000000010011_9aiccWh








































投稿者:ゲンマ

[自己紹介]
  上半期は多数の投票ありがとうございました。今後も続けられる範囲でレビューを頑張ります。よろしくお願いします。

  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。
  実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。
  よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。
[レビューする商品名]
  ブルーグリップV1【DONIC】
[使用環境]
  バーウェルのフォア面にMaxで使用。バック面はブルーグリップR1です。
[はじめに]
  卓球王国の日野自動車の岩崎選手によるレビューを見て、興味を持ちました。翔龍に比べ、粘着らしさが増しているということでしたが、粘着自体はベタベタせず、微粘着という感じです。R1よりはあります。また、硬さもそれほどガチガチという感じではありません。スポンジですが気泡はほぼないですね。R1はスピン系テンションのように気泡がありました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   打球感としては、極端に硬くないので打っていてキョウヒョウや木星ブルーよりはテンションにだいぶ近い感じがします。球のスピードに関しては、粘着としては速いですが、テンションとしては微妙ですね。それは仕方ないと思います。ラバーの引っ掛かりは強く、打つ瞬間にグッとつかむ感じがあります。弧線も高めに出ますが、粘着らしい球は確かに翔龍より出ますね。ラリーをしていると、こっちとしては普通に打っているのですが、相手からは「ボールの質が結構ばらけていて取りにくい」と言われました。それなりにナチュラルな変化が出ていたようです。個人的にはこっちのミスが少なくなり、相手のミスが増えるラバーという印象です。キョウヒョウや木星ブルーなどであればできるだけ前で回転量で押していくし、テナジーなどのテンションであればスピードで押していくので、自分の意志で得点を取るというイメージですが、V1はどちらも難しいのに、相手がミスるという感じです。また、しっかりかけると2速の伸びもあるので、粘り系にはいいかもしれませんね。
  (2)対下回転ドライブ
   粘着テンションといっても、表面の引っ掛かりは優秀なので、下回転打ちは粘着のように打つことができます。特にループドライブの質はいいですね。翔龍よりゆっくりと飛んでいってくれるので、より粘着らしく時間を作ることができます。もちろん木星ブルーなどに比べると若干質が下がりますが、その後の打ち合いではV1の方が力を発揮しやすいので、充分な性能だと思います。一発強打をしようとすると、若干棒球になりやすいので、しっかりかけるのか弾くのかを意識するとより得点に結びつけやすいと感じました。
  (3)ミート打ち
   テンションの要素も入っているのでスマッシュなどのミート打ちもある程度やりやすいです。若干ナックルになってくれるのもいいですね。しかし、どちらかというとドライブ系の回転重視のプレーの方がV1は合っていると思うので、無理にミート系を使う必要はないと思います。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   ミート打ち同様テンション要素があるのでブロックは安定しますが、ちょっと伸ばしたり横回転を入れたりなど変化をつけた方がいいかもしれません。当てるだけだと棒球になりやすい感じがします。
  (2)カウンター
   カウンターはしっかり引っ掛けるとかなり鋭いボールになってくれますね。当てるだけだといまいちですが、相手にループをさせてからのカウンターは特にしやすかったです。スピードボールに対してというよりは、遅い回転のかかったボールに対しての方がシートが負けず、しっかりとカウンターすることができます。ただ、この辺は翔龍に比べて特別優れているという感じではないですね。
  (3)カット
   このラバーはしっかりカットすると飛ばないですね。ブチっと切ることもできますし、合わせてナックルにすることもできます。しっかりと抑えることができるので、そんなに下がらないでプレーもできます。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   正直可もなく不可もなくという感じですね。若干横上系の伸びがいいと感じました。粘着テンションとしては充分合格だと思います。ロングサーブのスピードがちょっと物足りないかな。
  (2)レシーブ・台上技術
   粘着らしく台上は安定感ありますね。スピード感は若干足りませんが、差し込むツッツキは相手も打ちにくそうでした。ストップも止まりますね。
[おすすめな方]
   基本的な狙いは「粘着らしいけど飛距離を上げたラバー」であり、それをしっかりと実現していると思います。先に発売されているヤサカの翔龍やヨーラのゴールデンタンゴに比べるとより粘着らしさが出ていると思います。ゴールデンタンゴはちょっと弾みが強すぎますし、翔龍は回転量が今一歩と感じるからです。V1は粘着とテンションと言ったら粘着寄りの性能だと思うので、粘着を使っていてラリーでもっと勝負したいという人にお勧めですね。サーブレシーブやループドライブ、カウンターを中心にラリーをしない人であれば粘着がいいでしょうが、どうしてもラリーになってしまうのであれば、V1はありだと思います。また、カットマンにもお勧めですね。男子よりは女子の方が変化を生かせるかもしれません。
   相性のいいラケットですが、個人的には木材がいいと思いました。インナーフォースZLCに貼ったのですが、思ったより弧線が出ず、飛距離も出ませんでした。普段から木材を使って粘着の人はそのままのラケットだとスピードが上がり、ラリー志向になれるかもしれません。
[まとめ]
   使っていてとにかく感じるのは「打ちやすいのに、相手にとっては嫌なボールになっている」ということです。キョウヒョウや木星ブルーなどの生粋の粘着ラバーに比べると明らかに使いやすいですが、それらのラバーよりもナチュラルに変化が出るので、勝手に得点になっているという印象があります。自分は気持ちよく同じ質のボールを打っているつもりなのに「球バラバラで取りにくい」と言われました。正直今まであまり言われたことがなかったので、びっくりしましたが、それがV1の魅力なのかもしれません。
   正直、抜群の回転量があるわけでもないですし、爽快感のあるラリーができるわけではありません。どちらかと言ったらネチネチとした粘り系のプレーが増えるラバーだと思います。しかし、点数がしれっと入っていく不思議なラバーです。中級者程度であれば、思いのよらぬラッキーポイントが多いかもしれませんね。
   良いように書きましたが、誰にでも合うラバーかと言われたらそうではないと思います。回転が特別かかるわけではない、スピードがとても速いわけではない、でも打ちやすさといやらしさを持っている。そんなラバーです。打ち合ってもテンションに負けない強さもあります。高バランスの粘着テンションラバーです。