ブルーストームZ1












投稿者:ゲンマ

[自己紹介]
  上半期はたくさんの投票ありがとうございます。自分なりのペースで今後も頑張ります。
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。
  実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。
  よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
[レビューする商品名]
  ブルーストームR1【DONIC】
[使用環境]
  バーウェルのバック面に使用しました。フォア面はブルーグリップV1です。
[はじめに]
  V1に比べると、スポンジの気泡が結構大きいです。単純な弾みはR1の方がありますね。シートの粘着は微粘着といっているようにほとんどないくらいですね。硬度はV1とあまり変わらない表記ですが、スポンジの食い込みがいい分、ちょっと柔らかく感じます。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   V1より打ちやすいですが、ボールの質はちょっと微妙ですね。初速がV1よりあるので打っていてテンションに近い感じがするのですが、思ったより2速が出ないので、相手にしたら「伸びてこない」と感じるようです。初速のスピード感がだいぶあるのでそのギャップは生かせるかもしれませんね。シートの引っ掛かり自体は強いのですが、食い込みがいい分、生かしきれないのかもしれません。引き合いはV1より弾むのでやりやすいですが、弾道がちょっと直線的なので、しっかり上に振る必要があります。打ち合いの中で、伸びが無かったり、逆に回転がかかっていたりなど勝手に変化がつく印象があります。回転量はV1の方がありますが、使う分には力がそれほどいらない分など考えると使いやすいのはR1だと思いますね。バックでちょいかけるのには結構合っていると思います。
  (2)対下回転ドライブ
   ループ系のドライブがしっかりと遅く飛んでくれます。ループの回転量は粘着としては今一歩の感じがありますが、ラリー中のボールより回転量が多いので相手を惑わすことができました。またテンション比べると弧線を描いてくれるので、ちょっと上に振れば多少スイングスピードが遅くても下回転に対するドライブを安心して打てる印象がありました。一発ぶち抜き系のドライブも若干沈む弾道で打てるので、結構先手を取るには良いラバーなのかもしれません。
  (3)ミート系
   粘着ですが、だいぶテンションに近いのでミート系もスピード充分ですね。前でミートする分には初速でテンションに負けないので、不便さを感じませんでした。ある程度どんな打法でも若干弧線を描くのでその分でも安定しますね。また、台についてからの失速感もあるのでナックルになり相手がちょっと下がっているのであれば、結構落としてくれる感じがします。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   ブロックしている方はテンションとあまり変わらないのですが、相手は「伸びてこない」といって結構タイミングが合わないようでした。V1でブロックすると回転がちょっとかかり安定するので相手も連打しやすそうだったので、R1はブロックでもナチュラルな変化が出やすいみたいですね。
  (2)カウンター
   強いカウンターというより、ちょいかけ伸ばしみたいなカウンターが好印象でしたね。ラリー中に前でグッとかけたボールは初速も速いのですが、伸びもあるようで相手が結構押されているようでした。硬めのラバーなので、余計にボールを持つことや相手のボールに押されることもあまりないので、結構強気に振ることができました。
  (3)カット
   正直可もなく不可もなくですね。変化や抑えやすさは他のラバの方がいいものが多いと思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   テンションに比べると球をしっかりと持ってくれて切りやすいですが、他の粘着ラバーに比べると少し球離れが早いですね。V1よりもかからない印象を持ちました。弾む分ロング系のサーブの威力は良かったですね。
  (2)レシーブ、台上技術
   V1に比べるとツッツキの切れ味はちょっと物足りません。ただ、V1より回転の影響を受けないので、フリックや流し、チキータなどはやりやすかったです。特にチキータはスピードもありながら回転量も豊富なのでその後の展開を作りやすかったです。他の粘着ラバーだと回転はかかるけどスピードが出ないということがありますが、R1はそのバランスがいいですね。弾みもあるので、チキータに限らず長めのレシーブはちょっと振って回転をかけると結構安定します。ツッツキも真下となるとイマイチですが横下回転をかけると良い感じでしたね。ストップもテンションよりはやりやすいです。
[おすすめな方]
   正直、このラバーはフォア面で使用する人はあまりいないと思います。少なくても高校生以上の男子でパワーがあるのであればV1の方がいいですね。そう考えると女子のフォア面で変化が欲しい人、もしくはバック面で粘着を考えている人にお勧めとなりますね。女子のフォア面であれば、回転もかけれながらもミートも安定し、若干癖玉を出すことができます。バック面に使用する場合は、ブンブンバックを振る人でなければ、レシーブの多彩さやブロックでのナチュラルの変化を生かせると思います。私自身バック面に使用して、大きく打ちにくいと感じることがあまりないので、テンションをバックに貼っていてそれほど中陣から打たないのであれば、試してみる価値はあると思います。
  ラケットはあまり選ばないと思いますが、柔らかめの5枚より硬めの木材でちょっと弾みラケットだと生かせる気がします。このラバーの魅力は粘着の中ではかなり弾む方ということです。弾みをより生かせるラケットに適していると思います。
[まとめ]
   V1が「粘着を使っていたけどもっとスピードが欲しい」という人が使うラバーだとすれば、R1は「テンションを使っていたけど粘着に興味がある」という人が使うラバーだと思います。私自身、バック面に粘着を使ったことが無かったのですが、ほとんど違和感を感じません。もちろん粘着らしさが他の粘着に比べて薄いこともあるのかもしれませんが、トップ選手用のラバーをバックに貼りながらバックドライブなどが安定しなかったり、安定を求めてラバーの質を落とした結果、回転量に不満が出たり、という人の間に入ることのできるラバーだと思います。弾みとしてはヴェガ系に負けていないと感じますが、回転に関してはだいぶ勝っていますし、弾道も粘着らしさを残しています。それほどさがらず、しっかりとフォアに結び付けたい人にとってバック粘着というのは一つの選択肢だと思いますが、それがかなり手を出しやすくなった。そんなラバーがR1ではないでしょうか。程よい弾みと、他のラバーにない回転量、粘着らしい弾道、テンションと変わらない使いやすさ、この魅力をぜひ試してみてください