817+M+vhWML._SX425_
























投稿者:Pまん

[自己紹介]
  31歳男性

  戦型はシェーク【裏+アンチ】
  基本は前陣攻守。攻撃はは全てミートか乗せ打ち、ドライブはほぼしません。
  リズムを変えるためにカットマンもどきみたいなこともします。
  反転をかなり多めに行うので、どっちがフォアかバックかは決めてなく、どちらでも一通りできるようにしています。
  今はアンチですが、粒高のほうが経験値は高いです。主に長くて倒れやすいがコシのあるもの、球持ちがいい粒高が好みです。物にもよりますがスポンジ0.5mmぐらいいれるのが好きです。
  (カールP1R、オクトパス、ジャイロ、ファントム12∞など。)

  学生で遊ぶ程度に卓球はやっていて、社会人で復帰して大会とかにも出るようになったので主な戦績はありません。東京の区大会で予選リーグは1位抜けをよくして、トーナメントでは最後まで勝ち上がれないかな、ぐらいのレベルです。

[レビューする商品名]
  GrassD.TecS 0.5mm【TIBHAR】

[使用環境]
  使用環境
   剛力FL
    赤:太陽pro極薄ブルースポンジ皮付
    黒:GrassD.TecS 0.5mm

  反転を多用するのでどちらがフォアかバックは決めていません。

[はじめに]
  反転力が大きく、テンションもあって弾むじゃじゃ馬ラバーってのをよく耳にします。
  粒も柔らかく当てるだけでも反転する「オートマチック系」の粒高。
  特に女子の初中級層、男子中高生の異質型がよく使ってる印象です。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  【フォア打ち】
  粒が柔らかく、回転が残るので不安定な球にはなりますがテンションが掛かってるせいかまっすぐな軌道では飛んでくれるので優しく打つ分には思ったよりはじゃじゃ馬感はなかったです。

  【粒ドラ】

  対上回転:
  粒は柔らかいですが、ホールドする前に勝手に飛ぶ感があり安定はしにくいのではないでしょうか。男子並みの回転の対上回転だと「他の粒ならドンピシャ」みたいなタイミングと感覚で打てても、打球が狙いよりホップしていく感覚がありまともにコントロールできる気はしなかったです。回転が勝手に残っちゃうなら残っちゃうで跳ね際を乗せ打ちの感覚で打つ技術もありますが、やはり弾むのでコントロールは難しいです。コートに入ってくれれば強いんですけどね。

  対下回転:
  少しでも下回転くれれば反転量の大きさで、上回転に変換し低い弾道で安定しやすいです。ただやはり弾み、弾道も低いので弧を描くというよりはミート気味にしたほうが球質はいいかと思います。

  チャンスボール:
  柔らかい粒を一定方向に倒して打つ必要があります。それができればだいぶ安定はしますが、できないと弾道が球がホップする現象が発生するので粒で倒す感覚がないひとには難しいと思います。


  【ミート打ち】


  対上回転:
  強打は難しいです。めっちゃ球がホップするので優しく打っても安定する軌道のイメージはしにくいです。
  ちょっとボールの横上を粒を一定方向に寝かして添えてあげると、入れやすく、ドナックルで返るので得点源にはなると思います。


  対下回転:
  かなりいいですね。上回転に変換され軌道も低く突き刺さるように安定します。ただ弧線は大きくないので面のシビアさはプレイヤーに求められますが、リスクは低く積極的に攻められます。

  対チャンスボール:
  まっすぐ球にフラットに打つと、粒が柔らかいので安定しないです。すこしかぶせ気味にしたり球の横とかをとり、粒を寝かして打つと安定します。


  【プッシュ】
  このラバーの1番いいところかもしれません。対下回転ならスピードも安定性もあり、決定打になるうるレベルです。もちろんチャンスメイクとしても申し分ないです。
  ただ、対下回転に対してプッシュやミート以外は難易度が高いラバーなので、プッシュしかできないと思われると狙い撃ちされてしまうので気をつけて下さい。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  【ブロック】
  ブロックは良くも悪くもってところが大きいラバーだと思います。
  やはり反転力が高く軌道も低いので、相手を詰まらせたりミスらせたりする攻めのブロックはしやすいです。
  また「反転力の高さ」が自慢のラバーですが、やはりプラ球に変わってから「いうほど、、、」ってところがあります。似たような反転能力+低弾性というのもでてきてますので当てるだけブロックで回転量を求めるなら他にも良い選択支もありますし、しっかり自分で粒を倒せる力がある方は硬めの粒でブチッと切ったときの方が切れ味も安定した弾道も重さも上だと思います。
  男子のドライブを安定して止めるということを考えると、安定感や対強打に対して軟弱さを感じてしまいます。
  初中級層ではローリスクでブロックで猛威を振るえるとは思います。

