トランスフォーマー


















投稿者:Pまん


 [自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。(トランフォーマー使用時はまだ反転プレイをしていなく、バックにトランスフォーマーを貼ってました)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist
  トランスフォーマー

[使用環境]
  剛力FL
  フォア赤:太陽pro極薄皮付
  バック黒:トランスフォーマー1.5mm

[はじめに]
  実はこのラバーは元々粒高プレイヤーの私が初めてアンチを試したときのラバーでした。当時はアンチで打つ技術が乏しくとても使いこなせてたとは言えませんでした。何ヶ月か使ってはみましたが諦めて粒高に戻りました。
  そして2年ぐらいしてから今度はディアボリックを試し、粒高に似た操作性とアンチ特有の滑る感じが気に入りアンチの打ち方を少しずつ習得していきました。今ではマテリアル社の他のアンチを全て試すぐらいにどっぷりはまっています。
  ですので私が粒からアンチに変えたときのレビューになりますので、そこを前提としてお読み下さい。

  表面は他のアンチがシットリ、ツルツルってイメージなんですけどトランフォーマーはカサカサ、サラサラみたいなイメージです。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブは無理といってもいいぐらいにできませんでした。滑るし弾まないですし、メリットも特にないので。正直ほかのアンチならなんちゃってドライブとかできるんですけど、それすらもキツいですね。下回転がくればなんとかドライブの真似事ができるぐらいでしょうか。

  【ミート打ち】
  面を下に傾けると滑って落ちるので、攻撃はミートが主体のほうがいいと思います。


  対上回転:
  強打はできません。跳ね際を乗せ打ちのように送ると上っぽいスイングなのにナックルかチョイ下が出てくれます。タイミングよくだせればけっこう下回転も残せますね。気をつけないとホップするように球が暴れます。

  対チャンスボール:
  高く上がった弱い回転なら強打できます。しかしシートだけで打つと滑って安定しないので、まっすぐスポンジに食い込ませて打つと安定しますが、球離れが速いので食い込ませるのはむずかしいです。あまり安定しないので神経つかいます。これも気をつけないとホップするように球が暴れます。

  対下回転:
  そこそこ高さがあれば回転量無視で叩けます。むしろ下回転あったほうが安定します。が、スピードが遅く強く打たないと抜けないし、強く打つとコントロールが難しいというジレンマがありました。ここの攻撃技術はエクストラスローのほうが硬さを感じた分、速く安定しました。

  【プッシュ】
  相手にした回転さえ入っていれば安定してコースも狙えます。
  ナックル気味のボールに対しては、丁寧に入れてかないと球が暴れます。
  やはり遅いので多様は禁物です。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  跳ね際を捉えないとネットに届かないことが多数あるので、跳ね際かなり重要です。
  カット性のスイングしてもしなくてもそんな反転する回転量は変わらない気がします。
  跳ね際で当てるだけだとふわっとして予想外に回転が残り安定します。
  思いっきりスイングすると低く鋭く見るからに切れたブロックが入りますが、思い切って打つには少し弾みすぎて収まりが悪かったです。その辺はやはりエクストラスローのほうが扱いやすかったです。
  ただ当てるだけのブロックだと、スポンジに少し厚みがあるせいかエクストラスローより弾かれにくい気がします。

  【ツッツキ】
  回転を掛けるのはアンチなので粒高より難しいです。ほぼ掛けられないレベルです。スポンジ食い込ませてなんとかぐらいです。滑ってけっこう上にあがりやすいのが難点です。

  【カット】
  少し弾まないので押すように切ってちょうどいいくらいです。ただ打点が低いと、切れずに高い弾道になりやすいので、なるべく高い位置でカットするのがいいと思います。前で切れれば回転量は多いですね。軌道の低い切れたカットがだせます。自分で切ったり切れなかったりは難しいですね。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  アンチなので省略

