アンチスピード





















投稿者:Pまん


[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist
  アンチスピード

[使用環境]
  剛力FL
  黒:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
  赤:アンチスピード2.0mm
  どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  テンション系アンチというなかなか珍しいカテゴリーのラバーです。
  開けてみるとしっかりテンションが掛ってるせいかめっちゃ反ってます。
  マテリアル社にしては珍しくツルツル系ではなく多少引っかかりもありシートもスポンジも柔らかい系です。
  名称に「アンチ」って書いてなければ誰もアンチだとは思わないのではないでしょうか。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【ドライブ】
  他のマテリアル社のアンチと違い、日本製のアンチのような引っかかりと食い込みが強いので弧線を描いて打てます。弱い回転量と、ラバーが柔らかいということで球質としては軽いです。
  特に下回転が強いとドライブも安定するのはテンション系アンチの特長ではないでしょうか。
  対上回転でも柔らかい食い込みでホールドしてドライブが打てます。

  が、やはりこのラバーはミート打ち主体のほうが個性がでやすいとは思います。

  【ミート打ち】
  柔らかいほうがミート打ちが安定するタイプの方にはオススメします。柔らかい表ソフトに似た感覚です。
  硬いのが好みの人には力が伝わりにくいかもしれません。

  対上回転:
  強い上回転にも喰らわず攻撃的なミートが打てます。スピードもあり、ナックルなので決めればかなりの得点源だと思います。

  対チャンスボール:
  通常のアンチだと神経使うところですが、簡単に打てます。ただシートは引っかかりが弱いのでしっかりスポンジを食い込ませて打つと安定します。

  対下回転:
  他のツルツル系アンチと比べれば回転の影響をうけますが、それでも裏ソフトや表ソフトよりは影響が少ないので積極的に攻撃できます。慣れれば相手の下回転が強い方が安定した球を打てます。


  【プッシュ】
  速い決定力のあるプッシュが打てますが、柔らかいことと弾むことが多少回転の影響を受けることで安定しません。振っちゃったほうが威力も安定感も出ると思います。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  粒高やツルツル系アンチで打つようなふわっとしたカット性ショートはほぼできません。
  まったくできないわけではないですが、弾んだり回転の影響も受けるので実用レベルではないと思います。スポンジを薄くすれば、、、とは思いますが逆にこのラバーの個性を殺してしまう気がします。

  ただ、当てるだけブロック、カウンター気味の弾くようなブロックは微妙な引っかかりぐあいでやりやすく、スピードもあり、ナックルになりやすいのでかなり効果的です。
  柔らかい表ソフトのような打球感で、硬い表ソフトのような球質のブロックができます。


  【ツッツキ】
  回転を掛けるのはアンチなので粒高より難しいです。多少の引っかかりと弾むことから低く鋭いナックル系のツッツキが出せるので、次の攻撃には繋がりやすいです。

  またスポンジに食い込ませる感覚の強い人は回転を掛けたり掛けなかったりできるとは思います。難しいですが。


  【カット】
  柔らかいですし、回転も喰らわないので、弾みを自分で抑えることができればカットはできます。
  ですがあまり質のいいカットを出すのは難しいですし、反転能力もないのでこのラバーでやるメリットは感じないです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  速いナックルロングはなかなかいいですね。どんなスイングをしてもナックルになるので対粒高とかに効果的です。

  【レシーブ】
  柔らかく食い込みがよく、ドライブも打てるのでアンチ苦手とするナックルロングも苦になりませんし、裏ソフトや表ソフトに比べて回転の影響も受けにくいので死角らしい死角はないかもしれません。強いて言うならストップを短く止めたり、ツッツキを切ることはできますが、難易度が高いのでそれを試合に使えるかどうかは鍛錬次第でしょうか。

  【フリック】
  アンチ特有の回転の影響を受けにくく、弾みもスピードもあるので非常にやりやすいです。ただ弱いタッチだと滑るときがあるのでスポンジの食い込みを意識すると安定すると思います。相手の下回転が強いときは逆にシートで滑らせて打つという使い分けもできます。

  【ストップ】
  回転の影響を受けにくいので、勢いを吸収さえできれば打てますがやっぱりテンションで弾むので難しいです。

[おすすめな方]
  意外と裏裏とか裏表の人で、バックでリズムを変えたい人、回転の影響を抑えたブロックがしたい人、相手の切れたツッツキやカットでもバシバシ軽打を仕掛けたい人に向いていると思います。
  逆に今まで粒高やツルツルアンチを使ってきた人にはまったくコンセプトが異なるので気をつけて下さい。
  あとシートもスポンジも柔らかいので、力が強い男子だと物足りないと思います。力を抜いて叩いたり振れる人には回転の影響が少ないので自分の球が打ちやすいと思います。

[まとめ]
  打球感は柔らかい裏ソフト、球質は柔らかい表ソフト、シートを滑らせるように使えば変化表に近いラバーだと思います。弾みは高弾性ラバー以上テンション系以下ぐらいの位置ですかね。
  人によってはスピードもスピンも中途半端と捉える人もいるかもしれませんが、相手の回転の影響は強く受けないので自分の振りで安定していろんな球が打てる面白いラバーだと思います。
  マテリアル社の他のアンチとは別ジャンルのものと考えて下さい。
  いままで粒高やアンチを使ったことない人、むしろそういった人のほうが今までのプレイに上手に組み込めるられる可能性を感じました。
  一見普通な戦型だけど、なんかちょっと相手が「あれ?」と首をかしげるようなプレイがやりやすそうです。

  イメージとしては回転の影響を受けにくいプラクソン400をさらに影響受けにくくした感じでしょうか。
[補足]

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  使用したことあるアンチ
  トランスフォーマー
  ディアボリック
  リフレクション
  スキャンダル
  ディアボリックエクストラスロー
  トランスフォーマーエクストラスロー
  アンチスピード