インナーフォースレイヤーZLC













投稿者:くろかみ
[自己紹介]
  高1、中ペン裏裏、都1勝レベル。今回は、筆者が長らくメインで使用していて、安定した売り上げを誇るあのラケットを立ち返ってレビューしたいと思います。

[レビューする商品名]
  バタフライ   インナーフォースレイヤー ZLC

[使用環境]
  メーカー説明文↓
  「ボールをつかむ感覚」が特長であるインナーファイバー仕様のラケット。軽量でありながら弾みの高さとしなやかさを併せ持つZLカーボンがハイレベルなプレーをサポートします。

  「インナーフォースレイヤーZLC(以下インナーzlc)」は2015年にバタフライ社から発売されたインナーカーボンラケットです。過去には「インナーフォース」シリーズが販売されていましたが、これを廃盤にして、軽量化などにより大衆向けに改良した同レイヤーシリーズを新たに発売しました。ZLCは剛性感としなやかさの両立を謳って開発された特殊素材で、今でも多くのブレードに採用されています。トップ選手の使用実績は言うまでもなく、売上も安定しているバタフライ社の看板商品となっています。
  さて、開封した時のことを思い出してみると、外装箱やグリップを見た段階で、まずデザインや質感の高さに惹かれました。ブランド化しているだけあって、完成度は全メーカートップクラスを維持しています。
  球突きすると、特殊素材らしくカンカンと甲高い音が鳴ります。当時はZLCも木材に近い打感と言われましたが、今は他社がほぼ木材といえる打感の素材ラケを続々と開発しているため、その中ではインナーZLCでも硬さを感じる方になります。また、シェークは前インナーフォースシリーズよりブレードサイズが小さくなりましたが、筆者が使用している中ペンは前より大きくなっていて、やや縦長です。グリップは、中ペンは細めの末が広がらないタイプのもので、握りやすく日本人好みの形になっています。
  重量ですが、筆者は重量指定85gで注文したため参考までに。中ペンのメーカー公表値は86gのため、おおよそ平均重量の個体です。
  今回の試打ではバタフライ社で最も売れているインナーALCとの比較も交えながら解説していきたいと思います。

[はじめに]
  0   基礎打ち、軽打
  軽打から食い込みを感じるインナーらしさが出ていました。確かに木材の打感がして、カツっと引っ掛かる感覚もありました。しかし、現代のインナーのように吸い付くような食い込みは感じられず、球離れや硬さは確保されていました。弧線もやや低く、適度なカーボンらしさを残しているという感じでしょうか。
  また、よく言われるALCとZLCどちらが硬い論争なのですが、過去に筆者が張継科シリーズを打ち比べたときは打感だけならZLCの方が硬かったです。カーボンらしさはZLCの方があるのに食い込みもZLCの方があるという不思議な性質がややこしくしていると思われます。インナー同士では木材が厚いインナーALCの方がはっきり柔らかく感じました。
  ・打感の硬さ
  インナーZLC>インナーALC
  ・軽打での飛距離
  インナーZLC<インナーALC
  ・弧線
  インナーZLC=インナーALC

  1   ドライブ   9.0点
  多くのレビューに書かれていますが、とにかく「バランス」が非常に良いです。回転をかけようとした時に、木材合板はしなって弾みがロスする、硬いカーボンや合板は球離れが早くて飛んでしまうなど色々な悩みが生まれてきますが、その点インナーZLCは打ち方の自由度も高く、安定した弧線で伸びのある球が飛ばせて高バランスです。また、レイヤーになり振り抜きが良くなったことで、幅広い層が性能を引き出しやすくなったと思われます。非力な筆者も、下回転打ちを一発で抜けるようになったりと、スピードと回転量を強く生み出せるようになりました。擦った時もしっかり掴んでくれてよく掛かりますが、食い込ませた時の感触の方が個人的に好みでした。また、インナーZLCはスイートスポットも広く感じ、当たらずにネットミスすることが少なかったです。
  しかし唯一今でも無くならない違和感があり、それは強く食い込ませた時の飛びが強すぎることです。最大値はアウターに近い弾みを出せるのに軽打では大して飛ばないため、飛距離のギャップが大きいのが慣れませんでした。インナーの特徴を色濃く出しているので、ここは好き嫌い分かれそうです。その点ではインナーALCはある程度軽打でも強打でも均一な弾みを得られるので扱いやすいですね。
  ・回転量
  インナーZLC=インナーALC
  ・かけやすさ
  インナーZLC<インナーALC
  ・強打での飛距離
  インナーZLC>インナーALC

  2   カウンター   9.0点
  上から被せて回転を上書きするように擦って返す方以外なら、ZLCはかなりカウンターで力を発揮する印象です。潰されない剛性感と球の掴みのバランスが良く、合わせるだけでも簡単に返せました。

