V01スティフ











投稿者:けい
[自己紹介]
  20代後半で週2〜3回練習しています。
  経験年数としては中学3年間+直近2年程度になります。

[レビューする商品名]
  VICTAS V01stiff

[使用環境]
  使用ラケット
  nittaku ラティカ
  Butterfly インナーフォースレイヤーALC(以下インナーALC)

  いずれも
  スポンジ厚2.0mm
  B面にVICTAS V01を使用

[はじめに]
  真新しいラバーのレビューではありませんが予めご了承ください。
  V15シリーズを使用している方が現在は多いかと思いますが、V01シリーズは他サイトでもレビュー数が少ないので、興味がある方の参考になれば幸いです。

  スポンジ硬度45°

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ●下回転に対するドライブ
   持ち上げやすいです。スポンジのコシがあり、シートの引っ掛かりが十分に発揮されている印象があります。回転量も申し分ありません。
   他のラバーと相対的にみると低い弧線の部類に入ると思います。

  ●上回転に対するドライブ
   かなり直線的に飛びます。回転がかかりづらいわけではありませんが、打球のタイミングがずれるとネットすれすれになることが多いです。
   中陣でのドライブはラティカ(木材5枚合板)だと弾みが弱いため、ボールの威力・スピードが落ちます。
   インナーALCは中陣からでも十分強いボールが打てます。
   あまり下がらず前陣でのプレーが中心であれば、弾みが弱くても軽くて取り回しの良いラケットの方が向いていると思います。

  ●スマッシュ
   柔らかいラバーで打った時のスポンジが負けてる感(?)はないです。打ちやすいと思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ●ブロック
   少し回転の影響を受けやすい印象です。
   押し負けるという感じではありませんが、ラケット角度の調整がシビアに感じました。
   ラティカよりもインナーALCの方がブロックし易かったので、やや硬めのラケットの方が相性がいいかもしれません。

  ●ツッツキ
   回転の緩いツッツキに対しても、回転のかかったツッツキに対してもやりやすいと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ●サーブ
   回転もかけやすく、速いロングサーブも出しやすいです。

  ●レシーブ・台上技術
   ストップが少し浮きやすい印象があります。慣れれば特に気にならないと思います。
   フリックはやりやすいです。
   当たり前ですが中途半端なラケットの当て方になってしまうとしょうもないボールが出てしまいます。
[おすすめな方]
  ●前陣での速い展開が得意な方
  ●中陣からのドライブの弧線を低くしたい方
  ●ハードヒッターの方

[まとめ]
   弧線の低さは武器にもなりますが、安定性の面で見るとリスクでもあることは想像しやすいところです。
   前提条件として回転をしっかりかけれられるという方でないと使いづらいラバーだと思います。
   私のレビューとやりたいプレーが合致している方は一度使ってみてください。