ウルティメイトカーボン












投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  ・卓球歴:20年以上
  ・戦型:シェーク両ハンドドライブ
  ・現役時代の成績:中学、高校と予選大会トーナメントを勝ち抜いて県大会出場
  ・メイン用具
  OSP製ヴィルトーソ+ ラウンドストレート (R-ST)
  フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  バック(B):スピンアート 特厚、赤

[レビューする商品名]
  ウルティメイトカーボン R-ST

[使用環境]
  フォア(F)面:省チーム用キョウヒョウNEO3ブルースポンジ、40°、2.15mm、黒
  バック(B):スピンアート 特厚、赤

[はじめに]
  本職ラケットのOSP製ヴィルトーソ+や他の特殊素材入りラケットとの比較を兼ねてうるティメイトカーボンをレビューさせていただきます。

  結論から申しますと「木材感と特殊素材感がバランスが良い、7枚合板×インナー特殊素材という新領域のラケット」でした。

  それではレビューです。
  ウルティメイトカーボンが販売開始時カーボン3枚入ったラケットという情報が先行してました。実際に購入して手に取り側面を拝見すると薄い素材が3本入ってます。2枚の配置はインナー位置であとは芯材にカーボンが使用されています。カーボン3枚ですが側面の様子やレビューから完全にインナー系と判断しました。
  続いて重量や厚さになります。
  インナーということでインナーフォースレイヤーZLC(以下インナーZLC)との比較も入れていきたいと思います。
                                             重さ        厚さ
  ウルティメイトカーボン
  メーカー値                         90.8 g    5.66 mm
  実測値                                92.0 g    5.70 mm
  ヴィルトーソ+
  メーカー値                         87.0 g     5.75 mm
  実測値                                88.0 g     5.83 mm
  インナーZLC
  メーカー値                         87.0 g       5.70 mm
  実測値                                96.0 g      5.86 mm

  日本に着くと、水分を吸うのかOSPのメーカー側の測定値よりどれも重くて厚いです。OSPの技術力なのでしょう、ヴィルトーソ+の方が板厚なのにウルティメイトカーボンの方が重いです。重いので球質の高いボールが打てそうですね。
  ウルティメイトカーボンは6枚合板+3枚カーボンなんで、芯のカーボンが木材なら7枚合板+カーボン2枚という構成のラケットと類似ではないかと思いました。なので5枚合板のヴィルトーソ+よりも板薄で重いのだと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ウルティメイトカーボンの軽打は確かにポコンポコンって感じの打感でめちゃめちゃ柔らかいです。この辺りは上板のリンバが前に出ていてかなりの球持ちを感じました。
  ・ドライブ
  かなりいい感じです!ループや入れにいくドライブでは木材でもどちらかというと7枚合板よりの打感と球威で、5枚合板のように浅くなったりは少ない印象でした。そしてスピードドライブや弾くように打つときはアウター特殊素材ほどのスピードは出ませんが木材らしい安定感とアウター特殊素材に近いスピードが出る印象でした。自分としてはバックハンドドライブやチキータは回転重視で入れに行けるし、フォアドライブは勝負に出ることができて好印象でした。

  威力
  ウルティメイトカーボン > インナーZLC > ヴィルトーソ+
  打ちやすさ
  ヴィルトーソ+ ≧ ウルティメイトカーボン > インナーZLC

  ・スマッシュ、ミート打ち
  上板が柔らかくて板厚も薄いのに、芯にカーボンが入っているためか、厚く当てるとかなり硬さを感じました。この硬さがミート系の打ちやすさを促してくれている感じでした。軽打の印象からは想像できない打ちやすさでしたね。

  スピード
  ウルティメイトカーボン > インナーZLC > ヴィルトーソ+
  打ちやすさ
  ヴィルトーソ+ ≧ ウルティメイトカーボン > インナーZLC

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
  板厚は薄いのですがラケットが重い分、想像以上に押されませんでした。なのでブロックも意外とやりやすかったです。しかも球持ちがあるんでカウンターっぽいブロックや球の勢いを殺すブロック、いなすブロックもやりやすかったです。かなり高性能です!
  打ちやすさ
  ウルティメイトカーボン ≧ インナーZLC > ヴィルトーソ+

