オメガVIIツアー













投稿者:ゲンマ

[自己紹介]
  2019年、上半期・下半期ともに大変お世話になりました。可能な限りレビュー頑張ります。
   そろそろ30代に突入します。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。指導もしています。

[レビューする商品名]
  オメガ7ハイパー【XION】

[使用環境]
  ゼクスギアインのフォア面に2.1mmで使用。バック面はヴェガXです。

[はじめに]
   最初にスポンジを見て驚きました。最近のスピン系テンションでは気泡の大きいスポンジが主流となっていて、今までXION系も一部を除いて同じ仕様でしたが、ハイパーは気泡が全くなく、中国ラバーのように硬いものでした。弾みは中国ラバーと違い強いものですが、オメガ7アジアなどに比べるとちょっと大人しい印象です。重さもちょっとありますね。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)対上回転ドライブ
   シートの引っ掛かりが強く、スポンジも硬めでとにかく回転負けしないので弧線の高いドライブを打つことができます。この弧線の感じはオメガ5ツアーに近いかもしれません。ただ、5ツアーと違いかなり打球感は硬めです。正直、充分なスイングスピードがないと棒球になってしまいます。とりあえずミスなく連打はできますが、質が高いかと言われると微妙ですね。ただ、引き合いになると印象がまた変わりました。硬いスポンジで弾き出してくれるのですが、シートの引っ掛かりの強さでちょっとかけ返すだけで楽に引き合いをすることができます。タイミングが遅れなければ相手のボールの威力を利用して何本も返すことができ、後ろから十分な体勢で振り切れば威力のある伸びるボールを打つことも可能です。この点に関しては自分で打つというより相手を利用するのでラザンター53やテナジー05よりもいい印象を持ちました。スピード自体はV15エキストラやラクザXなどに比べると物足りないのですが、シートによる回転量や回転への強さは正直かなりレベルが高いと感じました。かけ返すということがとても容易なラバーですね。

  (2)対下回転ドライブ
   対上回転ドライブの部分を読んでいただければ、シートの引っ掛かりの強さを理解してくれていると思うので予想はついていると思いますが、対下回転ドライブに関しても抜群のグリップ力を発揮してくれます。しかし、やはりスイングスピードがないとキレのある強いボールにはなってくれません。私では強いボールを打つことが難しかったです。その分、ループドライブの質の高さを実感しました。回転量があるだけでなく、かなり遅くなるので相手のタイミングを崩すことができます。そして上から叩く、というパターンがしやすかったです。また、どうしてもスピードを出す場合はシュート気味に打つとシートの強さで弾き出せるので、そういった使い方もあるのかもしれません。ループの回転量に関しては中国ラバー(木星など)に迫るのではと感じました。

  (3)ミート系
   私個人としては食い込みが強い柔らかいラバーよりも硬いラバーの方が上から叩くのははやりやすいと思っています。ただ低めを弾くのは柔らかめがいいかなと思います。ハイパーはとても硬いのですが、ちょい上から叩くのが抜群にしやすいです。極端に弾むわけでもないのですが、シートが相手に負けない

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   硬いということもあり、ナックルになりやすいですね。またちょっと伸ばすブロックもいい感触でした。安定感のあるブロックというとちょっと違う感じがしますが、奇をてらうブロック、得点につなげるブロックはしやすいという感じです。中国ラバーでちょっとやりやすくなったというくらいでしょうか。

  (2)カウンター
   このラバーの真骨頂ではないでしょうか。一撃必殺のカウンターというよりちょこっとしたカウンターがいいですね。とにかく相手のボールに負けないので、例えばG1でカウンターする際に相手のボールに負けないようにかけ返す、という動作がほぼほぼいらないです。ラケット角度とタイミングの調整だけで何とかなるという感じです。その結果、相手よりも前陣をキープしやすくなります。また、中国ラバーに比べて弾みが強いのでスイングも中国ラバーよりは抑えめでいいですね。中陣でというより前陣で負けないラバーという印象です。

  (3)カット
   これが思っていた以上に良かったです。サーブや台上の欄で紹介しようと思っていましたが、下回転をかけるとハイパーは弾まないんです。それはかなり極端に感じます。それでいて、シートの引っ掛かりが強いのでかなりカットが切れて抑えがききます。さらにボールもかなり減速します。素材入りの攻撃用ラケットでこれくらいなのだとしたらカット用だとどうなるのだろうと思ってしまいました。また、切るだけでなくナックルカットもしやすいので、カットマンにかなりいいのではと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   カットでも説明したのですが、下回転をかけるとかなり弾みが抑えられます。最初、普段通りにサーブを出すと何本もネットに引っ掛けてしまいました。そして弾みが抑えられるだけでなく回転量も豊富でなおかつ低いというサーブになってくれます。練習してれた相手は全国を何度も経験している人なのですが、その人相手に何本もサービスエースを取ることができました。しかも、チキータやストップのミスなど下回転とわかっていてのミスが多かったです。それほど質の高いサーブができるという感じですね。ただ、ロングサーブのスピードもかなり抑えられるので、その辺は調整が必要ですね。

  (2)レシーブ・台上技術
   どれも質を高くこなせるという印象です。特によかったのがストップですね。低く切れたストップを送ることができます。ツッツキも低くできますが、スピードが欲しいかなというところです。チキータもしてみましたが、回転量はありますが、やはりスピードが物足りないという感じです。

[おすすめな方]
   ポイントは硬いスポンジをどう生かすかということだと思います。パワーのある男子選手であればかなり強いボールを打ち込むことができると思います。しかし、見るからにパワープレーヤーという人でなければ、このラバーのポテンシャルを発揮するのは難しいのではないでしょうか。中国ラバーのように回転量と硬さを求めている人にやはり向いているのではと思います。その中でも中国らラバーより弾みが欲しいという人ではないでしょうか。このラバーのコンセプトが「中国ラバーに負けない」です。実際、回転に対する強さはディグニクス05よりいいと思います。しかし、打つ分にはディグニクス05の方がずっといいです。そのことを考えると、より前で中国ラバーに負けないラバーというのがこのラバーの強みなのではと思います。それを考えると前陣でピッチ速くプレーする人に向いているのではと思います。合わせるラケットは前でということを考えると弾みの弱いラケットより、硬めの7枚かインナー、アウター系がいいと思います。

[まとめ]
   今までのオメガ7系を考えたとき、ハイパーはどれほど強いボールが打てるのだろうと思いました。しかし、私がイメージしていたディグニクス系のボールではなく、より回転に特化したボールを打つラバーでした。しかし、この見解はあくまで私個人のレベルとしてであり、よりパワーのある選手が使ったらどうなるのかと気になります。バタフライが出したディグニクスに対抗するべく今後も多くのメーカーが新製品を生み出すことが予想されますが、ハイパーはちょっと違うベクトルのように感じました。しかし、シートの強さ、相手に負けないということに関しては明らかにディグニクスを上回っています。そんな特徴あふれるラバーの登場が楽しみです。