シュメルツ


















投稿者:ぬりかべ
Sauer&Troger社 Schmerz(赤・OX)
 ※バイオリン中国式に貼って試打しました。裏面はアポロ5超極薄(黒)です。
  その後、デフプレイセンゾー中国式(裏面は太陽PRO極薄皮付き)にも貼り直しました。

1.ざくっとレビュー
 超低弾性ながら攻撃もしやすく、やりにくい技術がない、守備寄りの万能型粒高ラバー。

2.第一印象
 粒の半径はやや大きく、粒と粒の感覚は狭いように思います。触った感じではやや硬め。重さは、グリップの根元まで貼って17g。球突きをしたところ、粒の硬さほどには打球感の硬さはなく、かなり弾みを抑えているように感じました。

※以下の点数は、すべて「粒高として」の点数です。
3.攻撃技術
 プッシュ 8.5点(スピード7.5 球質・変化9.5)
 スマッシュ 8.5点(スピード7.5 球質・変化9.5)
 ドライブ 7点(打ちやすさ8 威力6)
 シュメルツの攻撃時の特徴は「攻撃しにくいボールがない」「安定感と自在性が高い」ことですね。まず、粒が硬いので上回転を強打しても粒が倒れにくく、粒高の欠点の一つである「上回転への攻撃しにくさ」はありません(詳しくは守備技術のところで説明します)。また、粒が硬いラバーは「回転をかけようとすると滑りやすい」という欠点を持っていることが多いのですが、このラバーは弾みが抑え気味なぶん球持ちがよく、ボールが落ちにくいように思います。そのため、ナックルボールに対して回転をかけて返すことができるので、対ナックルでも困りません。
 攻撃全般では、スピードはさほどありませんが、粒が硬いので弾きやすく、プッシュやスマッシュなどのフラット打法は使いやすいですね。基本的にはナックルとなりますが、プッシュではボールの斜め後ろをとらえて打つと相手の回転を残してとぶので揺れたり曲がったり沈んだりと、弾道が大きく変化し、返しにくいボールとなります。スマッシュで流し打ちをした場合も同様です。

 ドライブは、先述したように「ボールが落ちにくい」という長所があるため、ほかの粒高と比べて回転量がやや多く、打ちやすいように思います(粒が倒れにくいため、ループドライブを打とうとするとボールが落ちますが)。回転重視の意識でドライブを打つととりやすいボールになるらしく、何人かの選手にドライブを受けてもらいましたが、「中途半端に回転がかかっているので、返しやすい」とカウンターを何本も食らってしまいました。しかし、安定感が高いのでつなぎのボールとしては十分ですし、角度打ちと混ぜることで球質やスピードの変化を生むことができ、ほかの打法との組み合わせで生かせるかと思います。

4.守備技術
 ブロック 9点(切れ7.5 止めやすさ10 変化のつけやすさ9.5)
 ツッツキ 7点
 カウンター 9点
 ブロックでは、普通に当てるだけでも2バウンドになるぐらいの低弾性で、弾道も低めです。軽く押すとボールが伸びて相手コートに深く入り、前後の揺さぶりがやりやすくなっています。粒が倒れにくいのでスピン反転能力はあまり高くなく、GrassDtecsのように異様に切れたブロックは出ません。カットブロックで切り落とすと、切れは普通の粒高と同じぐらいか少し良い程度でしょうか。しかし、大き目にスウィングすると十分な切れがあり、しかも低弾性の影響で安定して台に収まります。当てるだけのブロックではほぼナックルになるため、切ったボールと切らないボールの回転量の差が大きく、相手のミスの誘いやすさは抜群です。当てるときにラケットを横にスライドさせると相手の回転を残して返り、相手の手元で曲げたり揺らしたりと、弾道の変化もつけやすくなっています。
 攻撃のところでも述べましたが、このラバーの大きな特徴として、「上回転のボールに対する攻撃がしやすい」ことがあげられます。そのため、ループドライブに対するカウンタースマッシュやプッシュが抜群にやりやすく、相手にカットブロックを持ち上げさせたボールを叩く、という展開が使いやすくなっています。

 ツッツキを打ってみると、思いのほか弾道が低く遅いボールが出ます。回転量は「ちょっとかかっている」という程度で、ネットミスをとれるようなボールにはなりませんが、上から叩くには難しいボールになるので、つなぎのボールとしては申し分ないかと思います。相手の下回転に対してツッツキとプッシュを混ぜて球質の変化をつけたり、ツッツキで時間を稼いだり、といった使い方にはうってつけかと思います。ただし、ラバーが低弾性である影響から、深いツッツキは難しいように感じました。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 レシーブ 9.5点
 台上技術 8点
 レシーブに関しては、ブロックと同様に弾道が低く、回転の影響もあまり受けません。基本的に当てて返すだけでは低いナックルボールになるだけですが、上回転系のボールには上からはじいたりカットブロック気味に返したり、下回転系にはプッシュしたりツッツキやストップをしたり、と打法のバリエーションがあれば球質の変化をかなりつけられるので、相手にとってはかなり取りにくいようです(実際、練習相手は「変化形表のボールと粒のボールが来るからやりにくい…」とこぼしていました)。粒高が嫌うナックルサーブに対しても、自分からある程度回転をかけて攻めていけるので、返しにくいサーブは特にないといっていいでしょう。簡単にまとめれば、レシーブはスピードこそないが安定感は高く、変化がつけやすいと言えます。
 台上技術では、何といってもよかったのがストップ。裏ソフトのように切れるわけではありませんが、短くかつ低く抑えることが簡単にでき、相手コートでよく止まります。相手がプッシュやフリックを警戒している場合にかなり効きますね。フリックはボールが落ちにくいので安定して入ります。威力はさほどではありませんが、ストップと併用することでかなり効果があります。リフトもスピードはさほどありませんが、ドナックルになったり、相手の回転を残して返ったりしてかなりいやらしい球質になります。簡単にまとめれば、台上技術もレシーブと同様にスピードこそないが安定感は高く、変化をつけやすいといっていいでしょう。

6.お勧め構成
 バイオリン中国式の後に完全な守備用ラケットに貼って試打したところ、ブロックではカットブロックの切れが良くなったのですが、プッシュの変化とスピードが若干落ちたように思います。守備用ブレードに貼ってブロックの変化で点を取るのもよいのですが、このラバーの特色である「低弾性でありながら攻めやすい」という良さを最大限に発揮するのであれば、ある程度弾みのある(ミッドスロー以上)ブレードに合わせるとよいかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 扱いやすさを考えると粒初級者に貼らせてもよいかと思いますが、当てるだけで強烈に揺れたりスピンを反転したりするラバーではないので、初級者が貼ってもこのラバーの恩恵はあまり得られません。このラバーの真価である、スピードや回転量などの変化幅の大きさを引き出すために、「切る・切らない」「擦る・弾く」などの打法の打ち分けができる中〜上級者向きかと思います。
 ペン粒・シェークバック粒ともに使いやすいラバーですが、基本的に片面でいろんなプレーをしなければならないペン粒に、より向いているように思います。

8.総合評価
 ペン粒の中〜上級者であれば、攻守型でも止め専でも9〜9.5点をつけてよいラバーかと思います(シェークバック粒も同様)。粒初心者が使う場合は、ある程度の技術がないと性能を引き出しにくいものの、返球のしやすさは抜群なので7〜7.5点ぐらいつけてもよいかと思います。

9.その他
 これはまた、「優等生」としか言いようのないラバーが出ましたね。その上「止めやすさ」という尖った性能を持つとは…。試合用のラケットには、しばらくはSchmerzを貼ることにします。