536_1_450































投稿者:欲


[自己紹介]
  卓球歴6年半中ペン裏裏粘着大好きマン♂です。
  ペン粒とカットマンもやります。

  過去に使用した粘着ラバー

  高品質キョウヒョウ系
  省狂NEO3ブルー、オレンジ
  国狂3.5、8ブルー、NEO3ブルー

  ターボブルー、ターボオレンジ
  普狂3.5、8

  国天極2ブルー、天極NEO3

  WRM特注
  キンプロ(パープルスポンジ)、メイスプロブルー(48.46)、パラディングリーン、太陽プロ極薄、APOLLO5(40.39.38)木星2ブルー(36)、アレス(52)、ターゲットブルー

  その他
  スピンアート、愛鯨2、ゴールデンタンゴ

[レビューする商品名]
  ゴールデンタンゴ

[使用環境]
  使用環境
  キョウヒョウ龍5
  キョウヒョウプロ3ターボブルー
  ゴールデンタンゴ(2.0mm)

[はじめに]
  木星2ブルースポンジ36度からの変更で裏面での試打レビューです。
  ラケットを変えて前使っていた木星が4.5ヶ月使っていたので変更しようと思い、購入しました。ゴールデンタンゴを選んだ理由は木星2は裏面に貼るには1番お気に入りなので継続使用しようかとも思いましたが、同じくらいの柔らかさで少し弾んで欲しいという要望がありましたので色々自分で調べてゴールデンタンゴが近そうと思い、購入しました。皆さんの投票のおかげで貰えたポイントで購入させて頂きました。投票本当にありがとうございましたこれからも為になるレビュー頑張っていきます。話が逸れましたが打ってみて自分の求めていた条件にはベストマッチでした。なかなかいないかもしれませんが私と同じ要望の人はおすすめ出来ます。WRMさんがおすすめしているpsの方ではなく、ノーマルのゴールデンタンゴをレビューさせて頂きます。psとノーマルの違いはスポンジ硬度でpsは47.5度、ノーマルは54度だそうです。そのくらいしか調べておりません。

  打つ前レビュー

  粘着力
  粘着と強粘着の間で粘着よりで最近の粘着テンションにしてはある方と思います。

  玉突き
  思っていたよりは飛ばなかったです。(スピンアートは厚さ中でも結構飛んだので)木星2よりも弾まないかもと思いました。

  硬さ

  54度は嘘に感じるくらい柔らかいシートで凄く食いこみが良さそうです。

  重さ
  計りが無く、申し訳ないですが、キョウヒョウ龍5に貼っても木星2の時とほとんど変わりませんでした。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  裏面打ち(ショート、軽打)
  触ってみた時同様、54度スポンジは信じられないくらい柔らかい打球感です。弾みは玉突きの時とは違い、結構飛んでくれました。スピンアートよりは飛ぶ感じは無かったです。

  対上回転ドライブ
  擦って打つとあまりいい球は行かないですが、食い込ませて、ぶつけて打つと安定感があって、回転もスピードもある質の高い球が出せました。回転量は木星の方が良かったです。下がって打っても十分な飛距離と安定感でした。また、この弾みからは想像出来ない癖玉が出ました。WRMさんがpsの方で押している癖玉がノーマルのゴールデンタンゴでも同様に出ていました。ですが、球は軽く感じます。ラリーは台からギリギリ出るかも下がっても色んな打ち方でドライブをかけることができ、私は安定感抜群でかつ、癖球もそれなりに出て、相当気にいりました。

  対下回転ドライブ(ループ)
  これは対上回転よりも食い込ませないと入れることが出来ません。また、回転量も木星の方がありました。

  対下回転ドライブ(強打)
  ゴールデンタンゴはこちらで真価を発揮しました。スピードも回転も良く、安定感もあり、癖玉も自然に出ます。木星は上に振る分には強かったですが、前に振るにはゴールデンタンゴがとても良いです。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック
  ブロックは凄く浅く止まります。伸ばすブロックも普通に当てるだけのブロックも両方やりやすいです。

  ツッツキ
  凄く低くて安定感も回転量もあります。回転にも鈍感なのでツッツキに関しては文句ありません。キョウヒョウ系よりも回転に敏感では無いのでとてもやりやすいと思いました。キョウヒョウ使いの私の中では粘着テンションの中で1番やりやすかったです。

  カット
  そんなに切れる感じは無いが、抑えは効きます。それよりもツッツキされた時のこちらのツッツキが凄くいい球が出せることの方が印象的です。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ
  目立った特徴はありませんでした。シートは柔らかく、粘着なのでキレも普通かと思います。飛距離はそんなに出ません。

  レシーブ
  下回転打ちや下に書く台上技術で感じたのですが回転は粘着テンションにしては喰らわないと思います。安定感抜群です。軽打ではテンションあるにしたら飛ばないので止めることもやりやすかったです。

  台上(チキータ)
  とても安定感かあります。私個人的には今まで使用したラバーで1番やりやすく、イレータ(横回転かけて入れるだけ)もボールの上を捉えてチキータするのも良かったです。適度に弾むので切れた下回転も食い込ませて上げればチキータを入れることが出来ました。スピードも木星の時よりは上がり、チキータで1番癖球を感じました。また、チキータ出来なかった際のツッツキも迷って打ち方が変でも質の高いツッツキが出来るのもとても良いです。

[おすすめな方]
  ・バックに粘着テンション貼りたい方
  ・粘着テンションデビューの方(psだとより以降はしやすいと思います)
  ・一方粘着ユーザーで弾みが欲しい人
  ・安定感重視で決定力もそこそこ欲しい方
  ・psで粘着らしさが物足りない方
  ・ラリー思考で癖球も欲しい方
  ・木星2ブルーに弾みが欲しい方
  ・ツッツキが安定しない方

[まとめ]
  擦って打つと微妙だが、食い込ませて打つと安定感も回転も威力もあり、且つ癖球が出せてとても良いラバーだと思います。54度の硬いスポンジに到達させるように打つと安定感も回転量も出せます。逆に到達させない技術、ストップ、ツッツキ、ブロックは相当止まってくれました。ただ、多少球は軽く当たればブロックされてしまう感じがしました。弾道は弧線でも直線でもない感じです。テンションか粘着かと言われたら難しいですが、若干粘着よりで打球感と癖球に粘着で食い込ませて打つことや打ちやすさにテンションの良さがあります。硬さは54度ですが、バックでも全然振っていけるラバーと思いますが、前に振るタイプの方が適しています。スイングスピードはスポンジまで球を食い込ませることが出来る程度には必要だと思います。プレー領域も前陣でも中陣でもドライブをかける事が出来ます。私的にはリピート出来るくらい気に入りました。WRMさんがpsをテンションからの以降でおすすめするのも理解出来ました。
[補足]
  擦って打つと微妙と書きましたが、ループドライブに関してはコツを掴めば凄く浅く回転量もあるものが打てます。これは結構武器になりますが難しいので練習必須です。