20190614_fb94f4













































投稿者:Pまん

 [自己紹介]
  31歳男性 
  戦型:シェークアンチ前陣攻守反転多用
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  銀河【スーパーキム】

[使用環境]
  剛力FL
      赤:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
      黒:スーパーキム
  どちらがフォアかバックかは決めていません

[はじめに]
  ジャンルは粒高らしですけど、裏や表の性能もあるといううたい文句の商品。
  よくある中途半端系のラバーかな?と失敗覚悟で試打してみました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  普通にできる。ちょっと前進回転もかかり不安定な要素もなく自分も相手も普通に打てる。
  びっくり。よくある「打ちやすい粒」とはまた感覚が違い、柔らかいひっかりの良い表ソフトみたいな感触で打てました。

  【ドライブ】
  めちゃおそいですけどドライブは打ちやすいです。
  通常、粒高だと相手が下回転くれたらドライブは打ちやすく、上回転だとドライブしにくいとかあったりますが、スーパーキムはそんなの関係なくドライブは打ちやすかったです。
  むしろ粒の長さで回転は喰らいにくく、クソ柔らかいスポンジで包み込むので滑らず落としにくい、そんな感じでドライブが打ちやすいのではないかと推測します。
  面の作り方はやはり柔らかいひっかかりのある表ソフトみたいな開き方ですかね。

  相手に「粒高」という概念があればドライブはかなり伸びてくると錯覚させるぐらいには回転はのります。慣れられますが。
  裏ソフトや回転系表ソフトよりは掛らず、スピード系よりは掛かるぐらいでしょうか。
  シートの表面で掛けるというより、スポンジの食い込みの力で掛けるという技術が必要だと思います。

  【ミート打ち】
  柔らかいし粒も長いから難しいかなーと思ったら。普通に打てました。遅いですけど。
  ドライブよりミートの方が食い込む感触が強くて、いっかいキャッチして投げるみたいな感覚、そしてそういったラバー特徴ですが軌道が緩くなりやすいのですがスーパーキムは粒高というだけあって異質っぽい直線的な軌道でした。
  そこそこナックルになるのでこっちのほうが決定力はある気がします。まぁ一般的な粒のミートの方がもちろんドナックルですが。

  ドラで繋げてミートで叩く、どっちもやりやすいのでスピードよりそういった揺さぶりで勝負がいいのでしょうか。

  【プッシュ】
  良くも悪くもこのラバーの肝だと思います。
  おそらく普通の粒高ユーザーならプッシュがかなり難しく感じるとは思います。
  シートの表面だけでプッシュをするとあらぬ方向にふっとぶ感じです。
  飛ばしたい方向にまっすぐスポンジを食い込ませることで真っ直ぐ、そこそこのスピードで、あとよくわからない回転で飛んでいきます。
  不思議なラバーですがこれができるかできないかで、このラバーの善し悪しが分かれるのではないでしょうか。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  ブロックは粒高だと思わない方がいいかと思います。日本製のアンチか、回転喰らわないクソ柔らかい裏ソフトぐらいの感覚でしょうか。当てるだけでとりあえず返る。逆に粒高みたいに振るブロックは安定しないです(たぶん食い込むから)。変化のあるブロックはできませんが、まっすぐ当てるだけなら強打でも軽打でも細かい調整なく返せるのが強みです。そのかわり何発も打ち込まれやすいで、コース取りで勝負でしょうか。


  【ツッツキ】
  このラバーの難しいところだと思います。
  シートは粒高なので薄く当てたりインパクトが弱いと、掛からず上にスポーンとチャンスボールになってしまいます。
  スポンジにぐっと食い込ませながら、押しながらこすると粒高の割に回転は掛けられます。
  例のごとく相手の回転に影響されないですし、粒特有の回転を残すこともないです。


  【カット】
  ただコートに納めるだけなら簡単だと思います。相手のボールの強弱によって押して掛けたり、吸収したりという打ち分けがあまり必要ないかと。
  そのぶん軌道は緩やかになり、回転の変化も少ないので打ち込まれやすい気はしますが。相手のパワードライブに力負けをするという感覚はなかったです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  使い方が見いだせなかったので省略

  【レシーブ】
  ただ返すだけなら楽です。
  当てるだけ、食い込ませてツッツキ、食い込ませてプッシュ、食い込ませてフリック、食い込ませてドライブ、、、、
  ぶっちゃけなんのサーブがきてもこれらで処理できます。

  が、全てスピードも回転も弱いので、反応がいい人相手だとこっちが打ってから全て狙い撃ちされる可能性があります。
  あくまでも補助やわからないサーブなどに使って、反対面のラバーも活用しましょう。


  【フリック】
  短めの球で、自分がしっかり食い込ませればなんでもフリックできます。


  【ストップ】
  食い込ませないと安定感がでないこのラバーだとストップは難しいかもしれません。短く止めることはできても上に上がりやすいという特徴があるので打たれないようにするにはシビアです。

[おすすめな方]
  球質は良くないが様々なことができるので、相手に的を絞らせないようにできる頭脳プレイヤーにお勧めします。たぶんなにも考えずにただ返しやすいから返すだけだとタダのサンドバッグになってしまいます。自分は返しやすく、相手の待ちを崩し、反対面のラバーとの差で決める。そんな終始一貫したプレイを頭でやれるかどうかでこのラバーの真価を発揮できるのではないでしょうか。
  粒高プレイヤーというより変化表、回転系表ユーザーからの移行のほうが順応しやすいと思います。

[まとめ]
  新しい概念で卓球を考える必要のあるラバー。
  ほぼ全ての技術で打ち返せるが、質はあまりよくないラバー。
  とにかくスピードがないので、反対面を有効活用しないと相手に余裕を与えてしまうラバー。
  相手の回転を無効化し、自分からはちょっと回転を加えられるラバー。
  ほぼ全ての技術に「スポンジをしっかり食い込ませる」という技術が伴うラバー。
  (全く使えないという人はこの食い込ませる技術がない人が多いように思えます)

  打ち方は柔らかい回転系表、球は変化表、打球感は裏、ざっくりですがそんな印象でした。

[補足]
  ラバーの接着はチャックシート(両面テープみたいなやつ)での接着をオススメします。
  液体状のノリだと剥がすときに、スポンジが使い物にならなくなります。