701_1_450

























投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
   昨年に引き続き、さまざまな種類のラバーのレビューをしていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。
[レビューする商品名]
  キョウヒョウプロ3ターボブルー【Nittaku】
[使用環境]
  インナーフォースZLCレイヤーのフォア面に特厚で使用。バック面はヴェンタスソフトになります。
[はじめに]
  とにかく硬いという印象です。ターボオレンジよりずっと硬い感じがします。アポロ5の硬さに近い感じがします。引っ掛かりは抜群にいいですね。光沢感があり、高級に感じます。重さはそんなに重いという感じはしませんでした。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   引っ掛かりが強いので、ぐっと回転をかけて返すことができます。ちょっと擦るとシートの力で伸びるボールになってくれます。食い込ませるのはちょっと厳しいですね。硬すぎます。下がってもボールを飛ばせますが、ちょっと棒球になってしまう感じがしました。硬くて食い込まないので、逆にしっかりと引っ掛けたり、弾いたりと打ち方を意識できるので、そういった意味では打法に困らないかもしれません。中陣よりは前陣の方がいいかもしれませんね。下がるとどうしても中途半端なボールになってしまう感じがします。強く当てるというより、常にちょいがけのカウンターのイメージでいると相手に伸びるボールを与えることができるのでそういう使い方だといいと思います。引っ掛かりが良い分、ショートスイングでも回転をかけることができるのが魅力ですね。
  (2)対下回転ドライブ
   引っ掛かり抜群のシートなのでグッと上に持ち上げてくれます。ループドライブの回転量は素晴らしいですね。ただ、やはり食い込みにくいので、しっかりとシートに薄く引っ掛ける意識が必要です。中途半端な当て方だと棒球になってしまいます。弾き気味に打つとかなり強烈なボールを打つことができます。回り込みのシュートドライブはかなりの武器になると思います。
  (3)スマッシュ
   とにかく硬いラバーなので、スマッシュがナックル性になります。しっかり打てば重いボールになるようで相手は結構嫌がってくれました。ループでチャンスメイクして叩くなんていう展開もいいかもしれませんね。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   ただ止める分には弾みが抑えられている分、そんなにつらくありません。ただ、試合になると止めるくらいならカウンターをした方がいいと感じました。たまに前に落とすブロックをするという使い方はあるかもしれません。
  (2)カウンター
   これは好感触でした。とにかくシートが負けないので、グッとかけ返すことができます。強くスイングしなくてもちょっとかけ返すことでボールが伸びてくれます。思いっきり厚く当てるとナックル性のカウンタースマッシュになってくれるのでそれもありだと思います。前陣でちょいカウンターで振り回したり、一発カウンタースマッシュで仕留めたりという使い方が良いと思います。
  (3)カット
   回転の影響は受けてしまいますが、テンション系に比べ単純に弾みが抑えられているので、カットはしやすいですね。ただ、安定させるためには常に切りにいった方がいいかもしれません。ガッツリ切るとすごい回転量です(笑)。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   サーブはそりゃあ切れますよね。印象的だったのは下回転が低く出せること。短くなるのは他の粘着でもあったのですが、とにかく低くなるという印象がターボブルーにはあります。また、YGも切りやすいですね。ロングサーブはナックル性のが速く出ました。
  (2)レシーブ・台上技術
   ツッツキはガッツリ切ることができます。また、差し込むツッツキも効果的です。ツッツキで相手を崩しやすいですね。個人的に極薄ラバー(太陽プロ極薄、アポロ5極薄)に近い感覚でした。
   ストップもビシッと止まりますね。とにかく飛び出しが弱いので、切るストップもやりやすいです。
   フリックは弾くとナックルになりますが、スピードは粘着らしいといったところ。
   チキータがやりやすいですね。なんとなくテンションよりしっかり回転をかけられる分、粘着のほうがチキータはしやすいのではと思います。問題はチキータしたあとなんでしょうが…。ダブルスだとありかもしれませんね。
   全体的に台上技術はとても安心してできるという感じです。気づいたら得点しているような感覚で、それだけミスしていないということなんでしょう。
[おすすめな方]
   ターボオレンジを使っていてもっと硬い方がいいという人、とにかく食い込ませたくないという人に良いとおもいます。このラバーの真価を発揮するにはやはりパワーが必要です。とにかく硬いので、中途半端だとなんてことないボールしか出ていきません。だから、パワーのある人かとにかく引っ掛ける人にお勧めです。また、異質のフォア面でスマッシュで崩したいという人にもいいかもしれません。安定感を出したいという人やミスを減らしたいという人は木星ブルーやアレスなどのほうがいいかと思います。
   粘着としての癖のある球はターボオレンジはもちろん多くの粘着ラバーでもトップクラスで出ると思います。その分扱いづらいという印象です。だから癖玉を生かす人が良いですね。
   ラケットは、木材だとちょっと飛ばないかもしれません。インナーフォースZLCは思ったより打ちやすかったので、インナーやアウターだとスピードを補ってくれるかもしれないですね。
[まとめ]
   硬い。その一言で全てが済むのではないとかというくらい印象が強いです。どんなに「ターボ」といっても粘着ですのでスピードに多く求めてはいけないと思います。しかし、このラバーの最大の魅力はシートの引っ掛かりです。粘着ラバーのシートも進化していると感じさせてくれます。スピン系テンションの進化がとても注目されている昨今ですが、粘着もしっかり進歩していることを実感しました。強烈な回転量を生かしたいという人は一度使ってみてほしいですね。ただ、やはり上級者向けという感じです。でも、キョウヒョウのブルースポンジってかっこいいですよね。ちなみに省狂NEO3ブルースポンジのほうが食い込みますし弾みますね。


キョウヒョウプロ3ターボブルー【Nittaku】詳細はこちら