リフレクション
























投稿者:Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  der-materialspezialist
  リフレクション

[使用環境]
  剛力FL
  黒:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
  赤:リフレクション1.5mm
  どちらがフォアかバックかは決めていません。

[はじめに]
  低弾性、操作性がしやすいに特化したアンチだとは聞いていましたが、思ったより表面はツルツルでした。しかしシート、スポンジ共に食い込みがあるので操作性が高いのではないかと思われます

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブはほぼしません。安定しませんし、メリットも特にないので。ただ振りの割におっそいので試合中に1回ぐらいだすとよく空振りしてくれますが。

  【ミート打ち】
  全体的にスピードが遅いので慣れられると一発で仕留めることは難しく、強い相手には待たれることさえあります。連打や長短、ブロックなども織り交ぜましょう。

  対上回転:
  強打はほぼできません。跳ね際を乗せ打ちのように送ると上っぽいスイングなのにナックルかチョイ下が出てくれます。タイミングにもよりますが下にはほぼならずナックルになりやすいです。独特な球持ち感がありますので、欲をかいていいボールにこだわらなければ連打も意外としやすいです。

  対チャンスボール:
  高く上がった弱い回転なら強打できます。しかしシートだけで打つと滑って安定しないので、まっすぐスポンジに食い込ませて打つと安定します。弾まないのでしっかり打つことが大切です。高い確度から打つと伸びがなく後ろで待たれてる人にカウンター狙われやすいので注意です。

  対下回転:
  そこそこ高さがあれば回転量無視で叩けます。むしろ下回転あったほうが安定します。低いと弾まないこともありネットに掛かりやすいのでまっすぐ乗せ打ちのようにコースを狙う感じが安定します。

  【プッシュ】
  私のインパクトの弱さもあるのですが、やっぱりスピードが出にくいので待たれて打たれることが多いです。よっぽどいいコースをついたりしないと相手に見てから反応されやすいので多様は禁物です
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (このラバーの真価はここでしょう)

  【ブロック】
  跳ね際さえ捉えれば非常に安定して良く止まります。他のアンチより多少打点が高くなっても台には入ってくれる印象でした。
  カット性ブロックのように軽くスイングすると安定した弧線、速くスイングしても安定した弧線のブロックになります。
  スイングしないで気持ち後ろに引くようにまっすぐ当てると、強打ならネット際に非常に短くブロックできます。軽打でこれをするとネットに届かないことが多数。
  横系のブロックは滑るせいか安定しません。
  回転量はやはり粒高でブチッと切ったときより絶対量はありません。他のツルツルアンチの中でも反転量は少ない方じゃないでしょうか?回転を残すというより打ち消す感があるのでドライブやスマッシュでも似たような角度でブロックしやすいです。
  速い打点、相手の回転量、スイングによっては下回転のブロックもできますが、ブチ切れという感じではないですが、相手に全力で連打されない意味では十分な気がします。

  ただ軌道が安定しすぎて山なりになりやすいです。だからこそコートに入れやすいと言えますが。自分で低くできる技術がないと結局手前での攻撃が得意な人には連打を食らいます。後ろからしか打てない人にはかなり有効ですが。

  自分が反応さえできれば相手の威力や回転量に押されることはないんじゃないか?っていうぐらいのビダ止め能力です。
  逆にMIXなどの女子相手だったり、ドライブの威力に緩急つけてくる人にはちょと弾まなさすぎてブロックの調整が難しく感じました。

  ただ止めるだけならリフレクション、当てただけの回転反転能力はトランスフォーマー、そこを自分の技術次第でどうにでもできるスキャンダルといったところでしょうか。

  【ツッツキ】
  回転を掛けるのはアンチなので粒高より難しいです。ほぼ掛けられないレベルです。スポンジ食い込ませてなんとかぐらいです。滑ってちょっと上にあがりやすいのが難点です。あとスピードがでないので鋭いツッツキには限界を感じます。

  【カット】
  ちょっと弾まなさすぎるので下がると押すように切らないと届かないです。最低でも中陣ぐらいで打点が高い位置で切らないと質のいいカットにはならないです。反転能力も高いわけじゃないのであまりカットで使うメリットは感じないです。後ろに下がるより逆に前のほうが止めやすいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  アンチなので省略

  【レシーブ】
  回転はかなり喰らいにくく、ストップや払いも慣れれば一通りできます。
  ただ、やっぱり対ナックルロングに弱いのですが、スポンジに食い込ませるように打てば上っぽくも下っぽくも返球できます。回転は相手依存ですが。
  しかしナックルロングでも慣れればネット際にストップできるビタ止め能力はあるので3球目を狙ってる相手にはかなり効果的です。

  自分から回転掛けることが絶望的なので、反転やら回り込み等を駆使してアンチを狙わせないことが重要だと思います。

  【フリック】
  下回転が掛かってれば払うのは非常に安定します。何も考えずにまっすぐ打てば入る気がします。スピードは遅いので多用するとカウンター喰らいます。リズムを変えたりコースを考えて使うことが大切です。

  【ストップ】
  回転無視してストップが簡単にできます。が、ネット届かなかったり上にあがりやすかったので、その辺スキャンダルのほうが私にはコントロールしやすかったです。
  ただとにかく短くという意味では恐ろしいほど止まります。

[おすすめな方]
  ツルツルアンチ入門用として、弾みを抑えたいならリフレクション、速いテンポでかき回したいならディアボリックの2種をオススメします。

  もちろん慣れてきても、対ロングサーブでも対強ドライブでもビダ止め能力は実戦の試合向けなラバーだと思います。異質側を狙われて「ロングサーブから3球目ドカーン」で苦しんでる異質の方にはむしろ得点源になるのでオススメします。

[まとめ]
  ビタ止め能力+操作性に特化したアンチラバ
  その代わりスピードや飛距離を犠牲にしてますが。

  実際の試合だとどうしても万全な状態でブロックする機会が少ないので、とりあえずラケットにまっすぐ当てれば止まってくれる安心感は素晴らしいと思います。

  ただ、対戦相手が必ずしも強打を打つ人ってだけではないのでその低弾性が裏目に出ることもしばしばあるので、そこをどう技術で補うかが大切でしょう。

[補足]
  ざっくりマテリアル社低弾スポンジアンチレビュ
  (トランスフォーマー、ディアボリックは両方ともエクストラスロー1.2mmVER、スキャンダルとリフレクションは1.5mmです)

  【変化度】
  トランスフォーマー≧スキャンダル>リフレクション>ディアボリック

  【弾み】
  ディアボリック>トランスフォーマー>スキャンダル>リフレクション

  【球持ち】
  ディアボリック>リフレクション≧スキャンダル>>トランスフォーマー

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  使用したことあるアンチ
  トランスフォーマー
  ディアボリック
  リフレクション
  スキャンダル
  ディアボリックエクストラスロー
  トランスフォーマーエクストラスロー
  アンチスピード