images













投稿者:ぬりかべ

1.ざくっとレビュー
 扱いの難しさはあるが、止めやすさ・変化の大きさ・攻撃しやすさを兼ね備えた、パッケージ通りの変態的アンチラバー。

2.第一印象
 重量は、中国式ラケットの根元から1.5冢辰靴禿修辰藤横坑隋
ディアボリック(以下Diと表記)と比べると重めですね。
スポンジは、Diと比べると詰まっているように見えます。
色がオレンジ色なので、何となく回転系テンションのように見えます。
シートは本当に摩擦力がありません。Diも「恐ろしいほど摩擦力がない」と感じましたが、それ以上です。
 球突きをしたところ、Diよりも打球感は硬く、弾みもやや強いようです。
スポンジが衝撃を吸収している、という印象を受けました。

3.攻撃技術
 プッシュ 8点
 スマッシュ 8点
ドライブ 評価不能
 カット打ち 9点

 プッシュに関しては、Diよりも打球感が硬いため、そこそこスピードが出て打ちやすいと感じました。
フラットに当てても回転はある程度残るので、相手の手元で揺れたり曲がったり落ちたりと、弾道の変化もなかなか。スピード+変化でかなり取りにくいボールが出ますね。
ナックル性のボールが相手だと、シート表面でのスリップが起きないので弾みが良くなってしまい、オーバーミスが出やすくなります。
対ナックルの時は、ラケットを上から下へ押し出すように打つ必要があるかと思います。
Diと比べるとスピードも変化もあるが、角度調節がやや難しい、という印象を受けました。
 スマッシュに関しても、Diよりも弾みが強いので威力は出るように思います。
シートの滑りが強いのでプッシュと同様にDiよりも角度調節が難しいように思いますが、「ちょっとオーバーさせる」イメージで打つと入りやすいかと思います。基本的に球質はどナックルになるのですが、流し打ちをするとシート表面でボールが少し滑り、回転が残って揺れる・曲がる・落ちるといったいやらしい球質になります。
ドライブは…やはりかかりません。
自分から回転をかけることは不可能で、スピンを反転するのみ。
そのため、上回転のボールをドライブのように打ち返すと下回転になり、打球フォームと球質が一致しないいやらしいボールが出るのですが、角度調節が難しく試合での使用は難しいかと思います。
カット打ちでは、ラケットをやや上向きにしてミートすると自然に前進回転がかかって弧線弾道になります。
多少ラケット角度がぶれても勝手にスピンを反転してくれるので、ミスのないカット打ちが可能です。プッシュのところでも述べたように同社のアンチの中ではスピードも出しやすいので、強弱をつけてミスを誘うプレーがやりやすくなっています。
中でも、軽打で相手を前に寄せてから強打で打ち抜く、というパターンが効果的でした(さすがに、下がっている相手を打ち抜くほどの威力はありませんが)

