モリストSP AX












投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  モリストSP AX【Nittaku】

[使用環境]
  スワットのバック面に中で使用しました。フォア面はヴェガヨーロッパの2.0mmです。

[はじめに]
   非常に回転がかかる表ソフトというメーカーの表現でしたが、球突きをするとその引っ掛かりに驚きました。球出しをするように相手コートに打つと裏ソフトのように弧線を描き、安定して入ります。確かに今までのモリストSPとは違うと感じました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)ドライブについて
   表ソフトとしてはびっくりするくらいかかります。ブースターSAより球離れが若干遅いので回転はよりかけやすいですね。回転系の表ソフトと比較しても、スピンピップスブルーやラクザPO、ビュートリーなどよりは明らかに回転量が上です。スポンジも若干柔らかめで食い込みもよく安定感も高いですね。ドライブを主戦力とするのであれば表ソフトとしては非常に武器になります。離れての打ち合いでも飛距離が出てくれるので好感触でした。ただ、弧線が強い分、癖玉などは出にくいので、きれいなボールにはなってしまいます。
  (2)スマッシュについて
   表ソフトらしくスピードのあるスマッシュを打つことができますが、スピードとしてはスピネイトやブースター系には劣ります。ただ、ラバーの引っ掛かりがあるので、ある程度ラケット面が崩れていても入るという感覚です。その点に関しては表ソフトらしくはないかと思いました。そういった意味では、裏ソフトと大きく変わらないかもしれません。
  (3)ミート打法について
   ナックルにはちょっとなりにくいので表ソフトらしさでの得点は技術が必要だと思います。意識すればナックルにすることは可能ですが、どちらかというと安定感のある連打タイプに向くと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ツッツキ
   回転をかけやすいのでツッツキしやすいです。勝手に飛んでいく感じはしないので、回転系の表ソフトの感覚でツッツキできます。ナックルの早めのツッツキは簡単にはなりにくいので、変化というよりは安定する感じです。
  (2)ブロック
   こちらも回転性能の高さで安定しますね。裏ソフトよりはナックルが出るので多少の変化も出せると思います。
  (3)カウンター
   ブロックよりカウンターの方が得点につながりやすいと思います。回転を自分からかけられるので、タイミングを合わせるとカウンタースマッシュよりカウンタードライブの方がいいですね。ボールがあまり落ちません。
  (4)カット
   モリストSPより弾むのでカットマンが使うにはちょっと弾みすぎるかもしれません。しのぎで使う分にはしっかりと切れますが、何本もというと難しいかもしれません。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   しっかりと回転をかけることができるので、横回転サーブの曲がりは好感触でした。ロングサーブのスピード感は若干物足りないかもしれません。
  (2)レシーブ・台上技術
   ツッツキやストップはもちろんですが、チキータのしやすさにびっくりしました。裏ソフトより個人的にはしやすいかもしれません。また、よく曲がります。スピードはそれほどではありませんが、相手を崩して先手を取るプレーヤーにはお勧めです。

[おすすめな方]
   裏ソフトからバック表ソフトに変えたいという人、ペン表の人におすすめです。一番の売りは「回転性能の高さ」なので、このラバーで「ナックルで勝負」するのは向いていません。表ソフトの変化を若干出しながらも先にミスせず得点したいというタイプに合うと思います。弾みもそこまでではありませんので、慣れるまでもそんなに時間がかからないと思います。また、合わせるラケットは木材かインナーくらいがちょうどいいと思います。あまりに弾むラケットだとバランスが崩れると思いました。

[まとめ]
   回転性能の高さはもちろん、程よい弾みが個人的に安定感の高さに大きく関わっていると感じました。勝手に飛んでいく感覚があまりないので自分の力でコントロールできるところも大きな武器だと思います。回転はかかります。しかし、弾みはブースターやスピネイト、インパーシャル系には負けますが、その分、リスクの少ない卓球ができます。表ソフトなのですが、プレーの幅が大きく広がる。そんなラバーです。モリストSPよりナックルは出ませんが、安定したプレーのしたい人は使ってみてください。