946_1_450 (1)
































投稿者:ゲンマ

[自己紹介]
  上半期は多数の投票ありがとうございました。今後も続けられる範囲でレビューを頑張ります。よろしくお願いします。

      20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。
      実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。
      よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  アゼリアオフェンシブ【STIGA】

[使用環境]
  84gを使用しました。フォア面はヘキサ―グリップの1.9mm、バック面はファスタークS1の厚を使用しました。

[はじめに]
  ぽこぽこした打球感ですね。弾みは5枚合板としては普通でしょうか。打球感は柔らかめですね。グリップがかっこいいです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   軽いスイングでもラケットが軽いのでスイングスピードが確保されしっかりと飛んでくれます。インフィニティに比べると飛びは物足りませんが、弧線はちょっと高めですね。セレロウッドに比べるとしなりが少ない分、板で負けないので、どんどん打っていくことができます。スピードと弧線の安定感がいいですね。極端に飛ぶわけではありませんが、板でしっかりと弾き出しながら弧線を描いてくれるのが、5枚合板でも打ち負けない印象を与えてくれます。ボールもしっかり伸びてくれるので、対上回転では安心感が強いです。
  (2)対下回転ドライブ
   しなりで飛ばすというより包む感じの打球感なので、ある程度ぶつけて打った方がいいかもしれません。5枚合板としては回転量としては十分ですね。弧線も高めです。ループもいいですが、強めに打ったボールもしっかりと回転がかかります。ただ、セレロウッドやアコースティックに比べると回転量、ボールの伸びは物足りないかもしれないです。バランスの良さが売りという感じですね。
  (3)ミート打ち
   自分の力でコントロールでき、打っていて爽快感があります。ボールがちょっと上に飛ぶのでドライブの中でミートを入れるのが結構簡単にできます。直線と弧線を上手にコントロールできる印象です。インフィニティやセレロウッドはドライブ系打法が中心のイメージがありますが、アゼリアオフェンシブはミート系にも強いので女子選手にも向くのかもしれません。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   若干硬い板が相手のボールに押し負けずブロックを比較的簡単にしてくれます。変化形のブロックというよりはしっかりと止めるブロックがやりやすいですね。
  (2)カウンター
   カウンタードライブ、カウンタースマッシュどちらも自分の力で打っていくと安定する印象です。ショートスイングの当てるだけのカウンターだとボールが飛ばず安定しませんでした。若干距離をとってからのカウンターの方が武器になると思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   5枚合板らしくしっかりとサーブに回転をかけることができます。特にショートサーブのコントロールがしやすかったですね。下系もしっかりと切ることができました。
  (2)レシーブ、台上技術
   フリック系のレシーブは程よい弾みで安定して打つことができます。チキータも回転をしっかりかけることができます。個人的にはストップの安心感がとてもあったのが好印象でした。相手のサーブの回転に負けずしっかりと台上に止めることができたのでその後に先手を取るラリーを仕掛けやすかったです。

[おすすめな方]
  中陣あたりでラリーをする選手や攻撃を積極的にする女子選手にお勧めです。セレロウッドに比べるとしっかり飛んでくれるという点と弾きでも安定する点から中陣で使っても相手に大きく負けることがないと思います。また、カウンターというより自分の力で打つ人向きだと思うので、ある程度の弾きを求めている選手にいいと思います。
ドライブとミート両方しやすいという点から女子選手にもお勧めです。ドライブをかけてから叩くという戦術を取りやすいラケットだと思います。また、重量が軽めなのも魅力的ですね。
個人的に中学生の最初にスワットやコルベル、オールラウンドエボリューションなどを使わせてから、その次のラケットというと何がいいのか迷っていました。
アコースティックではちょっと高いですし、セレロウッドもいいのですが弾きが足りず、インフィニティはコントロールしきれない…。アゼリアオフェンシブはちょうどその不満を解消してくれる印象です。バランスのいいラケットなので、中学生の2本目にちょうどいいかもしれません。
   合わせるラバーはテンションでもいいですが、粘着だとより性能を生かせるかもしれません。ただ粘着を貼ると引き合いは物足りないかもしれません。しかし、回転量の物足りなさを補い、しなりのあるラケットにありがちな押し負けるという短所もなくすことができます。テンションであれば爽快感のある安定した卓球が可能だと思います。

[まとめ]
   グリップのデザインもかっこいいですし、性能としても非常にバランスが取れています。このラケット最大の魅力はドライブ打法とミート打法の両方がしやすいということです。回転量やスピードが勝っているラケットは多くあると思いますが、バランスの良さという点ではかなりハイレベルだと思います。個人的に似ていると思うのはニッタクのルデアックでしょうか。
ただ、ルデアックの方が直線的に飛ぶかもしれません。セレロウッドよりちょっと硬く弾きが強い。インフィニティよりちょっと弾みを押さえコントロールしやすい。スティガのラケットの中ではそんな立ち位置なのかなと思います。