テナジー05























投稿者:くろかみ
[自己紹介]
  高2、中ペン裏裏、予選5回戦負け。今回は先日のインハイ予選の間使用していたテナジー05をレビューしようと思います。
これまで散々使われてきたレジェンドラバーをあえて今レビューする意味は、ディグニクスの登場、増えているポストテナジーによって、改めて比較、検証していくべきタイミングかなと感じたためです。なので今回はこれらのラバーとの違いを中心とした結論を出せるように書いていきたいと思います。

[レビューする商品名]
  バタフライ   テナジー05   特厚&厚

[使用環境]
  使用したラケット
  インナーフォースレイヤーZLC
  ティモボルALC

[はじめに]
  メーカー説明文↓
  「スプリング スポンジ」と「ハイテンション技術」が生む独特の打球感を有すラバー。
多くの選手による試打と機械測定から「回転性能が高い」と評価された“開発コードNo.05”のツブ形状を採用し、強烈な回転をかけることができます。
ハイテンション ラバーと高粘着ラバーが融合したかのように、回転主体のプレーに非常に高い性能を発揮します。

  「テナジー05」は2008年にバタフライから発売されたスピン系テンションラバーです。
発売から10年以上経つ今も、裏ソフト最高のラバーと言われ続けています。自社工場で独自開発するタマスの技術を他のメーカーは再現できておらず、テナジーは未だに唯一無二の性能を保持しています。
  手に取ると、スポンジ面のざらつきとラバーのしなりを感じます。
弾力感も十分。硬度はドイツ硬度47度よりやや柔らかく、扱いやすそうな雰囲気があります。
一方シートは80やロゼナに比べると粒が密集していて、しっかり当てた時の回転量が多そうです。
このファーストインプレッションの段階ではドイツ製で似ているものも多いんですけどね…。
  重量は中ペンサイズで約44gと、最近のスピンテンションと比べると軽めでした。シェークサイズだと46gほどかと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  0   基礎打ち
  テナジーの大きな特徴である、勝手に伸びる性質を05は特に感じました。
他のテナジーよりスピードは控えめで(それでも平均よりは速いし弾みます)、高い弧線で2速のある軌道でした。
  そして、独特なスプリングスポンジの打感がはっきりと感じられます。
ロゼナやディグニクスも同じくスポンジの感触があり、はじめに触った時のシートの硬さは感じませんでした。
でもその2つに比べると引っ掛けてる感触が強く、回転をかけてから飛ばすような打球でした。
  バックで振っても違和感は無く、程よい球持ちと伸ばしやすさがインパクトの弱い筆者のバックも強くしてくれるような感じでした。

  1   ドライブ   9.5点
  シンプルに素晴らしいですね。プラボールでもグリップ力は変わらずトップクラスで、楽に伸びる球質で強い回転量のドライブが打ち込めました。
  これまで"ポストテナジー"として各社が様々なスピンテンションを出してきて、実際筆者も使っていましたが、これらのラバーはmax回転量や引っ掛かり、一撃のスピードなど単体で上回るものはあっても、苦しい体勢で安定して入ったり日本製特有の食い込みがあったりする05の強みである特徴は再現できておらず、全面性や扱いやすさを兼ね備えているハイエンドラバーは未だにテナジーしかないのかなと思います。
  一方で、テナジーを超えると謳われるディグニクス05でもドライブを打ってみました。
飛距離と球持ちでディグニクスが上回りました。
軽い力で食い込んで飛ぶ、という性能がフル強化されていて、自動回転も強く掛かります。
しかし、筆者には05の方が回転量が多いと感じました。
ディグニクスはシートに引っ掛けている打感がせず、シートに頼って打てる05やドイツ製に比べると心もとないところがありました。
また、インパクトを強くして打ち込むとディグニクスの本来の硬さ(05より4度硬い)が現れて、更に強いインパクトを求められる感覚もありました。
完全にテナジーとは別物で、食い込ませて打ちたい方や球威を求める中上級者におすすめしたいラバーです(筆者ならコートに収まる安心感を求めて05を選びます)
  さらに、05のプロ仕様硬度バージョンである05ハードも打ちました。
全体的に球質がワンランク上になり、インパクトが必要な代わりに粘着並みの驚異的な回転量と2速を手にした化け物ラバーでした。
ハードヒッターで、05の弧線が気に入っていて回転重視のプレーをしていきたい方におすすめです。
  ディグニクス、05ハードと、05を超える球質を手にする選択肢は増えていますが、結局のところ万人受けする性能ではありません。
強い引っ掛かりや弾性を持ちながら誰でも扱える超優等生だからこそ10年以上君臨し、タマス自身が越えられない素晴らしいラバーとなったのでしょう。
まとめみたいになってしまいましたがドライブを打つだけでこれくらい感動してしまったということで勘弁して下さい。

  2   カウンター   8.5点
  コンパクトなスイングでかけ返せるので、とっさの打ちやすさと威力に長けています。
深く食い込んでから自分の球にして投げ返すような感覚で、相手の球に潰されることなくイメージ通りの弾道で打てました。

