352208-0



































投稿者:ぬりかべ 

 andro社クロスステップ(27.0) レビュー
【1.ざくっとレビュー】
「ちょっと調子がいい」状態が持続し、足腰の痛みが軽減する、普段履きにもお勧めしたい卓球シューズ。

【2.普段履きの感想】
 「クロスステップは1サイズ上を買った方がいいかも」と卓球仲間からアドバイスを受け、普段履いている26.5ではなく27.0を履きました。つま先は余裕がありますが、横幅は「ちょうどいい」と感じます。これまでに履いていたシューズに比べ、幅が狭めなのかもしれません。
 まずは履いて立ってみたところ、普段よりも小指側に体重が乗っかっている感じがします(靴のサイズが同じ生徒3名ほどに試履きしてもらいましたが、3名ともほぼ同じ感想です)。初めは違和感がありましたが、しばらくすると慣れ、気が付けばしばらく前から感じていた右足首の慢性的な痛み(軽め)はほぼ感じられなくなり、右腰の痛み(やや強め)も軽減されました。
 歩いてみると、普段は親指の付け根(母指球)から踵の内側にかけて力がかかっているように感じるのですが、クロスステップを履くと、小指の付け根(小指球)・母指球・踵(踵骨)の3点に力がかかっているように感じます。そのため、足の裏全体を使っていつもより軽い力で歩けているように感じます。また、いつもよりも太ももの裏側の筋肉を使っているように感じました。
 ざっくりまとめると「足腰の痛みが軽減する」「いつもより軽い力で動ける」ということになります。これはおそらく
 ・普段は「母指球」「踵骨」の2点(=線)に体重がかかっている
のに対して
 ・クロスステップを履くことで「母指球」「踵骨」「小指球」の3点(=面)に体重がかかる
ので、
‖の裏全体で体を支えることができ
 特定の箇所に過度な負担をかけることなく
 0堕蠅靴仁ち方、歩き方ができる
ということなのでしょう。

【3.卓球のプレーで変わったところ】
 実際に打ってみたところ、「すごくプレーが良くなった」というはっきりとした実感はありませんでしたが、「今日はちょっと調子がいいなぁ」という感覚がありました。練習相手からは「ぬりかべさん、今日はけっこう調子いいんじゃない?」と聞かれたので、自分で感じているイメージ以上にボールや動きの質が良くなっているのでしょう。
まず自分が感じたのは、
 ・ラリーが長く続く
 ・ブロックとプッシュが安定する
 ・いつもよりボール1〜2個分左右に大きく動ける
ということ。動きに関しては、「動きが速くなった」「動ける範囲がすごく広がった」という感じはしませんでしたが「いつもよりちょっと動ける」という感じはありました。なお、その時の相手が言っていたのは
 ・いつもよりもブロックの切れが少し大きい
 ・プッシュのスピードが少し上がった。打点もいつもより少し早い。
 ・いつもより、体の正面でとらえているボールが多い。
ということです。
 ざっくりまとめると、「攻守の安定感が少し上がった」「ブロックの変化とプッシュの威力が少し上がった」「左右に動ける幅が少し大きくなった」ということになります。
 これはおそらく【2.普段履きの感想】で書いた要因から、
〇兩が安定したので、余分な力を入れずに動けるようになった
  動き出しが少し早くなり、時間に余裕ができるようになった。
時間ができた分、動ける範囲が少し広がった。
  ぢ播世早くなって、ブロックの切れやプッシュの威力が上がった。
  ゥ棔璽襪鯊里寮橘未任箸蕕┐蕕譴襪茲Δ砲覆蝓攻守の安定感が少し増した。
ということではないかと思います。自分は今回粒高技術しか確かめることはできませんでしたが、裏ソフトや表ソフトの技術に関しても同様でしょう。

【4.まとめ】
 まず言っておきたいのは「履くだけで卓球がうまくなる」は事実ですが、「できなかった技術ができるようになる」わけではありません。また「驚くほどフットワークが良くなる」わけでも「劇的にうまくなる」わけでもありません。基本的に、変わるのは「足裏の体重のかかり方」です。しかし、その変化によって
  〇兩や立ち方が良くなる
 →⇔呂諒个蠅軽減し、余分な力を入れなくてよくなる
 →F阿出しが早くなる
 →せ間にゆとりが生まれる
 →ゥ棔璽襪琉堕蟯兇醗厠呂増す
と、プレー全般に「ちょっとした+α」が生じます。そしてその結果「すでに身についている技術の質が少し上がる」ということになるのです。
 ここで、重要なのは「少し上がる」が卓球におけるほとんどすべての技術に当てはまる、ということ。例えばフットワークの範囲が5儿がれば、今までは「ぎりぎりとれなかった」ボールは取れます。プッシュが相手に「ぎりぎりのところでとられていた」とすれば、打点がボール1個分早くなればそのボールはノータッチで抜けることになります。この「少し上がる」の総和は、いままで「僅差で負けていた」を「僅差で勝った」に変えるぐらいの大きさは十分にあります。

【5.お勧めするプレーヤー】
 言ってしまえば…どのプレーヤーにもお勧めできますね。シューズでありながら、フットワーク以外の技術の質も上げてくれるので、私のようにあまり大きく動かない選手にも安心して勧められます。技術的な部分での効果をはっきりと実感できるのは中級者以上かとは思いますが、初級者に正しい立ち方を身につけさせるのも効果的な使い方でしょう。強いて言うなら、「正しい立ち方」「正しい歩き方」「正しい動き方」がすでにできている選手には効果は半減するかと思います。うちのチームには体操経験者や空手経験者がいますが、彼らは私ほどには効果を実感しないかと思います。
 おそらく、特に強く効果を実感するのは、私のように足首や腰(または膝)に慢性的な痛みを感じている選手。痛みのストレスが大幅に軽減するので、負荷の強い練習や長時間の練習に安心して取り組めます。

【6.総評】
 AXFネックレスと同様に点数のつけにくいアイテムではありますが、シューズとしての値段が中間層(格安シューズほど安くはないが、高級シューズよりは安い)で金銭的なデメリットがなく、技術的なメリットが多くあることを考えると、ぐらたすさんの言葉を借りれば「買わない理由がない」といっていいでしょう。そしてさらに言えば「買う理由はかなりある」。

【7.その他】
 今回クロスステップのレビューを書くにあたり、「ブロックとプッシュしかしない私にどれぐらい効果あるんかな?」と思いました(友人からも言われました)が、フットワークにも、フットワーク以外にも効果があるのがわかり「シューズって大事やなぁ…」ということがよくわかりました。
 今までシューズは値段と見た目だけで買ってきましたが、これからはよく考えてから購入します(といっても、しばらくはクロスステップ以外考えられませんが)。