20150313_0a00cd







































投稿者: Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  新LSD(発売当初のLSDとは大きく性能が変わりますので注意)

[使用環境]
  剛力FL
    赤:太陽pro極薄皮付
    黒:新LSD OX

  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  まず注意しほ欲しいのですが、このLSDというラバーは途中で工場が変わったらしくその前と後では大きく性能が変わってしまいました。
  今回レビューするものは工場変更したあとで「新LSD」と呼ぶことにします。工場変更前はは「旧LSD」とします。

  私は粒高は基本、球持ちを大切にするため0.5mmぐらいのスポンジをいれることが多いのですが、oxか1.0mmしかなかったのでしょうがなくoxを選びました。旧LSDは独自の球持ち感とえげつない変化量があったのでoxのほうが私は気に入ってました。

  旧LSDのざっくりレビュー(細かいレビューは過去にしてありますのでご覧下さい)
  ・変化量は最強クラス帯
  ・モチモチとして、すごく柔らかい
  ・低弾性
  ・変化系粒なのに球持ちがあり、粒ドラや対軽打に対しては操作性が高い。
  ・柔らかいので強打とかには回転とか喰らいやすく、自分で威力を逃がすような振り方が常に必要

  それに対して新LSDは粒が硬くなり(粒が長いので極端には硬くは感じませんでしたが)、球離れが速くなり、軌道が直線的になった感じがします。なのでドラよりミート系の技術がやりやすくなりました。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  ひっかりがよく比較的打ちやすいです。よくある打ちやすい粒みたいな感覚です。旧のモチモチした感触で掴んで投げるみたいな感覚は皆無になってしまいました。

  【粒ドラ】

  対上回転:
  球持ちがなくなってしまい、ドラをドラで返すのはけっこう難しくなった感じがします。ひっかかりはあるのでできなくはないですが、ミートしたほうが球質も良く、やりやすく返せると思います。

  対下回転:
  ひっかかりがあるせいか持ち上がります。私としては持ち上がりすぎてオーバーミスが多くなってしまいました。粒高の軌道のイメージとうまく合わないので私は苦手かもですね。ただ簡単に持ち上がるので練習していけば修正できるとは思います。

  チャンスボール:
  球持ちが粒高にしてはかなり打ちやすい部類だと思います。無回転からならけっこう自分からもドライブ回転は掛けられるような感触はあります。旧も打ちやすかったですがドナックルで相手はボトボト落としてくれたのに対し、新は相手も打ちやすくなって粘られることも多かったと思います。

  【ミート打ち】
  全体的に球離れが速くなったのでドラ系よりミート系のほうがしっくりきました。

  対上回転:
  頂点をブロックの延長のように送ると、暴れずにナックルで返ります。叩き気味にしても旧にはない力強さで積極的攻めができました。

  対下回転:
  そこそこ高さがあれば安定してやりやすいです。低くてもけっこう持ち上がる力があるので軽打も強打もどっちも選んで使える印象です。

  対チャンスボール:
  旧はフラットに当てるとグニャッと感があって不安定でしたが、簡単にペチペチといけます。

  【プッシュ】
  旧は遅くて狙われやすかったですが、新は低弾性ながらも球足はそこそこあり、チャンスメイクに使える程度です。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  対軽打に関しては、当てるだけだったり、切ったり、叩いたり、ドラしたりと選択支の豊富さは健在でした。
  強打になっても旧より新のほうが力負けしにくく、軌道を低く保てたり、当てるだけのブロックも苦しいながらもなんとかなります。
  ただ、振ってコートに入れさえすれば相手は簡単に強打できないみたいな、旧のえげつない回転量はなくなってしまいました。回転量は多い方だとは思いますが、旧と比べると段違いですね。


  【ツッツキ】
  旧は回転が自分からかけるのは相当難しく、軌道も緩やかになるので最大の弱点として狙われることが多かったです。
  新は軌道が低くなり、ある程度は回転量の調節も出来るので、技術次第でカバーできる範囲だとは思いました。

  【カット】
  旧は上回転さえくれれば緩やかながらも、回転量は恐ろしい物でした。
  新はスイングスピードを速くしてもラバーが力負けしにくいので、良くも悪くもバランスがとれた感じです。もちろん勝手にかかる回転量は減りました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  硬さがあるので、手前に関しては低く短くがとても操作しやすかったです。フリックやドラもやりやすい部類だとは思いましたが、旧みたいな掴んで投げる感がなくなり、回転の不規則さもマイルドになってしまいました。

  【フリック】
  旧はシートの柔らかさで掴んで投げる感でやりやすかったですが、新は板感で合わせて返すという意味ではやりやすかったです。

  【ストップ】
  低弾性でほどよく硬いので、そんな回転に影響され似ずに手前に低く短くだせるのでやりやすく、質もいいです。

[おすすめな方]
  元々は変化重視に極振りみたいな性能でしたが、だいぶ落ち着いて万能〜変化系の間、ちょっと万能系よりかなという印象をうけました。
  ベタベタな万能系を使っても自分で変化が生み出せにくい方には、ほどよく勝手に変化するのでいいのかなとは思います。

[まとめ]
  新と旧は同じ名前でも別物だと思っていいんじゃないかと。
  私は旧の方が「変化量最強クラス、独自の球持ち感(対軽打に対して)」が両立してるオンリーワンな性能で気に入ってましたので、とても残念です。
  ただ新は多少、対強打でも対応出来る力や、弾道、回転量などバランスがとれていて実戦に向いた性能だと思います。
  こちらのほうが扱いやすいので需要はあるんじゃないでしょうか?私はこういうバランスとれたの好きですよ。
  それでも万能系よりのものを求めるなら、より硬く力負けしにくい粒を選んでしまいますが、、、、

  値段、スポンジの選択肢、等考えればカールシリーズやSTIGAの粒高でも代用もできそうな気はします。むしろより自分好みの選択をできるのではないでしょうか。(新LSD特有の感触がいい!って人はもちろんいるとは思いますし、否定もしませんが。)

[補足]
  私は新みたいなバランスがとれた性能好きですよ。試合ならむしろこっちのほうが勝率はあがるとは思いますし。
  ただ旧の独自の性能といいますか、あのモチモチ感にやみつきになるというか、、、試合でもたまには勝ち負けより楽しさを優先してもいいんじゃないかなとか、、、、
  旧のLSD中毒者なんです、私。

[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  【LSD 新・旧ざっくり比較】


  弾み
  新>旧

  回転反転量
  旧>>新

  球持ち感
  旧>>新

  上方向へのあがりやすさ
  (攻撃時)
  新>旧

  上方向へのあがりやすさ
  (ブロック時)
  旧>新