キングプロブルー


















投稿者:ぬりかべ

1.ざくっとレビュー
 球持ちがよく、「かけやすく」「攻めやすく」「守りやすい」扱いやすさ抜群の粘着性テンションラバー。

2.第一印象
 SWORD社のほかのラバーもそうですが、パッケージに入った状態でしっかり密封されており「品質が高そうだなー」という印象を受けます。
重量は、パッケージ込82g→カット前70g(パッケージとスポンジ側のシートを取り除いた状態)→カット後49g。粘着性テンションとしては標準的な重さでしょうか。
 シートは粘着力が強く、強粘着といっていいでしょう。球突きをした感じは比較的軟らかく、ボールがラバーに食い込む感じがあり、弾みはまずまずです。

3.攻撃技術
 ドライブ  9点
 スマッシュ  6.5点
 カウンター  8.5点
 ドライブを打つと、粘着ラバーにしては打球感が柔らかく、ボールがよく食い込みます。ボールの食い込みが良いと弾道が直線的になることが多いのですが、このラバーは弾道がしっかり弧を描き、回転量が多く安定感はかなり高め。摩擦力の高さ+食い込みの良さでボールが落ちにくく、下回転でもナックルでも簡単に持ち上げることができ、カーブドライブも打ちやすくなっています(もちろん、粘着ラバーらしくシュートドライブも)。「回転がかけやすい」「ドライブで返しにくいボールがない」「打法のバリエーションが豊か」と、扱いやすさは群を抜いています。また、粘着ラバーとしてはボールの食い込みが良いので、比較的小さな力でもドライブが打てる、という利点もあります。ただし、スピードは最近の粘着性テンションと比べると遅いほうです。また、フルスウィングした時のMAXの回転量は、アポロ5には及ばないように思います。一発で打ち抜くタイプよりも、連打で決めるタイプや安定感を求めるタイプに向いているように思います。
 スマッシュに関しては、自然に前進回転がかかるので安定感はかなり高めですが、球離れがいまひとつでスピードもそれほど出ず、威力は今一つ。ボールを左右に曲げたり、前進回転を強めて下がった相手の手前に落としたり、というプレーはやりやすいのですが、下がった相手を打ち抜くほどの威力を出すのは、なかなか難しいように感じます。
 カウンターでは、食い込みの良さ+シートの摩擦力で自然と前進回転がかかって返ってくれるので、安定感・回転量ともに良好です。フルスウィングした時の回転量やスピードはアポロ5や木星ブルスポほどには出ませんが、小さいスウィングでも威力のあるボールが出るので、時間のない時や体制が不十分な時のカウンターは、こちらのほうが威力があるかもしれません。「安定感」「威力の出しやすさ」は、先述の2枚より上回っているように思います。
攻撃全般に関して言うと、私は腕力がないほうですが、安定して回転量のあるボールを打てたので、ユーザーにとってのハードルが低いラバーといっていいかもしれません。アポロ5のようにとがった性能を持っているのではなく、「安定感」「かけやすさ」という万人受けする性能を持っているラバーといっていいでしょう。