  【ツッツキ】
  このラバーの大きな弱点だと思います。切ろうとしても切るのはかなり難しいと思います。切る前に跳んでいってしまう印象です。ただそのせいか軌道は高くなりにくく、プッシュと混ぜれば充分揺さぶりの選択支のひとつには使えるのではないでしょうか。ただよっぽどスイングを薄く速くしないと切れないので、乱用は気をつけましょう。


  【カット】
  対ドライブに関しては少しでも上回転をもらえれば、遅いスイング弱いインパクトでもかってに切ることができるので初級者カットマンとかでも試合に勝ちやすいかもしれません。ただ自分で切ったり切らなかったり、あとは強打にはちょっと弾みすぎたり、粒が柔らかいところもあり力強さの点に難ありです。 中・上級者でもぶち切れカットを主軸に距離を詰めて荒らすタイプのカットマンには面白いかもしれません。正統派の粘りカットには逆に選択支が狭まる粒高だと思います。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  【サーブ】
  粒なので省略

  【レシーブ】
  回転を残して返すという分にはやりやすいです。ただ、逆に言えば上回転ロングが来たら下回転で、下回転がきたら上回転でしか返せず、それに逆らうとミスのリスクが高くなるので相手にそこを狙われると苦しいです。逆らって返したときのメリットは大きいですが。
  対ナックルロングに対しては受け手もコントロールが難しいですが、返しちゃえすればけっこう揺れるので相手にも難しそうです。

  【フリック】
  下回転さえくれればいくらでも刺すようにフリックは打てると思います。スピード安定生共に試合に組み込みやすいです。

  【ストップ】
  弾む割には球離れも低く、軌道も低いのでショートサービスに対してはけっこうやりやすかったです。回転も残ったりするので不規則な球にもなったりします。

[おすすめな方]
  下回転からの展開で、速いプッシュ、相手に軽打させて下切れブロックを徹底する戦型には向いてると思います。できることできないことがはっきりしてるので手数で攻めるというよりワンパターン特化を主体にするのがいいのではないでしょうか。男子の強打は抑えきるのはキツいので初中級層や、女子だとリスクが低く使えるかもしれません。

[まとめ]
  柔らかくテンションがかかった少し弾む粒高。反転量が多いことを謳っているが、正直セル球時代ほどの圧倒さは感じない。
  柔らかい粒の割には軌道が低いので相手にはプレッシャーをかけやすい。
  上回転を下回転、下回転を上回転に変えるプレイはやりやすく、回転も強く、スピードもある。
  だが上回転を上回転ぽく、下回転を下回転っぽくする打法はリスクが高い。(コートに入れば振りと球のギャップで高確率でミスを狙えるが。)
  安定行動をとるとワンパターン戦法になってしまうが、球質は良いのでそれでもいいんじゃないかなと思う。相手の甘い球と自分の練習量でリスク行動をたまに入れると異質型としてはよいアクセントになるのではないでしょうか。

  私は対戦相手がグラスを使っていたら「ラッキー」と思えるほどレシーブがワンパターンになりやすいので、そこをいかに反対面や技術でカバーできるかがこの粒高を使いこなせるかどうかの肝だと思います。

[補足]
  球持ちがあまりない粒高なので、柔らかいラケットで球持ちを中途半端に確保するより、硬いラケット回転反転量特化型にして回転に逆らわないスタイルの方がコントロールはしやすいかもしれません。(剛力、幻守、TinyDancer)など。
[その他(DVDのレビューはこの欄にお書きください)]
  【似た系統粒高でのざっくり比較】
  比較対象(テンション粒)
  ・グラス
  ・モリストLP(他の物よりスポンジ厚め)
  ・フェイントAG(感覚が裏ソフトに近い)

  弾み
  AG>グラス=LP

  回転反転量
  グラス>LP>AG

  球持ち感
  AG>LP>グラス

  上方向へのあがりやすさ
  LP>AG>グラス