06040


























投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。
実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  ディグニクス05【バタフライ】

[使用環境]
  クリッパーウッドCR‐WRBのバック面に使用。厚さは厚です。
フォア面はQ5の特厚を使用しました。

[はじめに]
  テナジーを進化させたラバーということで、とても興味深かったのですが、ようやく打つことができました。05よりは打球感は硬めです。
弾みも05よりあると思いました。重さは極端に重いという感じはありませんでした。
  05…テナジー05
  ディグニクス…ディグニクス05
  と解釈してください。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   安定しますね。打球感は硬いのですが、つかみがいいので硬さより安心感が強いです。
また、ボールが上に飛んでくれますし、相手のボールに負けないので打ち合いがとても楽です。
前に振っても全然落ちる感じがしません。フォアで打っても似たような感触がありました。
ただ、フルスイングすると05の方が威力が高い気がしました。
というのは私ぐらいのスイングスピードだとおそらくディグニクスを生かしきれないからです。
全体的には質の高いボールを出しやすいボールで、Q5よりも回転量がある感じです。
ただ、マックススピードを出すにはそれなりのパワーがいると思います。
それでも、軽打などのスピードはテナジーで打つよりあるので、ミスしたくない人だとよりいいかもしれません。

  (2)対下回転ドライブ
   上に上がる力がとてもあるので、正直今までだと「ミスった」と思ったスイングでも入ってしまうという印象です。
ただ、入るのであって質が高いかは別ですが。
咄嗟に振ったバックドライブが入ってくれてそのあと押し込むというパターンが作りやすかったです。
また、時間があるときは十分な回転量のボールを打つことができます。
上回転でも同じでしたが、テナジーに近いラバーとテナジーの違いは、ミスが出るか出ないかだと感じていて、ディグニクスを使うと、テナジーと同じで変なミスが少なくなります。リスクを減らすというのが特徴であり、それを可能にしているのが、回転の生み出し安で、ディグニクスはそのテナジーの特徴にスピードを付け加えたという感じですね。

  (3)ミート系
   これが意外でした。バック面で使用した印象としては、とてもミート打ちがしやすいです。
05よりも弾きやすいですし、64より硬いので相手のボールに負けないですね。
コントロールもしやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   05でブロックをすると、どうしても回転の影響を受けてしまい難しいと感じていました。
しかし、ディグニクスはそれほど難しく感じませんでした。
というのも、強い引っ掛かりで、上書きが常にしやすいからです。
相手のボールの威力を利用して、グッと押し返すことができます。
軽いカウンターのようになるという印象ですね。とにかく回転負けしないという感じです。

  (2)カウンター
   ブロックがしやすいのでカウンターもやりやすいです。
とにかくシートが負けないので軽く振ればカウンターになるという感じです。
前陣でカウンターをすればかなりのスピードボールを相手に送ることができますね。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   サーブに関してはテナジー05とさほど変わらないように感じます。むしろ私のスイングスピードでは05の方がいいかも。

  (2)台上技術
   ストップはちょっと弾みが強いので難しいですね。
しかし、ツッツキが切れて、なおかつ低くなりやすいので、そこからカウンターというのが狙いやすいです。切れ味以上に低さが好印象でした。
また、チキータの質がとても高く感じました。
今まで回転がかかり切らない感じがしたのですが、前に振ってもネットを超えて収まってくれるので、積極的にチキータをしていけます。
スピードも出やすいので、チキータはかなりの武器になると思います。

[おすすめな方]
   正直、テナジーにとても不満が無ければあえて使用することはないのかもしれないと思います。
理由はやはりコストですよね。
使うとすれば、一球一球の質を高めたい人ではないでしょうか。
また、バック面でだけ使うというのもいいかもしれません。
バック面でスピードと回転の質を高める分にはとても有効だと思います。
05の回転量でスピードが欲しいという人に向くと思います。
   また、ラケットはアウターだとかなり飛ぶと思います。
インナーや木材の方が制御できるとは思いますが、ラケットは特に選ばないラバーだと思います。

[まとめ]
   高性能というのは間違いないです。特に軽く打った時のボールの質、「ミスった」と思ったボールが入るというのは驚きでした。ただ、ネックはやはり値段。
また、トップ選手でもバック面にディグニクスというのは増えているようですが、フォア面は05のままという人もいます。
それは、05の方が多彩なボールを出せるからだと思います。
Q5でも感じたことでしたが、質の高いボールが出せるのですが、それだとボールがそろってしまいます。その結果、相手にとっては取りやすいボールになってします。
動きの速さなどで押し切れればいいのですが、そうでないと気持ちいいのに負けている、という状態になりやすいです。
   各社、レベルの高いラバーが増えてきましたが、バランスではやはりテナジーが上で、ディグニクスはその上を行きます。
そんな立ち位置であることは間違いないのですが、そこまでのプレーが求められるのはどこなのか。継続で買う人はどれくらいいるのか。
令和の卓球用具の世界がどう進んでいくのか。そういった意味でもディグニクスには注目ですね。

ディグニクス05【Butterfly】詳細はこちら