  3   スマッシュ、フラット系   8.0点
  自由度が高く角度に寛容なところは流石テナジーですが、05だと弾きが物足りない部分もありました。日本製の食い込みに慣れていないとミートに違和感を覚えると思います。
一方でディグニクスはこの点ミートしても勝手に伸びてぶっ飛ばしてくれるので、更に寛容に、そして攻撃的に打てるなと感じました。

  ・攻撃技術まとめ
  回転量
  05ハード>05≧ディグニクス05>80
  スピード
  ディグニクス05>80>05>05ハード
  コントロール
  05>ディグニクス05≧80>05ハード

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  1   ブロック   8.0点
  弧線気味に出やすいですが、早い打点で少し抑えれば勝手に伸びてカウンターのようになりました。80やドイツ製ほどの気持ち良さはありませんが、程よい硬さで(今のドイツ製ハイエンドに比べたら)相手の球の影響も受け過ぎず安定して返球できました。

  2   ツッツキ   8.0点
  筆者の技量ではドイツ製やディグニクスより浮きやすいなと感じました。
グリップ力を生かしてガツンと切りに行けるのは良いのですが、元々の弾みが影響してか特にコントロールがいいとは感じませんでした。

  3   カット   8.0点
  実際カットマンで使っている方も多いですし、しっかりホールドするカットから伸びるカーブロングが来るだけでかなり辛いです。
一球一球回転をかけていく方なら申し分ないと思います。

  ・守備技術まとめ
  コントロール
  80>05>05ハード>ディグニクス

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  1   サーブ   8.5点
  短い縦回転を頼りにする筆者としてはそのサーブのコントロールに苦しむこともあり慣れなかったのですが、ロングサーブの速さとサーブ全体的な回転量は申し分無く、充分な性能かと思います。

  2   レシーブ   8.5点
  当てただけだと勝手に食い込んで弾むので浮くこともありますが、迷ったときはとりあえず回転かけておけば困らないといったところでしょうか。

  3   ストップ  7.5点
  上書きは楽な方ですが、無神経に止めるのは難しかったです。
05ハードは粘着でもないのに勝手に回転かかってビタ止まりしたので驚きましたが、05はそれに比べると悪い意味で軟らかさを感じましたね。

  4   フリック   8.0点
  弾きも良くはないので、高く評価はしづらいです。
筆者は流しの感覚を結構大事にしたいのですが、その点で80やドイツ製に劣っていたかなと思います。

  5   チキータ、台上ドライブ   9.5点
  言うことなしです。いかなる状況においても弧線を描いてくれるので、ネット際の純下も割と持ち上がりますし、よく曲がりました。
バックでも感触は良く、台上から回転量で先手を奪えました。

  台上技術全般
  ・回転量
  05ハード>05>ディグニクス>80
  ・コントロール
  05ハード>05>ディグニクス=80

[おすすめな方]
  弧線による安心感を求めるドライブマン全般におすすめします。
スプリングスポンジの打感と46度ほどの硬すぎない硬度のため、スピンテンションとして絶対量だけでなく安定感、扱いやすさが際立っています。
苦しい体勢での強さ(+おまけの伸び)、バックでも使える万能さはテナジーシリーズから替えがありません。
一方で現在はより無意識ゾーンでのドライブが強化されたディグニクス05や、ある程度安定性を保持しながらテンション系最高峰の回転量を持つ05ハードがあるので、インパクトがあり、より攻撃性を求める方への選択肢も広がったと言えるでしょう。
また、筆者のようにドイツテンションを使って下から上に擦ってスイングする癖がついている人の場合、日本製の食い込み感が少し慣れなかったりオーバーミスが増えたりといったことがあるので、単純にテナジーだから心強いわけではなく、ドイツ製の方が回転がかかる、安定するといった感じ方もあるのでそちらの選択肢も考える必要があるでしょう。
とは言え、求める性能に人それぞれ差はあれど気に入る選手層の幅がとても広いラバーであることに間違いないので、とりあえず一度は使ってみるというのもありだと思います。
  合わせるラケットは何でも大丈夫です。何に貼っても個性がしっかり発揮されるでしょう。

[まとめ]
  発売から10年以上経っても、未だにトップであり続ける理由がよく分かる試打になりました。
一般層からすると、苦しい体勢でも入るし、強打しにいった時にぶち当てても擦っても対応してくれてしかも回転がかかる、自由度と絶対値を両立した素晴らしいラバーです。
他社の"ポストテナジー"と呼ばれるラバー(ラクザX、ターゲットGT、ブルーファイアJP01など)を打つと「何かしら足りない」という感情を覚えます。
筆者(エボリューションMX-P使用)がように、1部の突出した性能を求めるのであればいいという考えなら良いのですが、全てやりやすい、オールラウンドなものを求めて打つとポストテナジーは質が低下するなと感じますし、中々本家を越えるのは難しそうです。
一方で、05ハード、オメガVII、ラザンターR50、V15エキストラなど、飛ぶし掛かる、けど硬くて重いというプロを意識した超ハイエンドラバーは"ポストテナジー"ではなく"脱05"として更にレベル、インパクトも上がってくる方のために今後台頭していくでしょう。
いずれにせよ裏ソフトの
環境のリーダーであり続けるテナジー05は色々な方に1度は試して欲しいラバーです。WRMさんでも取り扱っているので是非!


テナジー05【Butterfly】詳細はこちら