k1js
















投稿者:
ゲンマ

[自己紹介]

  上半期は多数の投票ありがとうございました。今後も続けられる範囲でレビューを頑張ります。よろしくお願いします。

    20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。
    実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。
    よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  HYBRID K1J【TIBHAR】

[使用環境]
  ダイナスティカーボンのフォア面に使用しました。バック面は翔龍です。

[はじめに]
  粘着は結構ある感じです。翔龍やブルーグリップよりもありますね。重量はちょっと重めです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   弧線が高く粘着らしいのですが、スピードも充分あります。粘着テンションではトップクラスですね。ブルーグリップや翔龍に比べると、弧線の高さもあります。テンションに近い感覚ながらも粘着らしい弧線と回転量が確保されています。ゴールデンタンゴよりも球持ちが良く、ボールが軽くなりません。上から押しこめばかなり強いボールを打つことが可能です。粘着テンションとしてはかなり完成度が高い感じですね。打っていてストレスを感じません。
  (2)対下回転ドライブ
   ループの感触がいいですね。翔龍やブルーグリップなどの粘着テンションに比べるとシートの引っ掛かりが強く、薄く捉えやすいです。その分、回転量は十分に確保することができます。強いボールに関しても弾きながら打つことができます。ただ、ループなのか弾きなのかをしっかりと自分で打ち分けることが求められると思います。オートマに良いボールになるのではなく、マニュアルでラバーの性能を生かせるかが求められているという感じですね。個人的には対下回転に関しては、キョウヒョウや木星などの純粋な粘着以外の粘着テンションの中ではとても安心感があり、質の高いボールを送ることができるという印象でした。
  (3)ミート打ち
   これはとても好感触でした。弾みの良さもあるのか、かなり打ちやすかったです。また、シートの引っ掛かりもいいので、相手のラバーに押し負けずに叩くことができます。スピードも充分なので、バック面に使用することもできるのではないでしょうか。粘着テンションとしてはかなり打ちやすい部類になると思います。自分の力で打つことができ、とても安心感があります。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   弧線が出やすいラバーなので、ブロックも若干弧線を描きます。ただ、シートの引っ掛かりの割にはそれほど回転に左右されないので、ブロックはテンションのようにできる印象です。
  (2)カウンター
   卓球王国で岩崎選手がカウンターを絶賛していましたが、私としてはちょっと飛びすぎかもと感じました。前陣でのちょいカウンターならいいのですが、合わせて強めに打つときはオーバーする印象が強かったです。ただ、カウンターをミート系打法でするとかなりやりやすかったです。ツッツキをして持ち上げさせたのを叩く、というプレーにいいかもしれません。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   弾みが強いので、粘着に比べると長くなりやすいです。その分、ロングサーブの伸びやブレーキはかなり効く感触です。思いきってかけるほうがこのラバーには良いかもしれません。
  (2)台上技術
   ちょっとストップを収めるのが難しかったです。ツッツキに関してもブルーグリップや翔龍の方が切れる感じでした。おそらく弾みの強さからだと思います。上方向の飛び出しが強い分、高くボールが出て収まらないのかもしれません。ある程度台上は強めのボールを送る方が相手にとっては嫌なボールになるのかもしれませんね。

[おすすめな方]
   粘着を使って細かい技術で勝負、という人よりも、粘着の弾道、回転量を持ちながらも大きいラリーで点が欲しい、という人向けだと思います。ブルーグリップよりも粘着に近いのですが、単純な弾みもあります。フォアドライブでどんどん攻めていく人に使ってほしいと思います。テンションを使いながらもっと回転が欲しい人、粘着を使いながらかなりのスピードを欲する人向けですね。
   合わせるラバーは板厚が厚くならなければ5枚合板でも7枚合板でもインナーでもアウターでもいいと思います。板厚が厚いと弾き要素が強くなりすぎる気がします。弧線が高いので特殊素材でもコントロールが効きますし、合板だと弾みをラバーで補えるので相性がいいと思います。

[まとめ]
  粘着テンションもどんどん進化していますね。ボールの軌道はとてもゴールデンタンゴに似ているのですが、それ以上に回転がかかるラバーです。ただ、重さはあります。ブルーグリップは粘着らしさもあるのですが、弧線が若干低いですね。それでいてK1Jより弾みません。翔龍は回転量がちょっと劣り、ボールが浅くなる感じがします。ゴールデンタンゴはボールが軽くなるという印象です。K1Jはかなり完成度が高いラバーです。ただ、使う人によっては弾みすぎ、という人もいると思います。ディグニクスを使用する選手が少ないように、ラバーの完成度が上がっても使いこなせるとは限りません。そういった意味では使う人を選ぶラバーと言えるでしょう。現時点では粘着テンションの最高峰という感じです。ただ、何を求めるかですね。もっと台上にこだわりたいのであればK1Jは向かないでしょう。どちらかというと粘着で攻撃重視の人向けです。自分に合ったラバー選び、難しいですね。