4.守備技術寸評
 ブロック  9点
 ツッツキ  9点
 ブロックでは、攻撃時の印象よりも弾みが抑え気味なように感じます。フラットに当てるだけでは相手のボールの回転の影響を受けてオーバーしやすいのですが、当てるときにラケット面をかぶせたりボールの上をとらえたりするようにすると自然と前進回転がかかり、安定してカウンター気味に返ります。そして、弾みが抑え気味なことに加え、シートの摩擦力が強いので、ナックルブロックやカット性ブロックも安定して入ります。「返しやすさ」と「粘着性のクセ」を併せ持っており、自分から回転をかけてブロックする技量があれば、ブロックも大きな得点源になるかと思います。
 ツッツキでも、攻撃時の弾みの印象からすると弾みは少なく、弾道も低め。当てるだけでもオートマチックに下回転がかかりますが、強く切ってもボールが浮かないのでブチ切れのツッツキを低く出すことができます。前後の揺さぶりもしやすく、切れ・コントロールともにレベルが高いと感じました。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術  9.5点
 サーブ  9点
 レシーブ  8.5点
 サーブに関しては、特に良かったのが「弾道が低い」こと。さらに、攻撃時よりも弾みが抑え気味になり、強く切ってもボールが浮きません。シートの摩擦力の強さもあり、回転量がかなり多いサーブを低く出せます。なかでも下回転のショートサーブは「低い」「切れている」「短い」と、相手がレシーブ攻撃をしにくいサーブが簡単に出せました。ほかのサービスに関しては、練習相手(県大会出場レベルの中学生)によると「横上回転と横下回転の弾道の差があまりない」らしく、回転の種類が読みづらいようです。サーブに関しても高いレベルでバランスが取れていますが、ロングサーブのスピードはちょっと物足りない感じもあります。
 レシーブでは、角度を合わせるレシーブでは相手の回転の影響を強く受けてしまいますが、ツッツキやドライブなどで自分から回転をかけに行くと「回転の上書き」で安定して返すことができます。
 台上技術では、「小さい力で食い込ませることができる」「回転をかけやすい」ため、台上攻撃の安定感は抜群です。ストップもよく止まる(&かかる)ので、台上技術の能力は全般的に高いと感じました。なかでも特に台上ドライブは素晴らしく、練習相手の生徒(県大会出場レベル)の選手によれば「普通のドライブよりも台上ドライブのほうが威力があるように感じる」とのことで ‐さいスウィングから予想以上に威力のあるボールが出る 打点が速い ことから生徒がそう感じたのかもしれません。チキータも安定感・威力ともに高く、ダブルスのレシーブからドライブをどんどん打っていくタイプの選手が使うとかなり面白いことになりそうです。

6.お勧め構成
 回転をかけやすく安定感が高いものの、スピードは少々物足りなさがあるので、木材5枚合板よりも特殊素材系や7枚合板が合うのかなぁ、と思います。
 基本的にはF面の使用が合うと思いますが、ツッツキやブロックの性能が高いことを考えると、B面でも使いやすいかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 アポロ5や木星ブルースポンジよりも扱いやすく、重さも少し軽いので、それらに対して「ちょっと扱いが難しいなぁ」と感じていた選手にはジャストフィットするかと思います。
また、威力重視の攻撃をする選手よりも、回転重視の選手やツッツキ・ブロックを多用する選手のほうに寄り向いているように思います。サーブ・レシーブ・台上技術の能力が高いので、ダブルスの選手にもぜひ使ってほしいですね。シェークの異質型の選手にフォア面で使わせ、バック面との球質の差を大きくさせるのもよいでしょう。扱いやすさが抜群なので、ジュニアや女子の選手にもお勧めできます。
自分は本職でないのであまり断定的なことは言えないのですが、カットマンのフォア面にもたいへん適しているように思います。

8.総合評価
 木星ブルースポンジよりも扱いやすさを向上させ、スピード性能を若干落としたような印象を受けます。攻撃に安定感を求める選手、回転重視のプレーをする選手、ツッツキやブロックを多用するオールラウンドタイプが使うのであれば、8.5〜9点をつけてよいかと思います。威力を求める選手のフォア面では、7.5~8点というところでしょうか。
 異質型の選手が使う場合、フォア面で強めのトップスピン、バック面でナックルやカット性ブロックと球質の差を大きくできることと、ラバーがやたらと重くないことを考えると9〜9.5点つけてよいかと思います。ペン粒が使うには厚さと重さがあるので、守備中心のペン粒なら8点前後、反転を多用するペン粒なら8.5点といったところでしょうか。
 「性能」をMAXの威力ととらえると「物足りない」と感じる選手もいるかもしれませんが、「安定してボールが入る」「小さい力でもかかる」という点でかなりの性能を持っているといえます。ハードヒッターでない選手にとっては、アポロ5よりも性能を発揮しやすいように思います。

9.その他
 攻守ともに高い安定感を持つラバーということ以外にも大きな利点が一つ。それは、上回転も下回転もかけやすく、小さい力でボールが食い込むので、「多球練習で球出しをするのにもたいへん便利」ということ。これが、指導者にとって実にありがたいのです。シェークのフォア面は当分これに固定ですね。
 できれば、これにアポロ5の超極薄と組み合わせて…といきたいのですが、残念なことにどっちも黒!アポロ5の超極薄と合わせ、赤もぜひお願いします!


キングプロ ブルースポンジ【SWORD】詳細はこちら