20181023_lVsfyg


投稿者:くろかみ
[自己紹介]
  高1、中ペン裏裏、都新人5回戦負け(256)。今回は初めてDVDのレビューをしようと思うのですが、どこまで書けば良いのか等分からないことが多いので、他の方のレビューを参考にしながら書いたことはご了承願います。
[レビューする商品名]
  WRM DVD   古武術卓球メソッド

  <出演>
  布袋裕彦先生(布袋卓球アカデミーHP: http://sports-shintai.academy/ ご経歴や現在のご活動についてはこのHPを参照して下さい)
  岡野康幸選手(全日本マスターズ王者)
  小川単芝さん(WRMスタッフ、高田馬場店でいつもお世話になっています)


  <収録内容>
  Disc 1
  1.はじめに
  2.上達理念について
  3.視線の使い方
  4.上半身の使い方

  Disc 2
  5.下半身の使い方1(縦姿勢)
  6.下半身の使い方2(横姿勢)
  7.骨盤
  8.布袋式古武術卓球を応用した技術
  9.おわりに


  <内容>
  1   上達理念
  Xia論法でも重要視されている指導の体系化を、身体操法において従来のと大きく異なる指導法を確立することによって可能にする。また、古武術を使って"理に適った"体の動かし方を覚え、中国トップ選手のように効率よくパワーを生み出したり素早く移動したりすることを目指す。といった感じになっています。今の練習環境でいくら練習を積んだ所で、その上達路線はトップ層とずれがあるまたは限界があります。そこで、違うアプローチから新しい身体操法のコツを掴めば、先生曰く「馬龍の下手くそ版になれる」、つまりトップ層の上達路線に乗れるようになります。今作のDVDでは、選手側として出演されている上級者の岡野さんも初中級者の小川さんも総じてその路線に乗る様子が確認できます。私たちも画面越しにそれを体感しようというDVDになっています。


  2   観る前に
  多球練習したり先生が体を触って教えたりしながら出演者が上達していくという形のDVDなので、観る際は卓球台は無くとも座っているよりかは2人以上で立ってお互い体の動きを確認しながら視聴することをおすすめします。


  3   少し具体的な内容、感想
  ネタバレは避けたいので薄い文章になってしまいますがお許し下さい。

  まず最初の視線の使い方のところから、出来ない人は一生意識せぬまま終わってしまうであろう内容です。多球でDVDを観ていない同輩に球出ししたところ、その視線の使い方を教える前と後で反応速度が全く違いました。
  そして本編に入り、上半身・下半身・骨盤という体の様々な部分を「骨なりに使う」ことを覚えていきます。ここで大事なのが、卓球から一度離れてみること。結果的に卓球の各技術をレベルアップさせることに変わりはないですが、古武術を覚えることは卓球だけでなくどのスポーツどの生活場面でもエネルギー効率を上げますので、従来の卓球の動きをまずは忘れて、違和感を気にせずに試してみる必要があるでしょう。難しく書いてしまいましたが、要は深く考えずにDVDで先生がおっしゃる通りに体を動かしてみる(ペアがいると尚良い)だけで球を打たなくても変わったという実感が得られると思います。
  どのスポーツでも、パワーを出すことと素早く動くことは非常に大事なことです。骨の役割を学ぶことで、効率よく無理せずにそれらを可能にできるようになります。例えば、関節がないところを捻っても何も起こらないし怪我の可能性があります。普段の動きだとパワーを出しているつもりでもブレーキをかけていることがあります。このような従来の指導の非効率な部分を解消することができるのです。
  筆者は要領が悪くパワーを出す動き(≒スイング、溜め)と素早い動き(≒フットワーク、重心移動)を同時に実践出来ないのでざっと最後まで一気に観ずにそれぞれのチャプターの内容を1つずつ実践してみるようにしていますが、全部変えなくても例えば上半身が変わるだけで球のスピードも打球音も別物になるので問題なく上達を実感することができました。


  <まとめ>
  先生はDVD内で様々なキーワードを下さりました。いずれも即効性があり、実感しやすいです。
  また上達理念でも書きましたが、上級者も初級者も同じ上達曲線に乗れるというのが大きいのかなと思います。指導側は勿論、様々やレベルの選手達にも是非観て欲しい内容です。
  このDVDの収録が終わってから1年以上経ちますが、先日馬場店にて出演者である単さんにDVDについて話しました。単さん曰く、コツを掴んだ時「『あ、今力溜まってんな』という感覚があった」と。一方で、「布袋先生と別れてからそのまま普通に1年を過ごしたところ、たまに打つ度に『これ違うな』と首を傾げてる」ともおっしゃっていました。筆者は特にフットワークがすぐに体得するのは難しいと感じたので、ゆっくり継続していこうと思います。そして「布袋先生も岡野さんもめちゃくちゃ健康なんだよね」。無理な動きをしないので怪我を防ぐことにも繋がるという、大事な部分です。様々な場面において幹となる今作のDVD、是非皆さんにも観て欲しいなと思います。短いレビューですが、今回はここで終わらせて頂きます。