  3   スマッシュ・フラット系   8.0点
  インナーらしく、適度にやりやすかったです。強打になるとよく飛びますが球を持つので硬いラケットのように気持ちよく弾けませんでした。また、強く食い込むと想像以上にぶっ飛ぶためコントロールが効かないときもありました。
  ・弾き
  インナーZLC≧インナーALC
  ・スピード
  インナーZLC>インナーALC

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  1   ブロック   8.5点
  ALCに比べて押されにくくやや飛ぶなと思いました。確かに板厚は薄いのですが、カーボンの硬さを感じることなく木材の打感のまま抑えてるような、不思議な感触でした。

  2   ツッツキ   7.5点
  インナーらしく弱いタッチで吹っ飛ぶことがないため、台上の細かいタッチは問題なくできました。ただ、カツっと擦れる硬い上板ではないので、下回転を切った感触はあまり伝わって来ませんでした。また、全体的に良くも悪くも球足が速くなりました。

  3   カット   測定不能
  カットブレードではないので測定不能としましたが、皆さんご存知の通り、バタフライ社はインナーシールドZLF(廃盤)という繊維入りカットラケットを販売していた過去があります。ZLFという繊維はしなやかなので、カットも掴んでから切ることができる性能を持ちます。なので、カーボンの弾みを除けばインナーZLCも単純にカットしやすかったです。

  4   フィッシュ、ロビング   8.5点
  飛ばそうと思えば応えてくれる上に、ちゃんと掴むので、軽く当てるだけで深く伸びる球が出せて反撃のチャンスが生まれました。筆者は過去アウターZLCで下がった時のプレーに感動した経験があるので、その鮮烈さには及びませんでしたが。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  1   サーブ   8.0点
  木材に比べると止まり具合やかけやすさは劣るものの、サーブが浮きづらいのが良かったです。また、ロングサーブのスピードも速く、コースを突くのに向いていて操作性が良い点が伺えました。

  2   レシーブ   8.5点
  そつなくこなせる感じがよく出ていて、本当にどの技術もやりやすいです。合わせるだけでもアウターや硬い木材のような難しさはなく、コントロールしやすかったです。また、中ペンは細めのグリップにより面の角度を変えやすく、操作性も良かったですね。

  3   ストップ   7.5点
  木材の当てただけで勝手に止まる感覚を覚えていると少し長くなりがちでした。最近はカーボネード(スティガ)のようにアウターでもストップが止まるラケットは増えてきて、技術の進歩を感じます。また、先程も述べましたが、上板が硬くないので上書きしにいくのも気を使う印象でした。

  4   フリック   8.0点
  程よい球離れとカーボンの硬さがあるので、食い込ませ気味に弾くと安定して入りました。

  5   チキータ、台上ドライブ   8.5点
  軽いタッチでも掴んでくれるので、回転をかけてから木材のような高い弾道で打てました。中ペングリップは裏面の角度も作りやすく打ちやすかったです。

  ・台上の総合評価
  インナーZLC>インナーALC

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  中級者の正統派ドライブマンにおすすめです。正直筆者も2年ほど使用して大分扱えるようになってきた程度で、まだ使いこなせてない感はありますが、このラケットのバランスや掴みの良さに助けられています。現状のカーボンラケットの中では柔らかくて繊細な部類ではなくなったものの、ある程度止まり、振った時の抜き性能も持つ2面性が強いのがこのラケットの強みであり、好みが分かれる部分ですね。そういう意味では、柔らかく軽打でも強打でも割と均一に弾む(&安い)インナーALCの方が手を出しやすく売上の差につながっているのかなと思います。
  また、インナーZLCは食い込むのにはっきりした打感があるため、木材よりもカーボンが好きで、現状より操作性や威力を求める方に合っていると思います。そして、硬いラバーを合わせても柔軟に対応できるブレードではありますが、意外とレイヤーでも重量は軽くないので注意が必要です。

[おすすめな方]
  高価格により注目されづらいものの、それに見合った唯一無二の性能を持ったラケットでした。正直筆者ももう少し弾みを抑えて球持ち重視の板に乗り換えようと考えたこともありますが、打感のナチュラルさ、ドライブの打ち分け、スイートスポットの広さ、そして万能性を考えると結局インナーZLCに戻ってきてしまいました。バタフライラケの完成度の高さは流石です(笑)。ただし良くも悪くもインナーらしさ全開のラケットなので、筆者のようにインナーが好きだったりある程度のカーボン性能が欲しかったりする方以外だと、インナーALCやアウターに比べて打感が不自然に感じると思います。
  発売してから3年、廉価なモデルや新素材も多く出ている現在だからこそ、インナーが好きな方は一度経験して欲しいラケットでした。