images













投稿者:Pマン

[自己紹介]
  初めてのレビューなので1番気に入ったラバーを紹介したいと思います。拙いところもあると思いますが宜しくお願いします。

  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist
  スキャンダル

[使用環境]
  剛力FL
  黒:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
  赤:スキャンダル1.5mm
  どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  最初はビオンセロという非常に球持ちのいいラケットに貼って使ったのですが、柔らかさのせいかあまりのぼやけた不安定さに当初は扱い切れない没ラバーでした。
  しかし剛力だとその硬さとの相性がいいせいか、【相手にはやりにくく、自分はそこそこやりやすい】というバランスがとても気に入ってます。

  あとスポンジは1.5mmだとブロック時は男子のの全力強打にほぼ喰らわない、ただ攻撃時に打球感がぼやける。
  1.2mmだとブロック時は全力強打は喰らったりもするが、攻撃時は硬く感じてミート打ちが安定します。ちょいスピードも上がる気がします。

  そもそも全力で打たれた時点で負けと考えれば1.2mmのほうが操作性が高くて良いとは思います。ただ相手の強打をビタ止めするのが楽しいので1.5mmを愛用してます。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブはほぼしません。安定しませんし、メリットも特にないので。試合中に1回ぐらいだすとよく空振りしてくれますが。

  【ミート打ち】

  対上回転:
  強打はほぼできません。跳ね際を乗せ打ちのように送ると上っぽいスイングなのにナックルかチョイ下が出てくれます。

  対チャンスボール:
  高く上がった弱い回転なら強打できます。しかしシートだけで打つと滑って安定しないので、まっすぐスポンジに食い込ませて打つと安定します。

  対下回転:
  そこそこ高さがあれば回転量無視で叩けます。むしろ下回転あったほうが安定します。かなりの得点源です。低いと弾まないこともありネットに掛かりやすいのでまっすぐ乗せ打ちのようにコースを狙う感じが安定します。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  跳ね際さえ捉えれば非常に安定して良く止まります。カット性ブロックのように軽くスイングすると安定した弧線、速くスイングすると低く鋭いブロックになります。
  スイングしないで気持ち後ろに引くようにまっすぐ当てるとネット際に非常に短くブロックできます。
  横系のブロックは滑るせいか安定しません。

  回転量はやはり粒高でブチッと切ったときより絶対量はありません。ただ同じフォームから回転が残ったり打ち消されたりするのが相手にはよくわからないポイントらしいです。

  いろんなブロックが出来る点ではリフレクションやトランフォーマーより操作性が高いです。
  ただ止めるだけならリフレクション、当てただけの回転反転能力はトランスフォーマーに軍配があがりますが、そこを自分の技術次第でどうにでもできるのがスキャンダルのいいところだと思います。

  【ツッツキ】
  回転を掛けるのはアンチなので粒高より難しいです。ほぼ掛けられないレベルです。スポンジ食い込ませてなんとかぐらいです。

  ただリフレクション、トランスフォーマーより若干球持ちがあるので低く鋭くは出しやすいです。コースつけば試合序盤はチャンスボールが多くなります。

  【カット】
  ちょっと弾まなさすぎるので下がると押すように切らないと届かないです。最低でも中陣ぐらいで打点が高い位置で切らないと質のいいカットにはならないです。前で切れれば回転量は多いですね。本職カットマンにはオススメしにくいです。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  どんなに下回転ぽいフォームで切ってもナックルです。試合で1回ぐらいはありかと。

  【レシーブ】
  回転を喰らいにくく、ストップや払いも慣れれば一通りできます。
  ただ、やっぱり対ナックルロングに弱いのですが、スポンジに食い込ませるように打てば上っぽくも下っぽくも返球できます。回転は相手依存ですが。

  ただ自分から回転掛けることが絶望的なので、反転やら回り込み等を駆使してアンチを狙わせないことが重要だと思います。


  【フリック】
  下回転が掛かってれば払うのは非常に安定します。何も考えずにまっすぐ打てば入る気がします。スピードはまぁ期待しないでください。


  【ストップ】
  回転無視してストップが簡単にできます。リフレクションだとネット届かなかったり上にあがりやすかったので、その辺スキャンダルのほうが私にはコントロールしやすかったです。
[おすすめな方]
  アンチ技術が足りない方は、ディアボリックかリフレクションから始めることをおすすめします。それらに操作性を多少犠牲にしても変化を求めたいならこのスキャンダルがいいのではないでしょうか
[まとめ]
  変化度強めだが、振り次第で暴れないアンチだと思います。守備技術重視で強くはないが攻撃できるラバーだと思います。
  【相手はやりにくく、自分はソコソコやりやすい】そんなラバーです。
[補足]
  ざっくりマテリアル社低弾スポンジアンチレビュ
  (トランスフォーマー、ディアボリックは両方ともエクストラスロー1.2mmVER、スキャンダルとリフレクションは1.5mmです)

  【変化度】
  トランスフォーマー≧スキャンダル>リフレクション>ディアボリック

  【弾み】
  ディアボリック>トランスフォーマー>スキャンダル>リフレクション

  【球持ち】
  ディアボリック>リフレクション≧スキャンダル>>トランスフォーマー
[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  使用したことあるアンチ
  トランスフォーマー
  ディアボリック
  リフレクション
  スキャンダル
  ディアボリックエクストラスロー
  トランスフォーマーエクストラスロー