4.守備技術
 ブロック 9.5点
 ツッツキ 評価不能
(カット  ???点)
 ブロックに関しては、対ドライブでとんでもない威力を発揮します。
「当てるだけ」「切り落とす」「軽く押す」の3種類試したところ、まず当てるだけのブロックでもシート表面でスリップするため、スピン反転量が多く、かなり短く止まります。
また、相手コートでの失速が大きく、試打相手の選手たちは「タイミングがとりづらい」とこぼしていました。切り落とすブロックでは、スイングスピードを速くすると当てるだけのブロックよりもシート表面でスリップし、スピン反転量が驚くほど大きくなります。
軽く押すと若干回転を打ち消して「ちょっと切れた」あるいはナックル性のブロックになります。ラケットを横にスライドさせると横回転ブロックになるかと思いきや、前進回転をそのまま反転して切れた下回転になり、ネット際に落ちるいやらしいブロックになります。
回転量の最大値、変化幅ともにDiを上回ると思いますが、唯一難しいのが対ナックルの処理。攻撃のところでも述べたようにシートで滑らないぶん弾みが良くなってしまいますが、ボールの斜め下を捉えるように打つと弾みが少なくなり、ブロックが安定します。
 ツッツキは、Diと同様に全く切れません。
そして、Diと同様にツッツキのフォームから上回転が出るので、ボールが伸びて強打するつもりの相手を詰まらせたり、相手のツッツキをオーバーさせたりといったプレーが可能です。Diでも同様のプレーが可能でしたが、こちらのほうが球離れが早いため、相手からすると回転の見極めがDiよりも難しいようです。1試合に何本も使えるボールではありませんが、「ここ一番」で使うには面白いボールだと思います。
裏面のツッツキと組み合わせるとさらに効果的かと思います。
 自分のチームの選手(県強化指定選手、元カットマン)がカットを試したところ、「これはシートが硬めだからとばしやすいですよ」とのことで、その様子を見ていると切れたカットとナックルカットの区別がほとんどつきません。
カット打ちの相手(県大会出場当落線上の選手)は「変化が全く分からない」と頭を抱えていました。カットしていた選手曰く「当てに行く」「切り落とす」で簡単に変化をつけられるそうです。
自分も試してみましたが…なかなか台まで届きません。
そのうえ入ってもほとんどがナックルになってしまいました。
使いこなすには技術やスウィングスピードがある程度ないと難しいかもしれませんが、その条件を満たすカットマンにとってこのラバーは驚異的な武器になるような気がします。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 レシーブ 8点
 台上技術 9.5点
 レシーブに関しては、ほかの技術のところでも述べたように、ナックルと回転の強いボールに対する弾みが違うので、Diと比べて角度調節が難しいですね。
しかし、球離れがDiよりも早く、回転のあるサーブに対する変化はDiを大きく上回り、対ナックルでもラケットを横にスライドさせるようにして返すとボールが低く返るうえにボールが横揺れを起こし、相手にとってかなり取りづらいボールが出ます。
ほかの技術と同様に、ラケット角度の調節はDiよりも難しいが、変化を含めた威力はDiよりも上、と言っていいでしょう。
 台上技術で良かったのが、何といってもフリックとリフト。
特に下回転系のサーブに対するフリックは、カット打ちのところで述べたように「ラケット面を少し上に向けて弾く」ことで安定して入るうえ、強く弾いてもオーバーしにくいのでスピードが出しやすく、相手の回転を多く残すため弾道の変化も大きめ。
ほかの技術と同様に対ナックルの処理に若干難しさはありますが、プッシュほど角度調節の難しさは感じませんでした。
これをダブルスの選手が使えば、ものすごい武器になるような気がします。

6.お勧め構成
 同社のほかのアンチと同様、回転をかける能力が全くないので、回転系テンションや粘着系テンションと組み合わせて、回転のあるラリーに持ち込めるようにするとよいかと思います。
 ペンの表面で使う場合、相手にナックルサーブを出されたときに裏面チキータや表面で上書きツッツキがしやすいように、極薄の粘着ラバーと組み合わせるとよいかと思います。
 ラケットは、守備用ブレードにするとブロックが浅くなりすぎる可能性があるので、弾みがALL以上のラケットが良いかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 基本的にはアンチユーザーにお勧めです。
これまでに何回か述べているようにDiよりも対ナックルで角度調節が難しいところがありますが、トランスフォーマーほどシビアでもありません。
「Diの安定感に満足しているが、もう少し変化がほしい」あるいは「トランスフォーマーの変化に満足しているが、安定感がほしい」という選手にはジャストフィットするかと思います。
 ペン粒の選手が使っても面白いラバーですが、シートの摩擦力がほとんどないため反転攻撃をするときに指が滑ってしまう可能性がかなり大きく、特にフォア攻撃の際には気になるかと思います。基本的には反転攻撃をしないタイプにお勧めです。
シェーク持ちをした時には滑りはほとんど気になりませんでした。
 台上技術のところで述べたように、フリックのやりやすさが抜群なので、ダブルス要員のペンの選手にも使ってほしいですね。

8.総合評価
 これまでのところでも何度か述べてきましたが、Diと比べて変化が大きくスピードも出るものの、若干角度調節が難しくなっています。
トランスフォーマーやDiを使いこなす技術がある選手にとっては9〜9.5点をつけていいかと思いますが、Diを安定して使えない選手にはちょっと扱いが難しいかなぁ、と思います。

9.その他
この1年でマテリアル社のラバーをディアボリック、リフレクション(レビュー未投稿)、スキャンダルと3枚使ってきましたが、ざっくりまとめると
 ディアボリック:止めやすさ◎ 変化の大きさ○ 攻撃しやすさ○ 扱いやすさ◎
 リフレクション:止めやすさ◎ 変化の大きさ◎ 攻撃しやすさ△ 扱いやすさ◎
 スキャンダル :止めやすさ◎ 変化の大きさ◎ 攻撃しやすさ○ 扱いやすさ○
といったところでしょうか。
この3枚では、スキャンダルの扱いが若干難しいと思いましたが、使いこなせれば一番の武器になるように思います。当面の間は、アンチはこれに固定の予定です。
 それにしても…パッケージはあまりにも衝撃的ですね。
WRMさんから届いた封筒を職員室で開けたとき、パッケージを見てとっさに封筒から出すのをやめました。L.S.D.をも軽く上回るヤバさですね…