  ・ツッツキ
  柔らかいんで、低いツッツキをしやすかったです。柔らかい分、少し回転量は下がる印象でしたが、レシーブ返球時は回転よりも返球のボールの低さが重要なので、かなり使えると感じました。
  回転量
  ヴィルトーソ+ > インナーZLC ≧ ウルティメイトカーボン

  ・カウンタードライブ
  普段は引き付けてカウンタードライブを打つ方なのですが、このラケットだと打点の速いカウンタードライブもかなり打ちやすかったです!試合で入れるにはその前のボールから仕掛ける必要はありますね。

  打ちやすさ
  ウルティメイトカーボン ≧ インナーZLC ≧ ヴィルトーソ+

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・サーブ
  ここでやや不満が出ました。サーブがやや浮きやすいというか、かなり厚く弾くように当てないとナックルロングサーブが早くなりにくいと感じました。上板リンバで打感も柔らかいので、他のラケットの方が同じ力で回転をかけたとき回転量のMax値は上だと思います。球を掴む分、少しエネルギーロスしてしまうんですよね。逆に打ちやすさ、コントロールのしやすさは抜群でした。

  スピード
  ウルティメイトカーボン > インナーZLC > ヴィルトーソ+
  回転量
  ヴィルトーソ+ > インナーZLC > ウルティメイトカーボン


  ・レシーブ
  木材でレシーブするように上書きでツッツキやチキータが安定するのでやりやすかったです。このあたりは特殊素材らしさが前に出てこなくてやりやすかったです。

  やりやすさ
  ヴィルトーソ+ ≧ インナーZLC ≧ ウルティメイトカーボン

  ・台上技術
  ストップ返しやりやすかったです。上板リンバで打点を落としたストップがかなりやりやすかったですね。しかし弾く系のフリックがちょっとやりにくかったです。打感が柔らかいのでソフトに打つと落ちてしまいます。思い切りよく強く打つことが必要だと感じました。

  やりやすさ
  ヴィルトーソ+ ≧ インナーZLC ≧ ウルティメイトカーボン

[おすすめな方]
  ・アウター特殊素材では安定せず、だからと行って7枚合板では安定するけど威力に不満を持つ方
  ・7枚合板からさらに威力を上げたい方

  7枚合板+特殊素材構成のラケットをほとんど使ったことがなかったですし、ましてや7枚合板構成でインナーに特殊素材というのは自分は見たことがありません。しかしこのウルティメイトカーボンはまさに7枚合板×インナー系のラケットではないかと思います。
  7枚合板×アウター特殊素材系のラケットといえばギャラクシャカーボンやFortius FT ver. Dが挙げられ流でしょう。ギャラクシャカーボンについては使ったことがないのでわかりませんが、Fortius FTも類似のコンセプトのようですが、カーボンがかなり大人しいです。Fortius FT ver. Dよりもよりカーボン入り7枚合板に寄せたラケットがウルティメイトカーボンだと思います。

[まとめ]
  ウルティメイトカーボンは
  「木材感と特殊素材感がバランスが良い、7枚合板×インナー特殊素材という新領域のラケット」でした。ヴィルトーソ+と比較するとより攻撃的にも関わらず、かなり扱いやすかったです。扱いやすいからこそ威力 (回転量×スピード)は、やや劣るようにも思います。

  ヴィルトーソ+は
  威力の部分を完全に回転量で求める高性能ラケット

  インナーZLCは
  威力の部分が、ソフトに打つと回転量、ハードに打つとスピードに求める変わったラケット

  ウルティメイトカーボンは
  威力の部分を回転量とスピードの両方の合計値で求めるラケット

  というように感じました。
  やっすんさんが使っているのを見ると、アウター特殊素材のようなスピードに見えてしまいますが、アウター特殊素材という感じではなく、7枚合板×インナー特殊素材が一番しっくりきました。

  回転量×スピードを可能な限り高いレベルで追求した木材系ラケットだと思います。

[補足]
  ヴィルトーソ+と比較すると、正直遜色ないです。
  あとは好みだと思いますね。
  インナーZLCはZLCらしさが自分には難しいと感じさせられまして、インナー特殊素材の中で一番使いやすいラケットがウルティメイトカーボンだと感じてます。
  最近は練習量がかなり制限されてきてしまっているので、ヴィルトーソ+を本職でまだまだ頑張ろうと思います。