材に感じるせいか、思ったよりやりやすかったです。
  ただ、FもBも回転の影響を受けやすいラバー同士なので、重いボールを打たれると無理ですね汗
  もろに回転の影響を受けるんで、きついです。
  カウンタードライブは、Fならギリギリいけそうでした。
  でもかなりむずい。
  カウンターもスマッシュ系の方が良いかもしれません。

  ・ツッツキ
  入ると攻撃的な流れる鋭角ツッツキができます。
  が、回転の影響を受けながらそんなボール、試合で出せるとは到底思えなかったです汗
  回転がかけにくいので、どうしても安定感が欠ける印象でした。

  ・フィッシュ&ロビング
  これ!これはめちゃめちゃやりやすかったです。
  というか、完全に有機溶剤系接着剤を使っている感覚に近かったですね。
  後ろからでも打てるんで、引きつけてカキーンって打つ感じです。
  そういう感じが好きならあうと思います。
  若干、水谷隼SZLCに似ているのですが、こちらの方が、板厚があって軽いので、押されにくくて扱いやすさはあると感じました。
  でも、どちらも台上がかなり難しいです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・サーブ
  サーブは意外と硬いので弾道はかなり良い感じでした。
  しかし回転量は怪しいというか、結構棒球になってそうでした。
  ナックルなら良いのですが、切ったつもりでチキータを食らいそうなサーブが結構出てる印象でした。

  ・レシーブ
  自分より格上の人からわかりにくいサーブを出されたらかなり厳しいです。
  一発ギャンブルでスマッシュ狙うのはアリかもしれません。

  ・台上技術
  切らずにフリックで押し込んでしまうのはかなり良いと思います。
  打感が軽くて硬いので、結構インパクトで持っていけそうな感じがしました。
[おすすめな方]
  ・スマッシュ大好きな方
  ドライブで攻めるというよりは、スマッシュ主体の方が狙いまくるのに向いていると思いました。
  実際、自分の父は現役時代ペン表のスマッシュマンでしたので、この手のラケットを持っていても納得でした。
  最近ではいないですが、中・後陣から角度打ちとか乗せ打ちで粘っていく人にはあっていると思います。
  自分が学生時代にそういう選手を見たことがありますが、もう絶滅危惧種だと思います。
  その方はめちゃめちゃ上手かったですね。

  ・一発で決めることにこだわりたい方
  このラケットなら、ノータッチエースを出し続けると思います。
  使いこなせれば、の話ですが。
  ドライブよりはスマッシュの方が良いと思いますが、軟テンション系のラバーで、かつボールの回転の影響が受けにくいラバーをあわせるとドライブも結構安定しそうな気がします。
  ボールの回転×スピードで攻めるというよりは、スピード重視で回転は二の次で打ち込むのが好きな方はこのラケットがあうと思います。
[まとめ]
  Sardiusは
  ・ヒノキ×カーボン×板厚7mmの超ぶっ飛びアグレッシブラケット!
  ・ドライブではなく、スマッシュで試合を決めるという方、あるいは角度打ちが好きな方のためのラケット
  ・ノータッチエースで打ち抜きまくりたい超スピード重視のラケット
  でした。

  バタフライのラバーに例えると、ぶっ飛びでも水谷隼SZLCとかはテナジーで、Sardiusはテナジーではなくブライスハイスピードの方向性のラケットだと思います。

  かなり好みが別れるラケットだとは思いますが、とんがった卓球がしたいならありと言えるラケットだと思いました。
  ちょっと変わったことをするのが好きな方には是非おすすめしたいです。