  【レシーブ】
  回転を喰らいにくく、ストップは短くなりますが上にあがりやすく、フリックは当時は滑って難しかったです。今の私なら回転利用で打てるんじゃないかな?と感じてます。
  ただ、やっぱり対ナックルロングに絶望的に弱い気がします。短く止めるならスキャンダルとかリフレクション、打ちに行くならディアボリック系、に軍配があがり、ただ暴れ玉になる印象です。

  【フリック】

  当時はアンチでフリックができなかったので相手にプレッシャーをかけられませんでした。今の私なら回転利用で入れてくぐらいはできるのではないでしょうか。リフトやプッシュのような技術で相手コートに送る方が安全ですね。

  【ストップ】
  低弾性、回転無視でストップはやりやすいです。しかし滑るせいか上にあがりやすくて精細なタッチが必要かと思います。

[おすすめな方]
  アンチ経験が少ない方にはオススメしません。だからといって操作性がないので玄人好みでもないと思います。カット性ショートのスイングができない人でズッと手前で止め専の人とかはオートマチックな変化で面白いかもしれません。

  ボールに対してまっすぐ当てたり引いたりしやすいペン粒の方が向いてるのではないでしょうか。シェークだと面を立てたまま抑えたりするのが難しと思います。

[まとめ]
  スイング関係なく相手の球が滑ってそのまま返球できるようなラバー。
  自分の振るモーションと球の回転のギャップでミスを狙いやすいアンチ。
  使いこなすためには相当慣れが必要かと思います。

  当初は日本で買えるアンチとしては個性の強いラバーでしたが、今は目的に応じた高性能なアンチラバーがマテリアル社から次々と出ているので、敢えてこのトランスフォーマーを選ぶ意味が私に見つからないです。
  弾みを抑えて同等レベルのオートマチックな変化量のトランスフォーマーエクストラスロー。
  少し変化量を抑えて、そこそこ操作性を高くしたスキャンダル。
  同等の弾みで操作性を高くしたディアボリック。
  とにかく止める、打ち消すことに特化したリフレクション。
  これらと差別化した戦い方は私では思いつかないです。
  おそらくマテリアル社のアンチでは1番の暴れ球だと思うので、そこで勝負なのでしょうか。私には技術が追いつける自信がありません。

  当時できなかったので試してなかったですが、反転してフォアでのアンチでしたら、腕の自由度が効く分暴れ具合を抑えられた「かも」しれません。また今度機会があったら試してみたいですね。

[補足]
  トランスフォーマーエクストラスローとの差

  簡単に言えばトランスフォーマーを弾みを抑えた分、エクストラスローのほうが安定感はでます。シートは同じカサカサなので変化量自体はさほどありません。

  意外だと思ったのが、エクストラスローのほうが薄さや硬さを感じた分、下回転利用の操作性や攻撃時のスピードが若干あるように感じました。
  逆にブロック時はその硬さが仇となって相手の強いドライブに喰らってしまう感じがしました。
  ノーマルトランスフォーマーのほうがふかふかで食い込む感触があったので喰らうという現象は少なかったです。
  そしてそのフカフカ感が良くも悪くも球の不安定さが強いポイントなのではないでしょうか。


  ざっくりマテリアル社アンチレビュー
  どれもスポンジは1番厚くした状態での比較です。

  【変化度】
  トランスフォーマー≧トランスフォーマーエクストラスロー≧スキャンダル>リフレクション>ディアボリック

  【弾み】
  ディアボリック>トランスフォーマー>トランスフォーマーエクストラスロー≧スキャンダル>リフレクション

  【球持ち】
  ディアボリック>リフレクション≧スキャンダル>トランスフォーマーエクストラスロー>トランスフォーマー

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  使用したことあるアンチ
  トランスフォーマー
  ディアボリック
  リフレクション
  スキャンダル
  ディアボリックエクストラスロー
  トランスフォーマーエクストラスロー
  アンチスピード