ドナックル













投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

     昨年に引き続き、さまざまな種類のラバーのレビューをしていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。
[レビューする商品名]
  ドナックル【Nittaku】
[使用環境]
  和の極み碧のバック面に極薄で使用。フォア面はヴェガヨーロッパの2.0mmを使用しました。
[はじめに]
  弾みはエルフラークより弾みますが、モリストSPよりは弾みません。引っ掛かりもそれほど強くはありませんが、自分から回転をかけることも可能です。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)バック対バック
  粒やアタック8よりぶれず気を遣わずに打つことができます。速いボールはあまり出ませんがタイミング次第で速いボールを打つことができます。下がってからは棒球になりやすいですね。面が多少狂っても入りますが、あまり強いボールにはならないので、勝手に変化がつくというより、自分で変化をつけることが大切だと感じました。

  (2)バックドライブ
  回転をかけることは可能ですが、決め球にはなる感じではないです。相手のタイミングをずらすドライブという感じです。中陣から打つと失速して相手にチャンスのボールになってしまいます。

  (3)バックスマッシュ
  粒より安定することができるので、チャンスメイクをして攻撃の場合、強いボールになりやすいです。ただ、面はしっかりと意識する必要があります。強打の場合、若干回転をかけると安定する感じがします。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ツッツキ
  粒よりはしやすいですが、スペクトルやモリストSPよりはかかりません。タイミングをずらしたり横回転をかけたりしないと、中途半端なボールになってしまいます。ラケット面を台に平行にし、ボールの下にしっかりとラケットを入れると、差し込むようなツッツキができ、相手を崩しやすいように感じました。特に、カットしてからのツッツキが中途半端になりやすいので、そこをしっかりと回転をかけたり打点を早くしたりなど変化をつける必要があります。

  (2)カット
  表というより粒でカットをする方が感覚としては近いです。ある程度ラケット面を立てて振り下ろす方がいいですね。打点が下になると、自分から強回転をかけるのが難しく、チャンスボールになってしまいます。スペクトルなどであれば、そこで切ることもできるのですが、ドナックルは難しい印象です。あまり下がらず、上から直線的に入るカットだと、相手も回転の変化を見極めるのが難しいようでした。また、粒のように反転能力もありますが、粒ほど切れません。ただ、ボールの軌道が粒に近いので、微妙な変化で惑わせることができます。また、スペクトルなど普通の表に比べ、カットは抑えやすく安定感はあります。ただし、切れ味のマックスはあまり期待できないという感じです。

  (3)ブロック
  これが思っている以上に変化します。相手がレシーブでチキータをしてきたときなど、前でブロックするとナックルになり、連打を防ぐことができます。スペクトルやモリストSPに比べると、明らかなナックルなのですが、思ったより止まるので、相手はとても嫌そうでした。カットやツッツキだけでなく、ブロックも混ぜるとカットマンとしては有効かもしれません。もちろん、前陣の異質攻守型にもお勧めです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
  粒と違い、自分から回転をかけることもできるので、ある程度は回転量が出ます。ただ主戦武器にはならないですね。ナックル系のロングサーブはスピード感、変化もあって取りにくそうでした。
[おすすめな方]
  橋本選手なども使用しているところから、カットマンに向いているということが予想されますが、すべてのカットマンに向く、というわけではないと思います。むしろある程度レベルの高い、基礎基本がしっかりとして選手が使うべきラバーのように感じます。私自身は、表ラバーでカットをするのが苦手で、粒を使用することが多いのですが、はっきり言って粒ほど切れませんし、攻撃がすごくしやすいというわけはありません。ツッツキも同じです。ツッツキを切ったり攻撃を安定させたりしたいなら、単純に表を使えばいいと思います。では、なぜ橋本選手が使用しているのか。それは、自分で変化をつけることがしやすいから、ということだと考えます。ツッツキを切った、切らない、カットを切った、切らないの絶妙な変化を出すには、このラバーがいいのでしょう。表のボールの粒のボールも、それぞれのマックス値にはならなくても出すことができ、それを意図的にコントロールできる人が使えば、性能を発揮できるということです。だから、お勧めできるカットマンは、基礎能力が高く、自分で変化をつけられる人、です。
  また、前陣の異質も同じように、自ら変化をつけられる人にお勧めです。特に、粘り系の人がいいですね。一発の変化で点を取るなら粒の方がいいですから。
[まとめ]
  ドナックルは、非常に使い手を選ぶラバーです。ただ、使うなら同じような性能のエルフラークもあります。しかし、ドナックルは使いこなせれば異質ラバーとしては何でもできるラバーのように感じました。一発の武器はなくても、地道に相手を狂わせる、そんなラバーです。玄人のような人に使ってみてほしいですね!