エボニー

















投稿者:サーブマン
[自己紹介]
  最高で県で16くらいです
    Bクラスの団体ならば優勝させていただいた大会もいくつかあります。
    シングルスはBクラスでも8が限界です…笑
    実績は大した事ないので温かい目で見ていただけると幸いです。

    新しい用具、古い用具関係なく、手に入った用具を紹介していけたらと思います!

[レビューする商品名]
  エボニー

[使用環境]
  試打ラケット エボニー
  Fラバー 木星2ブルースポンジ
  Bラバー 太陽プロ極薄皮付きブルー

[はじめに]
  ソフトカーボンが入っているラケット
  合板にはない破壊力と、従来のカーボンラケットよりも暴れすぎないコントロール性を期待しています。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ[前陣 対上回転]◎
  前陣においては弧線を出そうとすると球を持ちすぎて最初はオーバーミスをしたのである程度身をまかせる様なスイングでちょうど良いように思う。従来のカーボンラケットであると球を持って飛ばすというよりも、ぶっ飛びで飛距離が出るというイメージなのでコントロールが難しい、しかしエボニーは操作性が非常に優れており、グリップを握りやすく球を持ってコントロールする、弾き擦るように強打するという両方がやりやすかった。前陣においては勝手に弧線が出るので後者の使い方がオススメだ。前者においては次に紹介する中陣や下がってからのドライブにおいて特徴を発揮するのではないかと思う。

  ドライブ[中陣 対上回転]◎
  中陣においては打点が落ちてもボールがしっかり上がるので、ネチネチ粘りやすい。カーボンラケットだと上級者ならばどこからでも超人的インパクトでぶっ飛ばせるので逆にこのラケットでは満足できないかもしれないが、逆に中級層にはドンピシャだ、インパクトがそれほど強くなくてもある程度球が上がってくれるなおかつ、カーボンラケットらしくそこそこ飛距離が出るので粘ったら引き返したりと十分満足できる。

  ドライブ[対下回転]◎
  エボニーの特徴としてツッツキ打ちの安定力を述べておきたい。試打中、コースがずれたりれ思っていたボールと違って体制を崩した時にもボールが上がったので驚いた。しかしこういったことは試合でとても多く役立つ性能であると思う。ツッツキ打ちをしていて思ったのは粘着ラバーは球持ちを、極薄ラバーは弾きをラケットがよくしていたように思う。なので極薄とも粘着とも相性がバツグンだ。もちろん一撃で打つときには球もしっかりと走ってくれるので決定力に欠けることはなくカーボンラケットの良さを兼ね揃えているように思う。
  普段よりもワンランク上のボールを出すだけの安心感があったように思う。

  カウンター[前陣]◯
  前陣でのカウンターは少し飛びすぎるかなと感じた。ボールを持つゆえに回転の影響を受けてオーバーすることがしばしばあった。このラケットで前陣でカウンターを狙うならば上から叩く程度で丁度良いかもしれないと思う。

  カウンター[中陣]◯
  下がってからの引き返し系カウンターは前陣とは逆に弧を描くのでやりやすかったように思うが普段の試合でほぼ使う事はないので、ここではあまり深くは書かない

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック◎
  全体的に相手の球威に押されない印象
  球が落ちたり等のミスが無かった
  なおかつ個人的に嬉しかったのはブロックに変化をつけやすかった点だ。特にバックに極薄を貼っていたので相手の強打に対してのブロックが落ちなかったことと、変化のついたブロックが簡単にできたことに驚いている、ブロックは非常にやりやすいと思う。

  ツッツキ◎
  これに関してはバックが極薄という事もあってか相当に良い、回転量、鋭さ、速さ、どれを取っても高い次元で高性能であると思う。

  ロビング△
  バックに極薄を使っているわりには意外と凌げるなという印象、中陣までならば極薄貼っていてもカウンター以外の入れるロビングやフィッシュは可能、ただやりやすい、やりづらいはそれぞれ、普段テンション貼っている、貼るならば十分にカウンターも可能、ラケット単体では下がってのプレーの性能は申し分ないと思う。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ◯
  切りやすいがたまに台から出る、練習すれば問題ない、やはり少しカーボンっぽい部分が出てるかなとも思う。

  レシーブ◎
  粘着と極薄貼っていたのでテンションでどうなるかはなんとも言えませんが、入れに行ったときに他の自分が持っているカーボンほどぽわらないので普段アウター系の特殊素材使っている人からしたらやりやすいが合板使っている人もそこまで問題なく使えるくらいの立ち位置のやりやすさかなと思う。

  台上◎
  ストップ
  粘着系と組み合わせる事でメチャメチャ止まってやりやすい、テンションだとややポワリに不安があるかも…?

  フリック◎
  弾く感覚が非常にやりやすいので台上技術の中ではトップクラスにやりやすいと思う。
  特に極薄と組み合わせたらもはやレシーブマスターの領域かなと…

  台上技術全般は本当に問題なくやりやすいです
  自分が今まで使った特殊素材系の中では一番のやりやすさだなと思う。
  操作性が非常に高く十分満足できる。

[おすすめな方]
  極薄ラバーを使っている方
  粘着ラバー(粘着テンション)を使っている方

  前中陣でオールラウンドにプレーされる方にはお勧めできるだけの性能を持っていると思います。
  安定して台に入れやすいので試合と練習でのギャップが少なく感じるラケットだと思う。

[まとめ]
  全体的に高性能でありながら、台との距離が近くにつれてオーバースペックさを感じなくさせるラケット。前陣では棘もなく、ただ台上の多彩さがとにかく際立つ印象。性能だけなら他にもスペックとして上なものはあるが台上のエグさを持ちながら他の部分では優等生的な性能で使いやすく多くの人にオススメできる、なおかつ極薄、粘着テンションとの相性が神ってるラケットだなと思う。
  オススメはフォア粘着テンション系 バック極薄系でブロックとレシーブで相手を崩してフォアで決めるスタイルかなと思う。
[補足]
  個人的に気になったのは重量…
  少し重い…
  そこらへんをラバーで調整することをお勧めします。