20180409_c43c43














































投稿者:ペン粒転向マン

[自己紹介]
  卓球歴は大学に入ってからサークルで4年弱。1年前にシェークバック粒→ペン粒に転向しました。
  レビューは初めてですがご容赦願います。

[レビューする商品名]
  イミューンOXコンビ

[使用環境]
  イミューンoxコンビ
  硬い褐色面に、柔らかい粒高のラザントカオス
  柔らかい面にヘキサーパワーグリップ特厚を貼って、1度試打しました。
  今まで使っていたオールラウンドエボリューションと比較した感想です。

[はじめに]
  ようやく入手できまして、他にレビューが見当たらなかったため、書いてみようと思った次第です。
  一言で言うと「ペン粒が用いるあらゆる技術に最適化された、オールラウンド用ラケット」という印象です。
  ペン粒であれば、反転して奇襲的にペンドラでやるといったプレーを含め、不自由を感じる技術はほぼ無いと感じます。

  重さは、軽いことで有名なオールラウンドエボリューションとあまり変わりませんが、重心が先なので少し重く感じます。
  (計りが壊れており、オールラウンドエボリューションの正確な重さがわからなかったので感覚です。)
  この重心が非常に優れ物で、適当に構えれば勝手にヘッドが下がりペン粒に適した角度になります。

  グリップはオールラウンドエボリューションほどではないですが少し太いです。自分は男性の中では最も手が小さい部類ですが、特厚を根元まで貼ると僅かに持ちづらいです。さすがにOSPの美麗なグリップは削れませんので、空けて貼るといいかと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  1.裏ソフトのドライブ(フォア、バック裏面)
  柔らかい面に貼ったため、オールラウンドエボリューションと感覚はほぼ変わりませんでした。基礎打ちでは僅かに飛ばないかなと思ったのですが、振ると十分な威力で入ります。ただ、最初は少し浅く入りやすいかもしれません
  また、裏面の角度がかなり出やすく、安定します。

  2.粒のミート打ち、ドライブ、プッシュ
  硬い面に貼りましたので、球離れが早く、ミート打ちがナックルになりやすいです。
  ドライブは特に不自由はありませんが、柔らかいオールラウンドエボリューションと比べると流石に少しやりづらいかもしれません。
  プッシュについては特にありませんが、無難にやりやすいです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロックですが、
  「止まる割に打てる」という紹介でしたが、オールラウンドエボリューションしか使ったことがない身としては「とにかく止まる」と言えます。
  特にカットブロックは素晴らしく、スイングしてもかっ飛ばないことに感動を受けました。
  裏ソフトでのブロックも、オールラウンドエボリューションと比べるとなかなか安定します。

  ちなみに、ツッツキも切りやすいです。

[おすすめな方]
  プレーに制限を付けずなんでもやりたい、しかし攻撃用ラケットでは技術的な問題で不自由を感じるという人にはピッタリかと思います。
  止めるのが主体ならば守備用ラケットほどは止まりませんので、そちらのほうがいいかと思います。

[まとめ]
  おすすめしようにも入手困難ですので何とも言えませんが、ペン粒ならば一度は使っておきたいラケットに感じます。

[補足]
  ラザントカオスはどちらの面に貼るべきか迷いました。
  とりあえず柔らかいテンション粒ですので硬い面に貼りましたが、自分でスイングしていくラバーですので、柔らかい面のほうがよかったかもしれません。
  しばらくはこれで使ってみますが、また試してみるかもしれません